◆社内利用者数No.1
満足度もNo.1のウィルス対策


2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

ベンチャー求人特集

  • 設立二年以内の新鋭ベンチャー
  • 幹部候補募集
  • 第二新卒積極採用企業
  • 3年以内に上場予定のベンチャー・営業求む!
  • 営業職・未経験OKのベンチャー特集!
  • ベンチャーのバックオフィス特集
  • 注目ベンチャー



    ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> Affinity英語学院

    Affinity英語学院

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

     

    ビジネススクール留学経験者をパネリストとして招き、女性のキャリアデザインについて考えるきっかけの場を提供いたします。2020年以降に海外留学を考えている方だけでなく、転職か留学かで悩んでいる方やグローバル社会での仕事に興味を持っている大学生・大学院生など多くの女性を対象とした、キャリアデザインの幅広さについて知る機会となるセミナーです。


    留学カウンセリングやキャリアカウンセリング、英語指導を行っているAffinity英語学院(所在地:東京都千代田区、学院長:飯島哲也)では、2019年7月21日(日)、東京都千代田区のエッサム神田ホール2号館において、「女性のキャリアと人生を語る〜ビジネススクールが果たす役割とは?〜」のセミナーを開催いたします。“留学”を機にキャリアアップした女性たちをパネリストに招き、参加者がパネリストの体験談にふれる機会を設けます。“留学”をキャリア形成の一つのオプションとしてとらえ検討している方々にとって、最適なセミナーです。


    ファシリテーターは、留学指導歴20年のベテラン留学カウンセラーでキャリアコンサルティングの有資格者が務めます。海外留学を誘導する形式ではなく、あくまでも“女性のキャリアデザインを考える”ことを優先したセミナーとなっています。


    ▼ Affinity英語学院主催セミナー案内・申込みページ:https://affinity-english-mba-event01.peatix.com/view


    ■女性パネリストたちの“留学によるキャリア形成のプロセス“にふれる

    2016年に女性活躍推進法が施行されて以来、企業や団体で女性が活躍する機会は、今まで以上に増えています。こうした状況下で、女性たちは何を考え、どのように行動していけばよいのでしょうか。“留学”という転機を活用し、キャリアアップをはかった女性たちの話を聞きながら、自身のキャリアについて考える機会を提供いたします。


    ■留学を経験した女性パネリストたちが語るテーマ

    セミナー当日は、女性パネリストたちが自身のキャリアプロセスについて語ります。体験談にはMBAに関する話題も多く含まれますが、留学について検討中の方は専攻分野にかかわらず、奮ってご参加いただきたいと考えています。学生の方も歓迎いたします。


    <テーマ>

    ・留学をしようと思い立ったきっかけ

    ・思い出に残る留学中のエピソード

    ・留学を通して成長できたと思える点

    ・留学準備経験を通して学んだこと/発見したこと

    ・留学中に出会った印象に残る女性のクラスメイトについて

    ・留学の意義とは

    ・その他


    ■セミナー開催概要

    名称:「女性のキャリアと人生を語る〜ビジネススクールが果たす役割とは?〜」

    日時:2019年7月21日(日)14:00〜16:00(開場13:30〜)

    会場:エッサム神田ホール2号館(2-B01 地下・中会議室)

    東京都千代田区神田鍛冶町3-24-5(JR神田駅より徒歩2分、東京メトロ銀座線神田駅4出口より徒歩2分)

    受講料:2,000円(税込)

    参加要件:開催趣旨から、女性限定とさせていただきます。

    主催:Affinity英語学院


    ■パネリスト プロフィール


    ・高垣 論子(たかがき のりこ)氏

    London Business School, Class of 2019

    2007年国際基督教大学卒業、三井物産株式会社入社。食品関連部署にて、中国や南米でのプロジェクトに従事したのち、休職して私費でロンドンビジネススクール(LBS)へ2017年にMBA留学。

    MBA1年目から、学期中にパートタイムでスポーツチームやフィンテックのスタートアップでインターンをしたため、夏休みは事業の立ち上げに挑戦。また、20代30代の若手キャリア女性へ多様な生き方を紹介するポッドキャスト「のりぞー&えりのモヤキャリチャンネル」や、リンダ・グラットン教授監修のもと、日本の子持ち共働き夫婦の実態調査などに取り組んだ。

    今年7月のLBS卒業後は、VC(ベンチャーキャピタル)へ転職し、大企業でオープンイノベーションを促すスタートアップスタジオに勤務予定。


    ・田端 万莉(たばた まり)氏

    Harvard Business School, Class of 2021

    2013年慶應義塾大学総合政策学部卒業。2019年秋よりHarvard Business School MBAへ進学予定。

    大学卒業後、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社のM&A部門にて3年間勤務。在籍中は食品、消費財、旅行代理店などの日本企業に対する新規事業の戦略策定、ベンチャー企業とのオープンイノベーション支援、アメリカ、インド、アフリカへの進出支援業務に従事。

    現在は国内の水産商社にて社長補佐として海外事業拡大を担当。


    ・塙 麻紀子(はなわ まきこ)氏

    London Business School Sloan Masters in Leadership and Strategy, Class of 2015

    慶応義塾大学法学部法律学科卒業。

    学生時代よりベンチャー企業で新事業の立ち上げ等に関わる。経済・投資教育サービスを提供する株式会社シンプレクス・インスティテュートの取締役を経て、2015年にロンドン・ビジネス・スクールのスローン・プログラム(修士課程)へ子連れで留学。

    帰国後は合同会社を設立、各種コンサルティングを提供しながら新教育サービスの立ち上げを準備中。


    ■“留学”や”海外での仕事”に対する想いを共有できる

    海外の女性たちと比較すると、日本人女性が海外の大学院で学ぶケースは、まだまだ少ないのが実情です。当学院では、海外留学や海外での仕事に対する自らの想いを周囲に表明したり共有したりできずに悩む女性たちの姿を、目の当たりしてきました。多くの場合、女性は家庭や仕事・出産・育児など数々の環境の変化と向き合い、対応していかなければなりません。そうした“キャリアステージ”における環境の変化に対する考え方や乗り切るためのヒントを共有し、グローバル社会で活躍するための第一歩となる機会を作ろうと、今回のイベントの開催にいたりました。


    欧米の名門大学院での留学体験について聞けるほか、各パネリストからは「人として成長できた点」や「印象に残ったクラスメイト」についても話を聞くことができます。そうした話を通じて「海外の女性が大学院という場で、自分のキャリアとどのように向き合い、デザインしているのか」といった事例にふれ、参加者の皆様が自身のキャリア形成について考えを深めていただく機会を提供いたします。


    【Affinity英語学院(アフィニティーえいごがくいん)について】

    所在地:〒101-0047 東京都千代田区内神田 1-5-16 アルテ大手町2階

    代表者:学院長 飯島 哲也

    学院設立:2007年8月

    電話番号:03-6273-7598

    URL:https://www.affinity-english.com/

    事業内容:

    ・GMAT, GRE, TOEFL, TOEIC, IELTSの試験対策指導

    ・英語指導(英会話、発音、文法、読解等)

    ・英語教育に関するコンサルティング業

    ・キャリアカウンセリング、留学カウンセリング


    【一般の方向けのお問い合わせ先】

    企業名:Affinity英語学院

    担当者名:佐取永基

    TEL:0362737598

    Email:info@affinity-english.com



    提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



    Affinity英語学院の求人情報一覧
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース