◆社内利用者数No.1
満足度もNo.1のウィルス対策


2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

ベンチャー求人特集

  • 設立二年以内の新鋭ベンチャー
  • 幹部候補募集
  • 第二新卒積極採用企業
  • 3年以内に上場予定のベンチャー・営業求む!
  • 営業職・未経験OKのベンチャー特集!
  • ベンチャーのバックオフィス特集
  • 注目ベンチャー



    ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 鉄工島FES実行委員会

    鉄工島FES実行委員会

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

     

    鉄工島=鉄工所の島。 大田区のモノづくりの最前線「京浜島」で繰り広げられる音楽とアートの祭典、『鉄工島FES』が、本年2018 年(平 成30)年11 月4 日(日)に開催されます。『鉄工島FES』とは、2016 年京浜島に誕生した滞在制作型アートファク トリー「BUCKLE KB」をハブに、京浜島内を回遊しながらサーキット形式で楽しめるイベント。今年も、現役で稼 働する鉄工所を舞台に、“工場 x アーティスト”をテーマとして多種多様なジャンルのライブやアート展示が展開されます。 今回、新たに発表されたLIVE アーティストは、小袋成彬、yahyel、VIDEOTAPEMUSIC、土岐麻子、INDUSTRIAL.JP、 HIPHOP 戦隊B-BOYGER の6組。これで、音楽LIVE アーティスト全13組が出揃った。


    現役の鉄工所を舞台にライブやアート展示が行われることが特徴の『鉄工島FES』。2年目の今年は、昨年会場だった須田鉄工所、BUCKLE KB に加え、新たに酒井ステンレス、北嶋絞製作所といった京浜島島内の各工場も会場として参画し、京浜島をさらに様々な角度で楽しめるイベントとなっている。


    ARTWORKS 参加アーティストも追加12組が一斉解禁。

    特殊照明作家・市川平、アーティスト・山本修路、鉄材を楽器に圧倒的なパフォーマンスを繰り広げるPBC とのコラボレーションでつくられるのは、トラックを山車に見立てた路上ステージ・インスタレーション。そこに組まれるやぐらには、クラウドファンディングで集められた提灯が一挙に飾られ、『鉄工島FES』の象徴として、賑々しくフェス来場者を出迎えます。


    また、去年に引き続き、松村宗亮(SHUHALLY )によるお茶室が今年も鉄工島FES に登場。VISCUM FLOWER STUDIOによる花の演出とともに、現役の鉄工所、巨大な鉄板の上で点てるお茶は、『鉄工島FES』ならではの贅沢なひと時を来場者に届けてくれることでしょう。

    そのほか、『鉄工島FES』の“未来創造の交差点”を結ぶ「BUCKLE STREET」をはじめ、普段はひっきりなしにトラックが往来する道路をフィールドに、ケケノコ族のパフォーマンスやCARt による警備パトロールをテーマとした作品も展開予定。アート、音楽、ファッション、お茶にお花と、多様な表現によって京浜島(鉄工島)が彩られる1日となります。


    鉄工島FES では現在、AWRD と連携した「鉄工島アイデアジャンボリー」も参加者を応募中。ファクトリー×クリエイターの可能性を想像させる新しいアイデアを募り、受賞者には来年の鉄工島FES での招聘権が授与されます。審査員にはアーティスト田中偉一郎が決定。10 月28 日まで応募を受け付けています。(アイデアの審査会は11 月2 日(金) / 11 月4 日(日)には来場者によるオーディエンス賞も実施します。)

    鉄工島FES 実行委員会


    【追加出演決定アーティスト】

    LIVE / 出演アーティスト

    ・小袋成彬(DJ)

    ・yahyel

    ・土岐麻子

    ・VIDEOTAPEMUSIC

    ・INDUSTRIAL.JP

    ・HIPHOP戦隊B-BOYGER

    ARTWORKS / 参加アーティスト

    ・山本修路

    ・市川平

    ・松村宗亮(SHUHALLY)

    ・VISCUM FLOWER STUDIO

    ・足立喜一朗

    ・平田尚也

    ・ARIKA×BIEN

    ・Keeenue

    ・BIRDMAN シュエジリン / TUFA / HIROKOHASEGAWA / POKONA

    ・CARt(飯島浩二 / 岡本光博)

    ・ケケノコ族

    ・鯰


    ▼ アーティスト(順不同)

    <LIVE / 出演アーティスト>

    石野卓球 / ∈Y∋ / PBC / 七尾旅人 / Kan Sano / KAKATO(環ROY×鎮座DOPENESS) / brigadoon / 小袋成彬(DJ)/ yahyel / 土岐麻子 / VIDEOTAPEMUSIC / INDUSTRIAL.JP / HIPHOP戦隊B-BOYGER


    <ARTWORKS / 参加アーティスト>

    SIDE CORE / コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 和田永「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」 /

    NEWPARADISE / 花坊 / 山本修路 / 市川平 / 松村宗亮(SHUHALLY)/ VISCUM FLOWER STUDIO / 足立喜一

    朗 / 平田尚也 / ARIKA×BIEN / Keeenue / BIRDMAN シュエジリン / TUFA / HIROKOHASEGAWA / POKONA / CARt(飯島浩二 / 岡本光博)/ ケケノコ族 / 鯰


    【鉄工島FES 開催概要】

    ▼イベントタイトル

    鉄工島FES 2018(ヨミ:テッコウジマフェス ニセンジュウハチ)

    ▼日程

    2018 年11 月4 日(日)11:00〜20:00(予定)

    ▼会場

    大田区・京浜島内 4 会場

    須田鉄工所 / 酒井ステンレス 第二工場 / 北嶋絞製作所 / BUCKLE KB ほか

    〒143-0003 東京都大田区京浜島2-11-7


    主催:鉄工島FES 実行委員会(代表:須田 眞輝/株式会社須田鉄工所 代表取締役)、寺田倉庫

    助成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京

    協賛:株式会社ロフトワーク、ブルックリン・ブルワリー、TOKYO CULTUART by BEAMS

    後援:大田区

    鉄工島FES 事務局長:伊藤 悠

    鉄工島FES 事務局:田中 直史、桜井 葉子、冠 那菜奈

    ※『鉄工島FES』は寺田倉庫のアートプロジェクト「TOKYO CANAL LINKS」(HANEDA-TENNOZ))の一環であり、公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京「Tokyo Tokyo FESTIVAL 助成」第1 期採択事業です。


    【チケット情報】発売中

    料金:前売 ¥5,400 / 当日 ¥5,900

    ※ 小学生以下は保護者同伴に限り入場無料。

    ※ 中学生以上有料。

    ※ お1 人様1 公演につき4 枚まで。

    【プレイガイド】

    ・チケットぴあ:0570-02-9999 http://w.pia.jp/t/tekkojima (P コード:763-302)

    ・ローソンチケット:0570-084-003 http://l-tike.com/tekkojima (L コード:73207)

    ・イープラス:http://eplus.jp/tekkojima/

    ・楽天チケット(国内):http://r-t.jp/tekkojima

    ・楽天チケット(海外):http://r-t.jp/tekkojima_en

    ・Peatix: https://tekkojima2018.peatix.com/

    ・iFLYER:http://iFLYER.tv/tekkojima2018

    【公式関連サイト】

    ・鉄工島FES オフィシャルサイト:http://tekkojima.com

    ・鉄工島FES Instagram:http://www.instagram.com/tekkojimafes

    ・鉄工島FES Twitter:http://twitter.com/tekkojimafes

    ・鉄工島FES Facebook:http://www.facebook.com/BUCKLEKOBO

    ・鉄工島FES クラウドファンディング:http://readyfor.jp/projects/17653

    【お問い合わせ】

    鉄工島FES 事務局

    〒143-0003 東京都大田区京浜島2丁目11-7 BUCKLE KB 内

    info@tekkojima.com / 070-5578-1953(平日 11 時〜18 時)





    提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



    鉄工島FES実行委員会の求人情報一覧
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース