無料会員登録 ブックマーク機能と履歴書アップロード機能が使えます。 その他の特典はこちら

ベンチャー求人特集

  • 設立二年以内の新鋭ベンチャー
  • 幹部候補募集
  • 第二新卒積極採用企業
  • 3年以内に上場予定のベンチャー・営業求む!
  • 営業職・未経験OKのベンチャー特集!
  • ベンチャーのバックオフィス特集
  • 注目ベンチャー



    ホーム > ベンチャー転職ガイド >  伸びるベンチャーの見分け方

    伸びるベンチャーの見分け方

    伸びるベンチャーの見分け方

    伸びるベンチャーの見分け方


    ベンチャーにおいて、何よりもまず重要なのはトップたる経営者。 「将来を見抜く先見性」「優秀な人材を確保する人間的魅力」など、経営者に必要とされる資質は多いのです。 実際、社員とベンチャーでは経営者との距離が近く受ける影響も大きいので、必須のチェック項目といえるでしょう。

    一口に経営者と言っても、実に色んなタイプの経営者がいます。 そこで、お金志向、名誉志向、自由志向という3つの志向の優先順位やバランスでタイプ分けしてみるのも面白いでしょう。 例えば、かの堀江氏なら一番強いのが名誉志向、次いでお金志向となるでしょう。 自分の志向との相性も会社選びの参考になるといえます。

    自分が3年後、5年後に「この人のようになりたい」と心から思えるような、優秀な社員がいるかどうかもチェックのポイントです。 いくらトップ陣が優秀でも、現場の社員の力が弱い会社は、若手が成長できる可能性が低い証拠です。

    「持たない経営」「つながる経営」などの言葉に象徴されるように、最近は経営においても人の要素に差別化の要因が集中しています。 社長を初め、社員の人脈の広がりがどの程度のものなのか、また周囲の企業からどのように評価されているかという点も、会社の成長性を計るポイントの一つです。


    >> ベンチャー転職ガイドのトップへ

    転職成功者全員プレゼント 転職して温泉に行こう