◆社内利用者数No.1
満足度もNo.1のウィルス対策


2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

ベンチャー求人特集

  • 設立二年以内の新鋭ベンチャー
  • 幹部候補募集
  • 第二新卒積極採用企業
  • 3年以内に上場予定のベンチャー・営業求む!
  • 営業職・未経験OKのベンチャー特集!
  • ベンチャーのバックオフィス特集
  • 注目ベンチャー



    ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 株式会社グッドツリー

    株式会社グッドツリー

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

     

    クラウド型介護ソフト「ケア樹」は、介護施設向けAI遠隔健康管理システム「安診ネット」と提携し、「ケア樹+(安診ネット連携版)」として4月1日よりOEM提供を開始します。



    [資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjA3NSMxOTg1MTQjNTYwNzVfTWtuQW5xS3Zsay5wbmc.png ]
     クラウド型介護ソフト「ケア樹」を開発・販売する株式会社グッドツリー(本社:仙台市泉区泉中央1-7-1 泉中央駅ビル4F 代表取締役社長 西原 翼)は、介護施設向け人工知能技術(AI)遠隔健康管理システム「安診ネット」を開発・販売する芙蓉開発株式会社(本社:福岡市博多区山王1-10-29 代表取締役 野中 美和)と提携し、システム連携機能を強化したクラウド型介護ソフト「ケア樹+(安診ネット連携版)」を提供します。


     「ケア樹+」(けあきぷらす)はクラウド型介護ソフト「ケア樹」のシステム連携機能を強化した製品のブランド名です。「ケア樹+」と高付加価値機能システムをセットで導入することで、介護サービス事業所は基幹システムについて導入コストと運用コストの両面を抑えつつ、業務効率や経営改善を図ることが可能になった上で高付加価値機能のシステムを導入できます。また、高付加価値機能システム提供者は介護サービス事業所向けに対し、シームレスにクラウド型介護ソフト「ケア樹」の機能を提供することができます。


     クラウド型介護ソフト「ケア樹」は、介護請求、介護記録、利用者管理、計画管理など、介護サービス事業所の日常的な運営管理に必要な機能を備える介護ソフトとして、全国1,700以上の介護事業所に導入されています。クラウド型のため、基本機能は全てWebブラウザから利用でき、低コストで導入できます。また、即時の情報共有が可能であり、災害時にもデータは安全に保管されます。iPadにも対応する介護記録アプリは、タッチや音声などの簡単操作で入力できるため、介護記録作業時間の削減に貢献します。


     「安診ネット」はAIを活用して在宅医療における医療リスクを軽減し、人材不足が懸念されている介護現場の効率化を図るシステムです。AIが個人ごとの基準域を作成し、域外のものを異常値として検知する技術が搭載されています。それにより、高齢者個人には必ずしも適さない場合がある“従来の絶対値”による異常検知よりも、病気の早期発見及び重症化予防に役立つ事が期待されます。


     「ケア樹+(安診ネット連携版)」は、芙蓉開発株式会社の高付加価値機能である「安診ネット」を最大限に活かすため、OEM提供されました。今後、弊社は「ケア樹」を開発・販売するとともに「安診ネット」のサポートメンバーになります。「安診ネット」関連製品の「ケア樹+(安診ネット連携版)」を通して、AIを活用する、よりよい高齢者ケアを目指した介護現場の業務効率化に貢献していきます。


     2015年4月の報酬改定以降、介護事業所の皆様から経営が厳しくなったという声を多数お伺いし、弊社が介護業界に対して今できることは何か、介護事業所の役に立つことは何かと考えました。そこでまずは介護ソフトにかかる費用を削減するため、業界初のシステム利用料0円の介護ソフト「ケア樹Free」の提供を開始いたしました。「ケア樹Free」は毎年1.5倍以上のペースでユーザーが増加しており、販売開始から3年で、北は北海道・南は沖縄まで1,700 以上の介護事業所や施設に導入されています。弊社は豊かな高齢社会を実現するため、2016年より介護請求システムの枠を超えた「シニア情報サービス ケア樹」を主軸事業に据え、2017年には介護業界により大きな貢献をするため「オープン&シェア構想」を開始し、RESTful APIを開発しました。弊社は、複数の企業と連携することで英知を結集し、高付加価値の機能による、より高品質なケア提供環境を介護事業所・施設に提供していきたいと考えています。


     「介護保険サービスから介護保険外サービスへ、事業所から高齢者へ、日本国内から海外へ」 というコンセプトを基に、介護請求システム「ケア樹Free」と最先端 IT 技術(AI、IoT、ロボット等)との連携による革新的なクラウドサービスで介護・福祉業界のイノベーションに貢献します。


    ※「ケア樹」は、株式会社グッドツリーの登録商標です。

    ※「安診ネット」は、芙蓉開発株式会社の登録商標です。


    【各製品の主な特長】

    ◇ケア樹Free ケア樹

    ・20種類の介護サービスに対応。

    介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設、特定施設入居者生活介護、サービス付き高齢者向け住宅、短期入所生活介護、介護老人保健施設、短期入所療養介護、通所介護、地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護、居宅介護支援、訪問介護、訪問入浴介護、訪問リハビリテーション、夜間対応型訪問介護、通所リハビリテーション、認知症対応型共同生活、総合事業

    ・介護請求、介護記録、帳票作成や出力などの機能完備。

    ・iPadでも使える介護記録はシンプルでやさしい画面構成で操作が簡単。

    ・世界で最も普及しているサーバーの一つであるAWSクラウドサーバー(日本国内法準拠)で、常に安定・安心のサービス提供。

    ・東日本大震災を教訓に作られたケア樹は万が一の災害対策に重点が置かれています。


    ◇安診ネット

    ・人工知能技術(AI)を活用して在宅医療における医療リスクを軽減し、人材不足が懸念されている介護現場の効率化を図るシステムです。

    ・2012年よりグループ内の介護施設で運用していたこのシステムは、入居者の重症化予防の実績が評価され、その関連事業は厚労省・経産省・国交省の補助事業となっており、特にAI開発は「バイタル異常値検知」「病態候補を示す辞書」「患者の特性を学習する診断支援AI」と実用的な医療AIとして期待されています。

    ・安診ネット関連製品はジョイント商品を開発するアライアンスメンバー他、サポートメンバーを抱えており、在宅遠隔モニタリング分野としては日本最大規模の共同体となる予定です。


    ■株式会社グッドツリー

    本社  仙台市泉区泉中央1-7-1 泉中央駅ビル4F

    代表者 代表取締役 西原 翼

    資本金 4,000万円

    URL  http://GoodTree.JP/


    ■芙蓉開発株式会社

    本社  福岡市博多区山王1-10-29

    代表者 代表取締役 野中 美和

    資本金 2,000万円

    URL  http://www.minamigaoka.jp/fuyokaihatsu/index.html





    提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



    株式会社グッドツリーの求人情報一覧
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース