無料会員登録 ブックマーク機能と履歴書アップロード機能が使えます。 その他の特典はこちら

ベンチャー求人特集

  • 設立二年以内の新鋭ベンチャー
  • 幹部候補募集
  • 第二新卒積極採用企業
  • 3年以内に上場予定のベンチャー・営業求む!
  • 営業職・未経験OKのベンチャー特集!
  • ベンチャーのバックオフィス特集
  • 注目ベンチャー



    ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 一般社団法人空き家管理士協会

    一般社団法人空き家管理士協会

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

     

    一般社団法人空き家管理士協会(所在地:東京都港区 代表理事 山下裕二)は、来年度から本格的に解禁になる見通しの日本の新しい働き方、「副業」や「多業」を推進することを目的として、空き家管理士の12月の試験合格者から2月の試験合格者の今年度分(1月〜3月分)の登録料を無料にします。


    ■キャンペーンの概要

    将来的に労働力人口が減少するとされる中、副業・多業を推進する事で労働力不足を補い、さらには収入の増加につながり、景気にも貢献することを目的とし、12月4日の空き家管理士試験の合格者から2月までの今年度合格者に登録料を無料にするキャンペーンを行います。

    通常、学科試験合格後に登録料を納入することで実地研修を受けることが出来、その後空き家管理士としての活動をしていただいております。今回のキャンペーンは学科試験に合格された皆さんにWEBでの実地研修を受けていただき、今年度から空き家管理士として活動していただくことが出来ます。

    ※新年度以降も空き家管理士として活動する場合は、新年度年間登録料の支払いが必要になります.

    ※一般社団法人空き家管理士協会 https://www.akiyakanrishi.org/


    [資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Mzc0NiMxOTI5MjIjNTM3NDZfRE9sb2luWkJ2QS5wbmc.png ]


    ■事業者としてのメリット

    多様な働き方を認める「働き方改革」。最近では週休3日制を導入する企業も出てきています。 同時に、本業に加えて仕事をする「副業」を認める企業も増えてきています。

    副業は副収入が得られることに加え、スキル・経験・人間関係の幅を広げられるメリットもあるといわれており、「空き家管理」という仕事は、休みの日や空いた時間を使ってできるという事、また不動産関係や建設関係、介護事業に携わる人たちにとっては本業の見込み客との接点やフォローといった互恵関係を築くことが出来るという事で注目されてきています。


    ■地方移住を考える面でのメリット



    地方で効率的に収入を増やすためには、複数の仕事を組みあわせること(マルチワーク)が大切です。地方への移住を考える人のマルチワークの一つに「空き家管理」という仕事が活用されれば、複数の収入源の見通しがたてられるようになり、地方への移住も成功しやすくなります。

    現時点での好景気は地方の企業にまで届いておらず、地方の企業や労働者の新たなビジネスツールとして、また、地方において有能な人材の確保のために「空き家管理士」の資格が活用されることを期待しています。


    [動画: https://www.youtube.com/watch?v=XyrACniN-AA ]


    【キャンペーンに関するお問い合わせ】

    一般社団法人空き家管理士協会

    東京都港区南青山2丁目2番15号ウィン青山942

    TEL 03-6868-5265

    http://www.akiyakanrishi.org/   e-mail info@akiyakanrishi.org

    担当 山下 裕二

    携帯電話 090-4972-6426(山下)メディアの方からの御問い合せは携帯電話でも御受けします





    提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



    一般社団法人空き家管理士協会の求人情報一覧
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース