◆社内利用者数No.1
満足度もNo.1のウィルス対策


2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

ベンチャー求人特集

  • 設立二年以内の新鋭ベンチャー
  • 幹部候補募集
  • 第二新卒積極採用企業
  • 3年以内に上場予定のベンチャー・営業求む!
  • 営業職・未経験OKのベンチャー特集!
  • ベンチャーのバックオフィス特集
  • 注目ベンチャー



    ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 株式会社KIBI

    株式会社KIBI

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

     

    株式会社KIBI(東京都千代田区 代表/山本洋平)は、株式会社日本ケアコミュニケーションズ(山形県南陽市 代表/佐藤浩基)との共同開発で、職場の風土を分析し、定着率の改善につなげる診断ツール「きづっきーfor介護(以下、きづっきー)」を発表します。12月1日からサービス提供が開始されます。


    きづっきーは、介護施設の働きやすい職場づくりをサポートする診断・分析ツールです。
    きづっきーを利用することにより、職員個人個人のコミュニケーションタイプが把握でき、マネジメントやチームビルディングに活かされるだけではなく、そのタイプの数や分布による組織風土から、離職率の改善・定着率向上に貢献します。

    ■「きづっきー」とは

    きづっきーは、職員個人個人のコミュニケーションタイプを、交流分析とKIBI理論を使って診断する新しいアプローチを採用しています。交流分析は人との関わりにおける無意識的な癖やパターンを見出すなど、世界的に活用されている心理学の基礎理論で、KIBI理論は人の気持ちの微細な変化を察し、読み解く方法を体系化したものです。交流分析で得たタイプと機微力のレベルを掛け合わせることで、精度の高いタイプ分けを実現しました。
    この個人のタイプ数や分布を元に、向上心・教育意欲・リスク意識の観点から組織分析を行います。自組織の傾向を把握したうえで、集団学習用教材に取り組んで頂くことで、”働きやすい職場”づくりを実現します。

    ・手軽にスピード診断
    介護現場でよく起きる場面を舞台とし、30問の問いが出され、3つの選択肢から自分が取る行動として一番近いものを選びます。忙しい介護現場でも、空き時間にスマホから手軽に取り組めます。


    [資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2ODUzMyMyNTk0MDYjNjg1MzNfRHNlSlNnVXpOQy5QTkc.PNG ]

    ・親しみやすい18の家電タイプ
    診断結果は、18のコミュニケーションタイプに分類。それぞれ家電に例えて、堅苦しくならず、”職場での自分”をできるだけ客観的に受け止めてもらえるように工夫しています。


    [資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2ODUzMyMyNTk0MDYjNjg1MzNfb2VHRkl3QnNtTi5QTkc.PNG ]

    ・無料お試し診断も可能
    きづっきーは本来介護現場に特化した30問で診断を行いますが、無料版は問題数を10問、舞台を日常生活にうつしているため、どなたでも簡単にタイプ診断が可能です。きづっきー公式ページ(https://kibi-global.jp/kidukky/)からお試し頂けます。
    ・リアリティのあるテキスト
    長年訪問介護、グループホーム、特養などの介護現場にたちながら、大学の社会福祉学科での講義も行っている非常に現場に近い監修者のもと、集団学習テキストを開発しています。

    ■利用シーン

    きづっきーは、定着率などの課題を抱える介護事業所様の課題解決のため、また自組織の健康診断という意味でも、ご利用頂くことができます。

    ■お申込み

    https://www.care-com.co.jp/products/kidukky/
    ※販売は株式会社日本ケアコミュニケーションズがおこないます。
    株式会社日本ケアコミュニケーションズ(山形県南陽市/代表 佐藤浩基)…介護業界シェアNo.1の伝送ソフト「ケアネットメッセンジャー」をはじめとした、全介護サービスを幅広くカバーしたソリューションを提供しています。

    ■開発の背景

    新型コロナウイルスにより世の中は一変しました。特に高齢者の感染はリスクが高く、介護施設は徹底的な対策を求められています。利用者やその家族、同僚や上司、外部関係機関の担当者など、多くの人がかかわる介護事業所では人間関係の悩みが多くなるため、コロナウイルスによる極度の緊張状態は職場環境に甚大な影響を及ぼしていると言われています。
    「仕事の厳しさ、難しさ」と、現場での「人間関係の厳しさ」は別物と考え、萎縮せずに、のびのびと働ける「ご機嫌な職場」を増やしたい。そこで介護現場での豊富な知見を有する日本ケアコミュニケーションズ社との共同開発が実現しました。

    【株式会社KIBI 会社概要】

    「人の気持ちのちょっとした変化=機微」を察する力を機微力と提唱、東京大学などとKIBI理論を研究・開発してきました。KIBI理論は、組織内での文化間ギャップや、ベテラン〜若手など世代間による価値観の違いなど、様々なコミュニケーションの場面で力を発揮します。2020年春には機微力検定を創発しました。

    【株式会社KIBI 社長紹介】

    山本洋平。1980 年生まれ、大阪府出身。上智大学大学院修了。
    大手シンクタンク、ベンチャー企業を経て、2009 年、デザイン会社を設立。
    かねてから温めていた機微力を社員に伝授すると、顧客対応に変化が現れ、1年後には営業せずとも仕事が舞い込んで対応しきれないほどに。2018年、社内の教育プログラムとしての扱いだった「機微力」の普及を目的に、株式会社KIBIを設立。さらに2019年、研究開発を加速させるため、一般社団法人機微力研究所を設立。KIBI理論を導き出すことに成功し、数々の学会で論文を発表、世界中から共感・賛同を頂いています。

    設立:2018年4月2日
    URL: https://kibi-global.jp/
    所在地:〒110-0016 東京都台東区台東3丁目42番7号 松田商事ビル2階
    資本金:10,000,000円
    事業内容:機微力の創発・普及
    KIBIラーニング https://kibi-learning.com/
    機微力検定 https://kibi-lab.or.jp/kibiabilitytest/


    提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



    株式会社KIBIの求人情報一覧
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース