◆社内利用者数No.1
満足度もNo.1のウィルス対策


2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

ベンチャー求人特集

  • 設立二年以内の新鋭ベンチャー
  • 幹部候補募集
  • 第二新卒積極採用企業
  • 3年以内に上場予定のベンチャー・営業求む!
  • 営業職・未経験OKのベンチャー特集!
  • ベンチャーのバックオフィス特集
  • 注目ベンチャー



    ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 株式会社グローバルインフォメーション

    株式会社グローバルインフォメーション

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

     

    株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「食品トレーサビリティの世界市場 (〜2025年): 技術タイプ (RFID・バーコード・赤外線・バイオメトリクス・GPS)・ソフトウェアタイプ (ERP・LIMS・倉庫)・エンドユーザー・用途・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を2月24日より開始いたしました。


    食品トレーサビリティの市場規模は2020年の168億米ドルからCAGR9.1%で成長し、2025年には261億米ドルに達すると予測されています。消費者の間で安全な製品への需要が高まっていることが市場を牽引すると予想されます。アジア太平洋地域では安全な食品を求める多くの人々に支えられ、COVID-19パンデミックに起因する需要により、中国などを中心に市場は急速に成長すると予測されています。

    牽引要因:食中毒の増加により、健康被害が深刻化

    食中毒は一般的に、病原体やマイコトキシンによる食品の汚染が原因で発生します。サルモネラ菌やリステリア菌などの病原体が食品中に存在することは、微生物学的な安全性と食品の品質を損なうことになり、結果として食中毒を引き起こします。CDCによると、米国では毎年7600万件の食中毒が記録されており、32万5000件が入院を必要とし、5000人が死亡しています。しかし、WHOによると、米州のWHO地域は、食中毒による影響が2番目に少ない地域であると報告されています。

    食品基準庁(FSA)によると、英国ではカンピロバクターが食中毒の最も一般的な形態です。年間28万人が鶏肉のカンピロバクター汚染の影響を受けていると推定されています。2014年、英国では、金融庁の調査により、スーパーマーケットの鶏肉のほとんどがカンピロバクター菌に汚染されていたと報告されました。

    WHOによると、世界で毎年6億件近くの食中毒が発生しているといわれています。深刻な健康上の脅威につながる食品の安全性は、人々の大きな関心事となっています。これが食品トレーサビリティの需要を牽引し、市場の成長にプラスの影響を与えると予測されています。

    商業的なフードサービスは過去30年間で劇的に増加しており、広範な食品の取り扱いを必要としています。食品を扱う人数が増え、食品の生産や流通の新たな方法といった様々な変化が生まれています。これに伴い、食品を扱う人から消費者への食中毒感染が高まる可能性が高まり、結果として食品トレーサビリティシステムの需要を牽引しています。

    抑制要因:データ共有におけるプライバシーの問題

    食品トレーサビリティは、原材料から最終消費者に至るまでのサプライチェーン全体を通じた追跡です。バーコードやRFIDなど、サプライチェーンを通じて製品を追跡するため、高度な技術ベースのソリューションが必要となります。この機器は、製品のトレーサビリティのサポートに加えて、データ補足、記録、保存、および加工、遺伝学、供給電力、疾病追跡に関するトレーサビリティ属性の共有や環境変数の測定などもサポートします。しかし、これらの技術の実装には、RFIDタグに格納されたデータのプライバシーやセキュリティに対する不正アクセスや改ざんの懸念が含まれています。また、消費者は、RFID対応製品を購入した場合、自分が追跡される可能性があると感じ、プライバシーの侵害を懸念するようになることもRFIDによる脅威となります。データ共有に関する消費者と製造業者のプライバシー問題が食品トレーサビリティ市場の成長を阻害しています。

    【 当レポートの詳細目次 】
    https://www.gii.co.jp/report/mama977392-food-traceability-market-technology-software-by.html

    ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

    【本件に関するお問い合わせ先】
     企業名:株式会社グローバルインフォメーション
     TEL:044-952-0102
     E-Mail:jp-info@gii.co.jp


    提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



    株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース一覧
  • ガス検知器の市場規模、2021年から2028年にCAGR9.7%で拡大見込み(2021月04年20日)
  • ブロー成形プラスチックの市場規模、2021年から2028年にCAGR3.3%で成長見込み(2021月04年20日)
  • 工業用断熱材の市場規模、2025年に30億米ドル到達予測(2021月04年20日)
  • 細胞療法の市場規模、2021年から2028年にCAGR14.5%で拡大見込み(2021月04年20日)
  • 水素生成の市場規模、2021年から2028年にCAGR5.7%で拡大見込み(2021月04年20日)
  • 鉄道車両の市場規模、2025年に643億米ドル到達予測(2021月04年20日)
  • 超高分子量ポリエチレン繊維の市場規模、2020年から2027年にCAGR8.6%で成長見込み(2021月04年20日)
  • 特殊ガスの市場規模、2021年から2028年にCAGR8.8%で拡大見込み(2021月04年20日)
  • 動物用抗菌薬感受性検査の市場規模、2026年に1億3500万米ドル到達予測(2021月04年20日)
  • 核酸分離・精製の市場規模、2021年から2028年にCAGR11.4%で拡大見込み(2021月04年20日)
  • 熱成形パッケージの市場規模、2021年から2028年にCAGR5.2%で成長見込み(2021月04年20日)
  • アルミナ三水和物の市場規模、2025年に19億米ドル到達見込み(2021月04年19日)
  • 5Gサービスの市場規模、2026年に2492億米ドル到達予測(2021月04年19日)
  • 脳インプラントの市場規模、2021年から2028年にCAGR9.1%で拡大見込み(2021月04年19日)
  • 不織布接着剤の市場規模、2025年に35億米ドル到達予測(2021月04年19日)
  • サービスとしてのユニファイド・コミュニケーションの市場規模、2021年から2028年にCAGR23.6%で拡大見込み(2021月04年19日)
  • プリプレグの市場規模、2025年に102億米ドル到達予測(2021月04年19日)
  • マイクロコントローラーの市場規模、2021年から2028年にCAGR10.1%で拡大見込み(2021月04年19日)
  • バーチャルフィッティングルームの市場規模、2021年から2028年にCAGR25.2%で拡大見込み(2021月04年19日)
  • 医療機器洗浄の市場規模、2021年から2028年にCAGR10.2%で成長見込み(2021月04年19日)
  • 毛髪再生の市場規模、2021年から2028年にCAGR15.4%で拡大見込み(2021月04年19日)
  • 農薬の市場規模、2025年に2461億米ドル到達予測(2021月04年19日)
  • 空気清浄機の市場規模、2021年から2028年にCAGR10.0%で拡大見込み(2021月04年19日)
  • ブロックチェーン技術の市場規模、2021年から2028年にCAGR82.4%で拡大見込み(2021月04年19日)
  • 産業用ポンプの市場規模、2021年から2028年にCAGR3.9%で拡大見込み(2021月04年19日)
  • 農場管理ソフトウェアの市場規模、2026年に42億米ドル到達予測(2021月04年19日)
  • 血液加温器の市場規模、2021年から2028年にCAGR8.3%で拡大見込み(2021月04年19日)
  • 杭打ち機の市場規模、2021年から2028年にCAGR3.6%で拡大見込み(2021月04年19日)
  • 中・高精度GPS受信機の市場規模、2026年に40億米ドル到達予測(2021月04年19日)
  • ポリ乳酸の市場規模、2021年から2028年にCAGR18.1%で成長見込み(2021月04年19日)
  • プレキャストコンクリートの市場規模、2025年に1741億米ドル到達予測(2021月04年19日)
  • カーケア製品の市場規模、2021年から2028年にCAGR4.3%で拡大見込み(2021月04年19日)
  • 天井タイル市場規模、2021年から2028年にCAGR8.8%で拡大見込み(2021月04年19日)
  • 酸化ポリエチレンワックスの市場規模、2021年から2028年にCAGR4.8%で成長見込み(2021月04年19日)
  • カテーテルの市場規模、2021年から2028年にCAGR6.4%で拡大見込み(2021月04年16日)
  • 滅菌機器の市場規模、2021年から2028年にCAGR10.3%で拡大見込み(2021月04年16日)
  • 上下水道処理装置の市場規模、2021年から2028年にCAGR4.0%で成長見込み(2021月04年16日)
  • 収益サイクル管理の市場規模、2021年から2028年にCAGR11.5%で拡大見込み(2021月04年16日)
  • エンタープライズアーキテクチャーツールの市場規模、2026年に12億8300万米ドル到達予測(2021月04年16日)
  • 睡眠時無呼吸症候群治療器の市場規模、2021年から2028年にCAGR6.2%で拡大見込み(2021月04年16日)
  • ブロックチェーンIoTの市場規模、2026年に24億900万米ドル到達予測(2021月04年16日)
  • 使い捨て手術器具の市場規模、2021年から2028年にCAGR7.8%で拡大見込み(2021月04年16日)
  • 医療特許出願業務アウトソーシングの市場規模、2021年から2028年にCAGR5.5%で拡大見込み(2021月04年16日)
  • Wi-Fiの市場規模、2026年に252億米ドル到達予測(2021月04年16日)
  • バーチャルリアリティの市場規模、2021年から2028年にCAGR18.0%で成長見込み(2021月04年16日)
  • 遠心ポンプの市場規模、2026年に488億米ドル到達予測(2021月04年16日)
  • 精密農業の市場規模、2021年から2028年にCAGR13.1%で拡大見込み(2021月04年16日)
  • ゲノミクス市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR15.35%で拡大見込み(2021月04年16日)
  • 光学イメージングの市場規模、2026年に33億米ドル到達予測(2021月04年16日)
  • 企業向けウェルネスの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR7.0%で拡大見込み(2021月04年16日)
  • 内視鏡の市場規模、2021年から2028年にCAGR8.0%で拡大見込み(2021月04年16日)
  • バイオテクノロジーの市場規模、2021年から2028年にCAGR15.83%で拡大見込み(2021月04年15日)
  • 統合型マリンオートメーションシステムの市場規模、2025年に78億米ドル到達予測(2021月04年15日)
  • プロテインサプリメントの市場規模、2021年から2028年にCAGR8.4%で拡大見込み(2021月04年15日)
  • フローメーターの市場規模、2021年から2028年にCAGR5.70%で拡大見込み(2021月04年15日)
  • カスタマージャーニーアナリティクスの市場規模、2026年に251億米ドル到達予測(2021月04年15日)
  • パルスオキシメータの市場規模、2021年から2028年にCAGR6.4%で拡大見込み(2021月04年15日)
  • 土木市場規模、2021年から2028年にCAGR5.7%で拡大見込み(2021月04年15日)
  • CNG・LPG車の市場規模、2026年に438万9000台の販売予測(2021月04年15日)
  • 動物用抗菌剤・抗生物質の市場規模、2026年に56億米ドル到達予測(2021月04年15日)
  • 防水膜の市場規模、2021年から2028年にCAGR7.5%で拡大見込み(2021月04年15日)
  • B2C電子商取引の市場規模、2021年から2028年にCAGR9.7%で拡大見込み(2021月04年15日)
  • SCADAの市場規模、2026年に132億米ドル到達予測(2021月04年15日)
  • 垂直農法の市場規模、2021年から2028年にCAGR 23.6%で拡大見込み(2021月04年15日)
  • バーチャルリアリティヘッドセットの市場規模、2021年から2028年にCAGR28.2%で拡大見込み(2021月04年15日)
  • 変電所オートメーションの市場規模、2026年に542億米ドル到達予測(2021月04年15日)
  • 繊維市場規模、2021年から2028年にCAGR4.4%で拡大見込み(2021月04年15日)
  • プラスチックパッケージ市場規模、2021年から2028年にCAGR4.2%で成長見込み(2021月04年15日)
  • タンパク質成分の市場規模、2021年から2028年にCAGR10.5%で拡大見込み(2021月04年15日)
  • フィルターの市場規模、2021年から2028年にCAGR4.7%で拡大見込み(2021月04年15日)
  • セルロース発泡性防火塗料の市場規模、2025年に5億8400万米ドル到達予測(2021月04年14日)
  • 定量ポンプの市場規模、2026年に79億米ドル到達見込み(2021月04年14日)
  • 呼気分析装置の市場規模、2025年に11億6700万米ドル到達予測(2021月04年14日)
  • 高速エンジンの市場規模、2026年に271億米ドル到達予測(2021月04年14日)
  • スマートガスメーターの市場規模、2026年に25億米ドル到達予測(2021月04年14日)
  • IoTプロフェッショナルサービスの市場規模、2026年に1499億米ドル到達予想(2021月04年14日)
  • IoTセンサーの市場規模、2026年に296億米ドル到達予想(2021月04年14日)
  • ダークファイバーの市場規模、2026年に87億米ドル到達予測(2021月04年14日)
  • 搾乳器の市場規模、2021年から2028年にCAGR10.5%で成長見込み(2021月04年14日)
  • 肥料用触媒の市場規模、2021年から2027年にCAGR2.4%で拡大見込み(2021月04年14日)
  • ビジネスプロセスオートメーション(BPA)の市場規模、2026年に196億米ドル到達予測(2021月04年13日)
  • 医薬品受託製造・開発(CDMO)の市場規模、2025年に1461億米ドル到達予測(2021月04年13日)
  • エンタープライズモビリティマネジメント(EMM)の市場規模、2026年に636億米ドル到達予測(2021月04年13日)
  • 産業用計測の市場規模、2026年に132億米ドル到達予想(2021月04年13日)
  • 医療用電子機器の市場規模、2026年に88億米ドル到達予測(2021月04年13日)
  • ブロックチェーンサプライチェーンの市場規模、2026年に32億7200万米ドル到達予測(2021月04年13日)
  • 溶接材料の市場規模、2025年に173億米ドル到達予測(2021月04年13日)
  • AIガバナンスの市場規模、2026年に10億1600万米ドル到達予測(2021月04年12日)
  • dPCRおよびqPCRの市場規模、2025年に76億米ドル到達予測(2021月04年12日)
  • 企業資産管理の市場規模、2026年に55億米ドル達成予想(2021月04年12日)
  • 航空機用透明フィルムの市場規模、2025年に15億米ドル到達予測(2021月04年12日)
  • ゲノミクス向けAIの市場規模、2025年に16億7100万米ドル達成予測(2021月04年12日)
  • プロテオミクスの市場規模、2026年に559億米ドル到達予測(2021月04年12日)
  • バイオ接着剤の市場規模、2025年に97億米ドル到達見込み(2021月04年09日)
  • 小麦タンパク質の市場規模、2026年に31億米ドル到達予測(2021月04年09日)
  • フレキシブルエレクトロニクスの市場規模、2026年に485億米ドル到達予測(2021月04年09日)
  • エチレンカーボネートの市場規模、2026年に3億8900万米ドル到達予測(2021月04年09日)
  • 合成皮革の市場規模、2025年に785億米ドル到達予測(2021月04年09日)
  • 航空機ヘルスモニタリングの市場規模、2025年に55億米ドル到達予測(2021月04年09日)
  • 一軸ねじ式ポンプ(PCP)の市場規模、2026年に59億米ドル到達見込み(2021月04年08日)
  • 鋼線の市場規模、2025年に1247億米ドル到達予測(2021月04年08日)
  • 無酸素銅の市場規模、2025年に259億米ドルに到達予測(2021月04年08日)
  • クラウドサービスブローカーの市場規模、2025年に129億米ドル到達予測(2021月04年08日)
  • ソフトウェア無線の市場規模、2025年に145億米ドル到達予測(2021月04年08日)
  • 装飾用コンクリートの市場規模、2025年に205億米ドル達成予測(2021月04年08日)
  • Wi-Fi 6・Wi-Fi 6E市場:デバイスの累積出荷数は2026年に130億台到達見込み(2021月04年07日)
  • 金属化フレキシブル包装の市場規模、2025年に58億米ドル到達予測(2021月04年07日)
  • フローイメージング顕微鏡の市場規模、2025年に4500万米ドル到達予測(2021月04年07日)
  • 心臓マーカー検査の市場規模、2025年に55億米ドル到達予測(2021月04年07日)
  • 戦場管理システムの市場規模、2025年に118億米ドル到達見込み(2021月04年07日)
  • 鉄道管理システムの市場規模、2025年に619億米ドル到達予測(2021月04年07日)
  • プロテインA樹脂の市場規模、2025年に19億米ドル到達予測(2021月04年07日)
  • パーライトの市場規模、2025年に19億米ドル到達予測(2021月04年06日)
  • ハードウェア暗号化の市場規模、2025年に3億1300万米ドル到達見込み(2021月04年06日)
  • GNSSシミュレータの市場規模、2025年に1億6500万米ドル到達予測(2021月04年06日)
  • 飼料用植物性タンパク質の市場規模、2025年に34億米ドル達成予測(2021月04年06日)
  • 職場安全の市場規模、2025年に199億米ドル到達予測(2021月04年06日)
  • ハプティクス技術の市場規模、2026年に46億米ドル到達予測(2021月04年05日)
  • ダンボール製バルクビンの市場規模、2025年に154億米ドル到達予測(2021月04年05日)
  • フォトリソグラフィー装置の市場規模、2025年に180億米ドル到達見込み(2021月04年05日)
  • 水耕栽培システムの市場規模、2026年に179億米ドル到達予測(2021月04年05日)
  • eDiscoveryの市場規模2025年に129億米ドル到達予測(2021月04年05日)
  • 炭酸ジメチルの市場規模、2025年に10億7800万米ドル到達予測(2021月04年05日)
  • 乳製品代替品の市場規模、2026年に406億米ドル到達予測(2021月04年02日)
  • LEDパッケージの市場規模、2026年に221億米ドル到達推測(2021月04年02日)
  • eヘルスの市場規模、2025年に1938億米ドル達成予測(2021月04年02日)
  • 大麻検査の市場規模、2025年に18億600万米ドル到達予測(2021月04年02日)
  • 医療機関ネットワーク管理市場、2025年に58億米ドル到達予測(2021月04年02日)
  • 流体液管理システム・付属品の市場規模、2025年に161億米ドル到達予測(2021月04年02日)
  • 音声合成の市場規模、2026年に50億米ドル到達予測(2021月04年01日)
  • 医療教育の市場規模、2025年に1252億米ドル到達予測(2021月04年01日)
  • 歯科用3Dプリンティングの市場規模、2025年に65億米ドル到達予測(2021月04年01日)
  • パイプライン・プロセスサービスの市場規模、2025年に40億米ドル到達予測(2021月04年01日)
  • 流体移送システムの市場規模、2025年に247億米ドル達成見込み(2021月04年01日)
  • カスタマーサクセスプラットフォームの市場規模、2025年に25億米ドル到達予測(2021月04年01日)
  • 臨床試験管理システム(CTMS)の市場規模、2025年に15億9000万米ドル到達見込み(2021月03年31日)
  • VaaSの市場規模、2026年に62億米ドル到達予測(2021月03年31日)
  • 可変周波数ドライブの市場規模、2025年に243億米ドル到達予測(2021月03年31日)
  • マスターバッチの市場規模、2025年に143億米ドル到達予測(2021月03年31日)
  • 質量分析計の市場規模、2025年には56億米ドル到達予測(2021月03年31日)
  • サプライチェーン管理 (SCM)の市場規模、2026年に417億米ドル到達予測(2021月03年31日)
  • ポリヒドロキシアルカン酸の市場規模、2025年に1億2100万米ドル到達予測(2021月03年30日)
  • 充電ステーションの市場規模、2027年に3075万8千台に到達予測(2021月03年30日)
  • 血液培養検査の市場規模、2025年に61億米ドル到達見込み(2021月03年30日)
  • フォトニクスの市場規模、2025年に8378億米ドル到達予測(2021月03年30日)
  • 境界セキュリティの市場規模、2026年に965億円到達予測(2021月03年30日)
  • 免疫蛍光アッセイの市場規模、2026年に35億米ドル達成予測(2021月03年30日)
  • クラウドTVの市場規模、2026年に42億米ドル到達予測(2021月03年29日)
  • vEPCの市場規模、2026年に137億米ドル到達予測(2021月03年29日)
  • 機密データ検出の市場規模、2026年に124億米ドル到達見込み(2021月03年29日)
  • ポリッシュコンクリートの市場規模、2025年に30億米ドル到達予測(2021月03年29日)
  • デジタルアイソレーターの市場規模、2026年に24億米ドル到達予測(2021月03年29日)
  • 販売実績管理(SPM)の市場規模、2026年に34億米ドル到達見込み(2021月03年29日)
  • PVDCコートフィルムおよびアクリルコートフィルムの市場規模、2025年に22億米ドル到達予測(2021月03年29日)
  • グローライトの市場規模、2026年に49億米ドル到達予測(2021月03年26日)
  • 一斉通知システムの市場規模、2026年に273億米ドル到達予測(2021月03年26日)
  • 歯科印象システムの市場規模、2025年に19億米ドル到達予測(2021月03年26日)
  • 三次元測定技術の市場規模、2026年に134億米ドル到達予測(2021月03年26日)
  • テクニカルテキスタイルの市場規模、2025年に2224億米ドル到達予測(2021月03年26日)
  • 住宅エネルギー管理の市場規模、2025年に41億米ドル到達予測(2021月03年26日)
  • パートナーリレーションシップマネジメント(PRM)の市場規模、2026年に19億9700万米ドル到達見込み(2021月03年26日)
  • 臨床化学分析装置の市場規模、2026年に152億米ドル到達予測(2021月03年26日)
  • 大麻の市場規模、2026年に904億米ドル到達予測(2021月03年26日)
  • 女性向け検診の市場規模、2025年に366億米ドル到達予測(2021月03年25日)
  • 小売業向けPOSの市場規模、2026年に344億米ドル到達予測(2021月03年25日)
  • 植物性タンパク質の市場規模、2026年に156億米ドル到達予測(2021月03年25日)
  • 触媒処理サービスの市場規模、2025年に6億2000万米ドル到達見込み(2021月03年25日)
  • エンジン管理システムの市場規模、2025年に632億米ドル到達予測(2021月03年25日)
  • 主要10種のセンサーの市場規模、2026年に1011億米ドル到達予想(2021月03年25日)
  • 栄養補助食品の市場規模、2026年に2047億米ドル到達予測(2021月03年25日)
  • 人工角膜および角膜インプラントの市場規模、2026年に5億9900万米ドル到達見込み(2021月03年25日)
  • 5Gセキュリティの市場規模、2026年に52億2600万米ドル到達予測(2021月03年25日)
  • 3Dプリント用高性能プラスチックの市場規模、2025年に2億200万米ドル到達予測(2021月03年25日)
  • ガスセンサーの市場規模、2026年に15億米ドル到達予測(2021月03年24日)
  • 前立腺肥大症治療の市場規模、2026年に141億米ドル到達予測(2021月03年24日)
  • 接着剤およびシーラントの市場規模、2025年に800億米ドル到達見込み(2021月03年24日)
  • 外科用画像の市場規模、2025年に24億米ドル到達予測(2021月03年24日)
  • セミトレーラーの市場規模、2025年に412億米ドル到達予測(2021月03年24日)
  • エッジAIソフトウェアの市場規模、2026年に18億3500万米ドル到達予測(2021月03年24日)
  • 作物保護用化学品の市場規模、2025年に741億米ドル到達見込み(2021月03年24日)
  • クーラーボックスの市場規模、2025年に81億米ドル到達予測(2021月03年24日)
  • ゼロトラストセキュリティの市場規模、2026年に516億米ドル到達見込み(2021月03年24日)
  • 術中照射治療の市場規模、2025年に6600万米ドル到達予測(2021月03年24日)
  • ゲノミクスの市場規模、2025年に544億米ドル到達予測(2021月03年22日)
  • クラウドセキュリティポスチャ管理(CSPM)の市場規模、2026年に90億米ドル到達予想(2021月03年22日)
  • 組換えタンパク質の市場規模、2026年に17億米ドル到達見込み(2021月03年22日)
  • 水素生成の市場規模、2025年に2010億米ドル到達予測(2021月03年22日)
  • イベント管理ソフトウェアの市場規模、2026年に64億米ドル到達予測(2021月03年22日)
  • 商用セキュリティシステムの市場規模、2026年に3426億米ドル到達見込み(2021月03年22日)
  • 自動車差動装置の市場規模、2025年に232億米ドル到達予測(2021月03年22日)
  • がん治療情報システムの市場規模、2025年に95億米ドル到達見込み(2021月03年22日)
  • 自然言語処理(NLP)の市場規模、2026年に351億米ドル到達見込み(2021月03年19日)
  • 軍用組込みシステムの市場規模、2025年に21億米ドル到達予測(2021月03年19日)
  • ディスプレイの市場規模、2026年に1771億米ドル到達予測(2021月03年19日)
  • ディーゼル排気液の市場規模、2027年に450億米ドル到達見込み(2021月03年19日)
  • RFIDの市場規模、2026年に174億米ドル到達予測(2021月03年19日)
  • PETフォームの市場規模、2025年に4億4800万米ドル到達見込み(2021月03年19日)
  • 食品固化防止剤の市場規模、2025年に10億7400万米ドル到達予測(2021月03年19日)
  • 海藻タンパク質の市場規模、2026年に9億8160万米ドル到達見込み(2021月03年18日)
  • EVバッテリーの市場規模、2025年に672億米ドル達成予測(2021月03年18日)
  • ドアの市場規模、2025年に1182億米ドル到達予測(2021月03年18日)
  • ポイントケア診断の市場規模、2025年に506億米ドル到達見込み(2021月03年18日)
  • 航空機シート作動システムの市場規模、2025年に7億6300万米ドル到達予測(2021月03年18日)
  • マイクロサーバーICの市場規模、2026年に22億米ドル達成予測(2021月03年18日)
  • 屋内農業技術の市場規模、2026年に248億米ドルに到達予測(2021月03年18日)
  • 工業用ガスケットの市場規模、2025年には116億米ドルに到達見込み(2021月03年17日)
  • ベンゼノイドの市場規模、2025年に8億5700万米ドルに到達予測(2021月03年17日)
  • メタリックパウダーコーティングの市場規模、2025年に33億米ドル到達予測(2021月03年16日)
  • ハイスループットスクリーニングの市場規模、2025年に264億米ドル到達予測(2021月03年16日)
  • 高純度メタンガスの市場規模、2025年に88億米ドルに達成予測(2021月03年16日)
  • デジタルサイネージの市場規模、2021年からCAGR11.2%で成長し2026年に278億米ドル到達予測(2021月03年16日)
  • ブリスター包装の市場規模、2025年には341億米ドル到達予測(2021月03年16日)
  • 泌尿器デバイスの市場規模、2026年に464億米ドル到達見込み(2021月03年16日)
  • 車載用イーサネットの市場規模、2026年に56億米ドルに到達見込み(2021月03年16日)
  • ビルディングオートメーションシステムの市場規模、2026年に1121億米ドル達成予測 セキュリティシステムの強化に有利(2021月03年15日)
  • 新生児スクリーニングの市場規模、2026年に13億米ドル到達予測 新興市場における可処分所得の増加が牽引要因に(2021月03年15日)
  • クロマトグラフィー樹脂の市場規模、2025年に33億米ドル到達見込み モノクローナル抗体の精製に不可欠(2021月03年15日)
  • ビッグデータセキュリティの市場規模、2026年に353億米ドル到達見込み サイバー攻撃増加による需要の高まり(2021月03年15日)
  • 錠剤コーティング市場、2025年に9億6900万米ドル到達予測 医薬品製造は、新興国への業務委託が増加(2021月03年15日)
  • 水溶性フィルムの市場規模、2025年に4億7600万米ドル到達見込み 農業分野で農薬包装用に需要増加(2021月03年15日)
  • 冷却式疼痛治療の市場規模、2025年に20億米ドルに到達予測 低価格な鎮痛剤は市場成長の抑制要因に(2021月03年15日)
  • 5G IIoTの市場規模、2020年からCAGR79.1%で成長し2026年に157億米ドル到達予測(2021月03年12日)
  • 海外展開の強い味方!ECレビュー分析ツール「Revuze Explorer」- 12産業、8言語のECサイトからレビューの収集・分析をサポート!!(2021月03年12日)
  • 量子コンピューティングの市場規模、2026年に17億6500万米ドル到達予想 最適化されたコストでスピーディーな業務を実行(2021月03年12日)
  • 自動マテリアルハンドリング機器の市場規模、2026年に768億米ドル到達予測 電子商取引急増とともに市場拡大(2021月03年12日)
  • ワイヤレス充電の市場規模、2026年に134億米ドル到達予測 Qi非対応デバイスの互換性問題が抑制要因に(2021月03年12日)
  • 1-デセンの市場規模、2025年に7億9800万米ドル達成予測 PAOベース潤滑油の需要拡大が市場を牽引(2021月03年12日)
  • 果物・野菜種子の市場規模、2025年に144億米ドル到達予測 種子交換率の上昇が市場機会に(2021月03年12日)
  • 赤外線温度計市場、2025年に36億米ドルに到達予測 低価格商品には精度面での課題も(2021月03年12日)
  • 非加熱殺菌の市場規模、2026年に39億米ドル到達予測 PEF・HPPなどの技術が市場を牽引(2021月03年12日)
  • UV消毒装置の市場規模、2026年に92億米ドル到達予測 コロナウイルスの不活化で感染拡大を抑制(2021月03年12日)
  • 生体材料の市場規模、2025年に475億米ドル到達予測 形成外科や創傷治癒の用途での成長に期待(2021月03年11日)
  • パッケージ印刷の市場規模、2025年に4334億米ドル到達予測 高額な設備投資が市場成長の抑制要因(2021月03年11日)
  • 教育用ロボットの市場規模、2026年には26億米ドルに到達予測 、サービス産業におけるヒューマノイドロボットの可能性に期待(2021月03年11日)
  • 電子化学品・材料の市場規模、2025年に643億米ドル到達予測 有害化学物質の規制遵守が必須に(2021月03年11日)
  • 自律運航船の市場規模、2030年に142億米ドル到達予測 サイバー攻撃のリスクが抑制要因に(2021月03年11日)
  • 4K医療画像の市場規模、2030年に23億9990万米ドル到達見込み 膨大な研究開発投資が市場の成長を後押し(2021月03年11日)
  • 宇宙観光・旅行市場、2030年までに市場規模は79億米ドルに到達し、4万1000人の旅行者を宇宙に送り出す計画(2021月03年10日)
  • 全地形対応車の市場規模、2025年に44億米ドルに到達予測 北米地域が最大シェアを占める(2021月03年10日)
  • ポータブルプロジェクターの市場規模、2025年に19億米ドル到達予測 多様なデバイスへの接続に有利(2021月03年10日)
  • データディスカバリーの市場規模、2025年に144億米ドル到達予測 クラウド、リモートワークの普及によりデータ保護の必要性が増加(2021月03年10日)
  • 画像認識の市場規模、2025年に530億米ドル到達予測 莫大な開発コストが市場成長の抑制要因に(2021月03年10日)
  • 電子廃棄物からの回収貴金属の市場規模、2025年には118億米ドルに到達予測 シアン化物浸出法による環境への影響が懸念材料(2021月03年10日)
  • 心血管インターベンションデバイスの市場規模、2025年には212億米ドルに到達予測 冠動脈疾患は米国で最も一般的な心臓病(2021月03年09日)
  • 電子棚札の市場規模、2026年に20億9200万米ドル達成予測 迅速な価格調整に対応(2021月03年09日)
  • 汎用プラスチックの市場規模、2025年に5961億米ドル到達予測 プラスチック廃棄物への懸念が抑制要因に(2021月03年09日)
  • ドライビングシミュレーターの市場規模、2025年には21億米ドル到達予測 各産業での熟練したドライバー不足から開発に期待(2021月03年09日)
  • コンテンツ配信ネットワークの市場規模、2025年に279億米ドル到達予測 安定したコンテンツ配信が可能に(2021月03年09日)
  • レベルトランスミッターの市場規模、2025年に35億米ドル到達予測 ワイヤレス技術の開発が市場成長を後押し(2021月03年09日)
  • 中枢神経系疾患:遺伝性疾患の表現型6400項目の約60%を占める(2021月03年08日)
  • サージアレスターの市場規模、2025年に19億米ドルに到達予測 再生可能エネルギー増加が牽引要因に(2021月03年08日)
  • ヘッドアップディスプレイの市場規模、2025年に46億米ドル到達見込み コネクテッドカー導入で需要が増加(2021月03年08日)
  • 水晶発振器の市場規模、2025年に31億米ドル到達予測 安価な代替品であるMEMSが抑制要因に(2021月03年05日)
  • アクリル樹脂の市場規模、2025年に219億米ドル到達予測 塗料システムに含まれる有害なVOCが抑制要因に(2021月03年05日)
  • 電動スクーター・電動バイクの市場規模、2027年に594万8000台到達予測 充電インフラ不整備が市場の抑制要因に(2021月03年05日)
  • サーキットブレーカーの市場規模、2025年に77億米ドル到達予測 電力システムを確実に保護する最重要コンポーネント(2021月03年05日)
  • 臍帯血バンク:最も一般的な研究分野は脳卒中、脳性麻痺、自閉症、低酸素性虚血性脳症などの神経疾患(2021月03年05日)
  • クロマトグラフィー機器の市場規模、2025年に110億米ドル到達予測 ハイフネーション技術により多分野での応用も(2021月03年04日)
  • IoT半導体コンポーネントの市場規模、2020年330億米ドルからCAGR19%で成長し2025年に800億米ドル到達予測(2021月03年04日)
  • 剥離コーティング剤の市場規模、2025年に2億2500万米ドル到達予測 CVID-19パンデミックが衛生・医療部門の成長を牽引(2021月03年04日)
  • 薄膜・プリント電池の市場規模、2025年に2億9600万米ドル到達予測 電子機器の小型化やウェアラブルにより需要が拡大(2021月03年04日)
  • インテリジェントパワーモジュールの市場規模、2025年に27億米ドル到達見込み 再生可能エネルギーを奨励する政府の取り組みが市場の成長を後押し(2021月03年03日)
  • スマートビルディングの市場規模、2025年に1089億米ドル到達予測 エネルギー効率の高いシステムへの需要が市場成長の後押しに(2021月03年03日)
  • 医薬部門向け膜ろ過の市場規模、2025年に102億米ドル到達見込み 技術開発には政府やプライベートエクイティ企業からの投資も(2021月03年03日)
  • 医療用ロボットの市場規模、2025年に127億米ドル到達予測 高い精度と再現性、高度な可視化機能を提供(2021月03年03日)
  • 3D・4Dテクノロジーの市場規模、2025年に4650億米ドル到達予測 デバイスの高額な購入費やメンテナンスコストが懸念材料に(2021月03年02日)
  • 生鮮食品包装の市場規模、2025年に952億米ドル到達予測 コンビニエンスフードの需要増加が市場の成長を牽引(2021月03年02日)
  • HPCの市場規模、2025年に494億米ドル到達予想 高額なCAPEXやOPEXの費用が市場成長の抑制要因に(2021月03年02日)
  • 3Dマッピングおよびモデリングの市場規模、2025年に76億米ドル到達見込み 膨大な地理空間データを管理に有用(2021月03年01日)
  • 赤外線画像の市場規模、2025年には83億米ドル到達見込み 国際武器取引による厳しい規制が抑制要因に(2021月03年01日)
  • 高性能フルオロポリマー(HPF)の市場規模、2025年には43億米ドルに到達予測 その高い生体適合性、潤滑性から医療分野での採用が拡大(2021月03年01日)
  • ソリッドステートリレーの市場規模、2025年には15億米ドルに到達予測 家電製品におけるハイテク電子機器や自動化が市場の成長を後押し(2021月02年26日)
  • 天然甘味料の市場規模、2025年に38億米ドル到達予測 予防医療に関する意識の高まりが市場の成長を後押し(2021月02年26日)
  • 透視検査装置の市場規模、2025年に75億米ドル到達予測 FPDへの進化により放射線量の低減など多くの利点も(2021月02年26日)
  • モジュラー型データセンターの市場規模、2025年に378億米ドル到達見込み 高いエネルギー効率を実現(2021月02年26日)
  • インターロイキン阻害剤の市場規模、2023年に268億8000万米ドルに到達予想 安価な代替品となるバイオシミラー医薬品に期待(2021月02年25日)
  • 製造業におけるIoTの市場規模、2025年には538億米ドルに到達見込み スマート監視ソリューション部門で高い成長(2021月02年25日)
  • 光学選別機の市場規模、2025年には33億米ドルに到達予想 食品用途が最大シェアを占める(2021月02年25日)
  • 医療用セラミックの市場規模、2025年には129億米ドル達成見込み 高額な臨床試験が市場成長の抑制要因に(2021月02年25日)
  • 吸入鎮静剤の市場規模、2023年には14億8000万米ドルに到達予想 肺の炎症を抑え人工呼吸器の使用時間を短縮(2021月02年24日)
  • 免疫抑制剤の市場規模、2023年に214億4000万米ドル到達予想 主に臓器移植の抗拒絶反応薬として使用(2021月02年24日)
  • 食品トレーサビリティの市場規模、2025年には261億米ドルに到達予測 データ共有におけるプライバシーの問題が抑制要因に(2021月02年24日)
  • ビタミンB3の市場規模、2025年には3億7300万米ドルに到達予測 一方、ビタミンB3多量摂取の悪影響から規制の動きも(2021月02年24日)
  • G-CSFの市場規模、2023年には83億3000万米ドルに到達予想 がん化学療法後の好中球減少症からの回復を促進(2021月02年22日)
  • 細胞・遺伝子治療の市場規模、2023年には132億3000万米ドルに到達予想 バイオ製薬大手20社のうち16社がCGT製品をポートフォリオに追加(2021月02年22日)
  • がん臨床意思決定支援ツールの市場規模、2023年には4億7000万米ドルに到達予想 患者情報のプライバシー問題が今後の課題に(2021月02年19日)
  • 手のひら静脈スキャナーの市場規模、2025年には11億5000万米ドル達成見込み 商業部門での生体認証システム採用が市場を牽引(2021月02年19日)
  • UV硬化型コーティングの市場規模、2025年には114億米ドルに到達見込み グリーンコーティング人気が市場の成長を後押し(2021月02年19日)
  • バリアフィルムの市場規模、2025年には401億米ドルに到達予測 光や極端な温度変化による酸化劣化に課題(2021月02年19日)
  • 手荷物処理システムの市場規模、2025年に103億米ドル到達予測 搬送・仕分けセグメントが市場成長の要因に(2021月02年19日)
  • アダリムマブ、インフリキシマブ、エタネルセプトの市場規模、2023年に75億米ドルに到達予測 生物学的製剤の特許切れがバイオシミラー市場を牽引(2021月02年18日)
  • ビデオゲームソフトウェアの市場規模、2023年には2232億7710万米ドルに到達予想 クロスプラットフォームパブリッシングとプレイゲームが市場を牽引(2021月02年18日)
  • 自動注射器の市場規模、2025年には1049億米ドルに到達見込み 在宅ケアと遠隔モニタリングが市場成長を後押し(2021月02年18日)
  • 農業用噴霧器の市場規模、2025年に31億米ドル到達予測 精密農業技術の導入により市場は拡大(2021月02年18日)
  • ブラウザゲームの市場規模、2023年には92億8500万米ドルに到達予測 ロックダウン中の米国では、インターネットゲームのトラフィックが75%増加(2021月02年17日)
  • 抗ウイルス薬療法の市場規模、2023年には743億8590万米ドル到達予測 ウイルス性疾患の発生率の上昇、高齢者の急激な増加などが市場成長を牽引(2021月02年17日)
  • 船舶用エンジンの市場規模、2025年には137億米ドルに到達予測 国際海上貨物輸送の成長、海上観光の成長などが市場の成長を牽引(2021月02年17日)
  • 地上支援機材の市場規模、2025年には102億米ドル到達見込み 航空交通量の世界的増加が成長要因(2021月02年17日)
  • 衛星放送VSATおよびブロードバンドの市場規模、2029年に2170億米ドルに到達予測 衛星ネットワーク技術の導入により加速的な成長へ(2021月02年16日)
  • 薬物スクリーニングの市場規模、2025年には100億米ドルに到達予測 薬物乱用とアルコール消費の世界的増加が、市場の需要を牽引(2021月02年16日)
  • マイクロフルフィルメント、大規模な先行投資無しでECサービスの改善が可能に(2021月02年16日)
  • 成人発症スティル病治療薬トシリズマブ:IL-6Rに対するヒト化モノクローナル抗体(2021月02年16日)
  • 慢性自発性じんま疹治療薬UB-221:結合親和性はゾレア(Xolair)の8倍、効果的に遊離IgEを中和(2021月02年16日)
  • TNFアルファ阻害薬の市場規模、2023年に428億6000万米ドルへ到達予想 関節リウマチ、炎症性腸疾患など、炎症性疾患の症状を緩和(2021月02年15日)
  • 無機着色顔料の市場規模、2020年から2027年までCAGR3.0%で拡大予想 アジアやアフリカなどの新興地域では非住宅分野での需要が顕著(2021月02年15日)
  • 音楽ストリーミングの市場規模は2019年に209億米ドルに到達 2027年までCAGR17.8%で拡大予測(2021月02年15日)
  • タデキニグアルファ:成人型スティル病治療薬の治験薬 IL-18/IL-18BPのバランスを回復させ、炎症を抑制(2021月02年15日)
  • 乾癬性関節炎治療薬:2023年には98億7000万米ドルに到達予想 乾癬から関節炎への発症率は30%(2021月02年12日)
  • 細胞培養の市場規模、2025年には331億米ドルに到達予測 細胞培養をベースとしたワクチンの開発に大きな成長機会(2021月02年12日)
  • 自動車サイバーセキュリティの市場規模、2025年に40億米ドルへ到達予測 車両データ保護の義務化が市場を牽引(2021月02年12日)
  • レザファンギン:エキノカンジン系薬剤の一種で、抗真菌薬の中で最も安全なカンジダ症治療薬(2021月02年12日)
  • 顔認証の市場規模、2025年には85億米ドルに到達予想 監視に対する需要により市場の成長は牽引されるも、誤合致の可能性が大きな問題に(2021月02年10日)
  • ポリプロピレン触媒の市場規模、2025年には25億米ドルに到達見込み アジア太平洋地域などの新興市場の存在により市場は拡大(2021月02年10日)
  • 航空機装備品の電気化の市場規模、2025年には33億米ドル到達見込み 排出ガスと騒音公害の削減が市場の推進要因に(2021月02年09日)
  • 5Gチップセットの市場規模、2027年には672億米ドルに到達予測 セルラーIoT接続とモバイルデータトラフィックの増加が市場成長を後押し(2021月02年09日)
  • がん分子診断の市場規模、2023年に74億1000万米ドルに到達見込み ゲノミクスの先端技術により早期発見が可能に(2021月02年08日)
  • 電動トラック・バス市場、電池式電動パワートレインが台頭 水素燃料電池の採用も重要なポイントに(2021月02年08日)
  • LY3454738:慢性自然発症性じんま疹を含む免疫疾患を適応症とするCD200Rモノクローナル抗体アゴニスト(2021月02年08日)
  • 好中球減少症の生物学的薬物治療、2023年には133億4000万米ドルに到達予想(2021月02年05日)
  • レベルセンサーの市場規模、2025年には61億米ドルに到達予測 大手企業は、強力な通信プロトコルをレベルセンサー技術に採用(2021月02年05日)
  • 耐放射線硬化エレクトロニクスの市場規模、2026年には17億米ドルに成長見込み 放射線被曝に耐えられる電子システムへの需要が増加(2021月02年05日)
  • LIGELIZUMAB:慢性自発性じんま疹治療薬 IGHEに結合し、免疫調節剤として作用(2021月02年05日)
  • MELFLUFEN:Oncopeptidesが開発中の抗がん剤 メルファランを標的として送達するペプチダーゼ増強細胞傷害薬(2021月02年04日)
  • Eバイク、COVID-19の影響下で公共交通機関の代替手段に 安全性、利便性に加え手頃な価格により2021年は販売台数が急増見込み(2021月02年04日)
  • 耐火コーティングの市場規模、2025年に11億600万米ドルに到達見込み 火災安全対策などに向けた規制、基準の厳格化が市場成長を牽引(2021月02年04日)
  • KPL-716:慢性自発性じんま疹治療薬の治験薬 IL-31とOSMRβを標的とする完全ヒト型モノクローナル抗体(2021月02年04日)
  • 腐食防止コーティング:米国市場における腐食による損失は年5000億米ドル超 耐食性材料の使用で、損失は3分の1に削減(2021月02年03日)
  • 体外診断用医薬品の市場規模、2025年には960億米ドルに到達予測 市販の診断薬の使用により、通院回数削減の効果も(2021月02年03日)
  • ISATUXIMAB:多発性骨髄腫治療のためのモノクローナル抗体薬(2021月02年03日)
  • LUM001:1日1回の経口投与で胆汁性肝疾患に伴う重度のかゆみや進行性肝障害を緩和(2021月02年03日)
  • 癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み 一方で高額なコストが市場の成長を阻害(2021月02年02日)
  • ネットワークスライシング市場、セルラーネットワーク技術の進化により、データの高速化と低遅延化を実現(2021月02年02日)
  • PVDF膜の市場規模、2025年には9億2500万米ドルに到達予測 厳しい排出処理基準により、上下水処理産業向け需要が増加(2021月02年02日)
  • Ilaris:全身性若年性特発性関節炎および活動性スティル病治療薬の市場シナリオ予測(2021月02年02日)
  • 欧州の心血管インターベンショナルデバイス市場、COVID-19の影響を受けるも2022年には回復見込み 高解像度技術などにより、総検査回数の削減に貢献(2021月02年01日)
  • 欧州の心臓手術装置の市場規模、2026年には56億ユーロに拡大予想 TMVrやTAVIなどの低侵襲心臓弁治療が成長を牽引(2021月02年01日)
  • 欧州の婦人科用機器の市場規模、2019年から2020年には41%減少するも、2026年には2億8600万ユーロに拡大予想(2021月02年01日)
  • 欧州のビデオ内視鏡市場、COVID19パンデミックの影響下にも関わらず増加傾向 4Kテクノロジーへ技術への変換によって市場の成長は推進(2021月01年29日)
  • 心血管インターベンション治療装置市場、COVID-19の影響から回復し2027年には162億米ドルに到達予想(2021月01年29日)
  • ペースメーカーの市場規模、2025年には26億米ドルに到達見込み EUでの無鉛ペースメーカー機器採用の遅れが市場成長を抑制(2021月01年29日)
  • ハンドクリーム・ハンドローションの市場規模、2023年に66億9000万米ドル到達予測(2021月01年28日)
  • 食品認証の市場規模、2025年には62億米ドルに到達予測 不適合製品への罰則強化は企業に認証コンプライアンスへの投資を促す見込み(2021月01年28日)
  • プラスチック接着剤の市場規模、2025年には92億米ドルに到達予測 医療から家電まで幅広い用途により成長(2021月01年28日)
  • タンクレベル監視システム:化学プラント、パルプ・ペーパー、製鉄所など、プロセス産業の安全性と効率性を求め需要が増加(2021月01年28日)
  • IBREXAFUNGERP:カンジダ症治療薬 多剤耐性(MDR)種に対しても活性を示す(2021月01年28日)
  • FOSMANOGEPIX:広汎性抗真菌剤 生命を脅かす真菌感染症患者を対象に臨床試験を実施(2021月01年27日)
  • マイクロフルフィルメント市場、2026年までに2000台のMFCの設置が見込まれる 今後6年間で100億米ドル相当の累積機会も(2021月01年26日)
  • AGV・AMRの市場規模、2026年までに140億米ドルに迫る勢い データプラットフォームやリモートセンシングなど新しい用途も(2021月01年26日)
  • RNA解析・トランスクリプトミクス市場:個別化医療の需要の高まりが牽引要因に(2021月01年26日)
  • 動物医薬市場、ペット飼育率の上昇、食肉の消費量の増加、ワクチン接種の義務化などにより需要が拡大(2021月01年26日)
  • ELOTUZUMAB:ALアミロイドーシスの治験薬 再発多発性骨髄腫に使用(2021月01年26日)
  • EVOMELA:ALアミロイドーシスの治験薬 多発性骨髄腫、卵巣がん、メラノーマなどの治療に使用(2021月01年26日)
  • FENEBRUTINIB:慢性自発性じんま疹治療薬 自己免疫疾患に見られるB細胞の増殖を阻害(2021月01年26日)
  • LiDAR市場、2025年に総収益29億米ドル到達予測、ADAS・自律走行車、産業オートメーションなど多用途に利用(2021月01年25日)
  • DTPワクチンの市場規模、2023年には48億米ドルに到達予想 企業は複数回の接種を減らすDTP混合ワクチン製造に投資(2021月01年25日)
  • 鉱山機械:先進国から発展途上国への中古鉱山機械の低価格輸出が、新規機械販売の今後の課題に(2021月01年25日)
  • DUR-928:アルコール性肝炎治療薬、DNA配列はそのままで遺伝子の活性をエピジェネティックに変化(2021月01年25日)
  • DUPILUMAB:新たな慢性自発性じんま疹治療薬(2021月01年25日)
  • がんワクチンの市場規模、2023年には76億1000万米ドルに到達見込み がん罹患率の上昇が市場の需要を押し上げる(2021月01年22日)
  • 自動車用DC-DCコンバーターの市場規模、使用されるシステムの電力要件に基づいて、付属バッテリーからの電圧レベルを増減(2021月01年22日)
  • 天然着色料・香料の市場規模、2025年には68億米ドル到達予測 消費者の約75%がクリーンラベル導入による製品の高価格化を容認(2021月01年22日)
  • タラツムマブ:骨髄腫細胞に高発現する細胞表面糖タンパク質、CD38に対する標的治療薬(2021月01年22日)
  • がん治療用モノクローナル抗体市場、先端技術開発の高コストが市場成長を抑制(2021月01年21日)
  • 乳がん向けモノクローナル抗体の市場規模、2023年に164億5000万米ドル到達予想(2021月01年21日)
  • 生体認証システム市場、監視やセキュリティでのニーズの高まりや自動車用途での採用急増が市場の成長を後押し(2021月01年21日)
  • 紫外線安定剤市場:自動車用プラスチックやコーティング用途での使用が市場の成長を促進(2021月01年21日)
  • CAEL-101、アミロイド軽鎖アミロイドーシスを対象に第3相臨床試験が進行中(2021月01年21日)
  • 関節炎モノクローナル抗体の市場規模、2023年には560億5000万米ドルに到達予想 関節炎の有病率の増加と個別化医療の需要が市場を牽引(2021月01年20日)
  • パーソナルケア原料の市場規模、2025年には139億米ドルに到達予測 発展途上国を中心とした消費者のライフスタイルの変化が推進要因に(2021月01年20日)
  • 建設機械市場、COVID-19パンデミック後の医療施設、研究所、海運・物流など、インフラ需要に期待(2021月01年20日)
  • アナキンラ (ANAKINRA) 市場:成人特有のスティル病を対象とした新薬の出現により大きな影響を受ける見込み(2021月01年20日)
  • BENRALIZUMAB:重度の好酸球性喘息の維持療法として承認 慢性自発性じんま疹にも有用性(2021月01年20日)
  • 創薬向けAIの市場規模、2023年には11億米ドル到達見込み 創薬プロセスの時間短縮への需要が、AIの成長を推進(2021月01年18日)
  • 血管グラフトの市場規模、2023年には32億7000万米ドルに到達予想 高額な治療費と合併症などのリスクが市場の成長を抑制(2021月01年18日)
  • 非破壊試験・非破壊検査の市場規模、2025年には117億米ドルに到達見込み IoTデバイスでの採用が市場の発展を後押し(2021月01年18日)
  • 医薬品包装機器の市場、低コストの製造施設を持つ中南米やアジア太平洋地域の存在が市場の成長要因に(2021月01年18日)
  • A4250:胆道閉鎖症、アラジール症候群など小児の胆汁性肝疾患の治療目的に開発中(2021月01年18日)
  • 研究用抗体・試薬市場、2023年には131億9000万米ドルに到達見込み 再現性の難しさが市場の成長を抑制(2021月01年15日)
  • タンパク質ラベリング市場、プロテオミクスおよびゲノミクス研究への支出増加が市場の成長を牽引(2021月01年15日)
  • 光電センサー市場、製造現場の生産ラインや組立ラインへの採用で生産効率が飛躍的に向上(2021月01年15日)
  • 金属基複合材の市場規模、2025年には7億8700万米ドルに到達見込み 高い性能が要求される航空宇宙システムへの応用も確立(2021月01年15日)
  • ポリマー系バイオマテリアルの市場規模、2023年には744億1000万米ドルに到達見込み 再生医療や組織工学用途の増加が市場を牽引(2021月01年14日)
  • UHT処理の市場規模は、2025年には67億米ドルに到達予測 保存期間の延長が求められる液状・半液状の飲食料品の処理方法として有効(2021月01年14日)
  • 食品酸化防止剤の市場規模、2025年には18億米ドルに到達見込み 天然由来の酸化防止剤へのニーズが高まる(2021月01年14日)
  • 医薬品添加剤の市場規模、2023年には76億7000万米ドルに到達予想 安全性や品質に関する懸念が市場の成長を制限(2021月01年13日)
  • デジタル糖尿病管理市場、糖尿病の有病率増加により拡大、2023年には121億3000万米ドルに達する見込み(2021月01年13日)
  • チェックポイント阻害剤の市場規模、2023年には297億7000万米ドルに到達予想 がん治療の高コストが市場の成長を制限(2021月01年13日)
  • 電気モーター市場:中国やインドを中心とした産業・商業部門の成長によるHVACシステムの需要増加が市場の成長を牽引(2021月01年13日)
  • 炭素回収・有効利用・貯留の市場規模、2025年には35億米ドルに到達見込み 導入にかかる高コストが市場の抑制要因(2021月01年13日)
  • アルツハイマー病治療の市場規模、2023年には49億6000万米ドルに到達予想 北米地域が最大市場(2021月01年12日)
  • バイオシミラーモノクローナル抗体市場、2023年には79億3000万米ドル規模に成長見込み 承認に課せられる厳しい規制が市場成長の妨げに(2021月01年12日)
  • 解剖病理学装置・消耗品の市場、発展途上国における熟練労働者不足が市場の成長を制限(2021月01年12日)
  • ワイヤレスEV充電の市場規模、2030年には27億米ドル到達へ PHEVの電気駆動率向上の可能性も(2021月01年08日)
  • Wi-Fi 6の登場により、高速ダウンロード、バッテリー寿命延長、セキュリティ向上など技術面のアップグレード実現へ(2021月01年08日)
  • 不揮発性メモリの市場規模、2025年に836億米ドル到達予測 高速・低消費電力・高拡張性へのニーズが開発を後押し(2021月01年08日)
  • 軟質プラスチック包装の市場規模、2025年には2005億米ドルに到達予測 製品の保存期間延長による廃棄物の削減にも貢献(2021月01年08日)
  • テリパラチド:閉経後の女性など骨粗鬆症の治療に使用(2021月01年08日)
  • ペグフィルグラスチム:発熱性好中球減少症などの感染症の発症率低下に貢献(2021月01年07日)
  • フォリトロピンアルファ(Follitropin alfa):ベンフォラやプリマプールなど、女性の不妊症の治療に利用(2021月01年07日)
  • エタネルセプト:関節リウマチ、強直性脊椎炎のほか、若年性特発性多発関節炎などの炎症性疾患の治療に適応(2021月01年07日)
  • エポエチンアルファ:組換えDNA技術により製造された赤血球産生刺激性糖タンパク質(2021月01年07日)
  • CAR-T細胞治療 2017年に治療薬が承認されて以来、10億米ドル規模の市場に成長(2021月01年07日)
  • 徐放性コーティング、2019年に5億6251万米ドルの市場規模に到達 マイクロカプセル製品用途が市場の成長を牽引(2021月01年06日)
  • 管状膜の市場規模、2025年には22億4000万米ドルを突破見込み 各産業からの廃水排出のための実装に需要(2021月01年06日)
  • レゾルシノールの市場規模、2025年までに10億米ドル到達予測 用途別で最大シェアを占めるゴム製品の優位性は今後も続く見通し(2021月01年06日)
  • プラスチックリサイクル市場:ポリエチレンが最大シェアリサイクルプロセスの容易さとコスト効率の高さが要因(2021月01年06日)
  • ダルベポエチンアルファ:内因性エリスロポエチンと同じメカニズムで赤血球生成を刺激(2021月01年06日)
  • 次世代シーケンシングの市場規模、2019年に82億675万米ドル到達 NGSプラットフォームの価格低下が市場の成長を後押し(2021月01年05日)
  • 末梢血単核細胞の市場規模、2019年に1億7229万米ドル到達 免疫学、ワクチン開発などの研究にも利用(2021月01年05日)
  • コラボレーティブホワイトボードソフトウェア、注釈と編集の容易さ、任意デバイスへのコンテンツ共有機能が市場の成長を促進見込み(2020月12年28日)
  • フィンテック市場:銀行や企業はソリューションに高額投資、低コストでパーソナライズされた製品に顧客の期待が高まる(2020月12年28日)
  • 新生児・出生前医療、2019年の市場規模は67億米ドル 医療分野における急速な技術革新が市場の成長を後押し(2020月12年28日)
  • 病院管理ソフトウェアの市場規模、2019年に250億米ドル達成 癌、糖尿病、腎臓病などの慢性疾患の増加が市場の成長を後押し(2020月12年28日)
  • トラスツズマブバイオシミラーの市場規模、2023年には31億2000万米ドルに到達予測 HER2過剰発現乳がんや転移性胃がんの治療に有効(2020月12年28日)
  • バイオ医療用冷蔵・冷凍庫市場、製品別ではプラスマフェレーシスの高い使用頻度から、プラズマ冷凍庫が最大の市場シェアを占める可能性も(2020月12年25日)
  • オリゴヌクレオチド療法の市場規模、2023年には12億5000万米ドルに到達見込み 製造基準の厳しさからFDAによる承認数の少なさが市場の成長を抑制(2020月12年25日)
  • 幹細胞治療の市場規模、2023年には147億6000万米ドルに到達予想 慢性疾患の有病率の上昇が市場の成長を牽引(2020月12年25日)
  • 遺伝子治療におけるアデノ随伴ウイルス(AAV)ベクター市場、疾患に対する認識の高まりと医療費の増加により成長(2020月12年25日)
  • 生体工学による代用皮膚市場:慢性的な創傷の発生率の増加、および火傷による症例の増加が市場の成長を促進(2020月12年25日)
  • 診断用酵素:優れた生体触媒作用を有する反面、温度およびpHレベルに対する感度の高さが診断に悪影響も(2020月12年24日)
  • マイクロバイオーム市場:潰瘍性大腸炎やクローン病など、炎症性腸疾患の有病率の増加により市場は拡大(2020月12年24日)
  • 遺伝子治療市場、2023年には68億4000万米ドルに到達予想 機械学習やAIの活用による正確な評価に期待(2020月12年24日)
  • HER2阻害剤の市場規模、2023年には82億9000万米ドルに到達見込み トラスツズマブは、全身性がん治療の中で最も高額(2020月12年24日)
  • 免許不要1.9GHz帯のsXGP LTEインフラに1億5000万米ドルのビジネスチャンス(2020月12年23日)
  • 二重特異性モノクローナル抗体:癌の進行阻害に高い効果 2つ以上の腫瘍抗原が標的可能に(2020月12年23日)
  • 細胞療法の市場規模、2023年には年100億米ドルに回復予測 細胞療法の高額な費用が市場の成長を抑制(2020月12年23日)
  • 細胞培養の市場規模、2023年には235億5000万米ドルに成長予想 参入企業による3D細胞培養用の製品開発に注目(2020月12年23日)
  • バイオシミラー成長ホルモン市場、2023年に6億9000万米ドル到達予想 組換えDNA技術を用いた開発は、新たなトレンドに(2020月12年23日)
  • スマートエネルギーコミュニティの発展 : 分散型エネルギー資源(DER)の増加、環境規制の強化などにより、グリッドの組織化を実現(2020月12年23日)
  • アンチセンスおよびRNAi治療薬の市場規模、2023年には14億4000万米ドル到達予想 変異遺伝子を修復することで様々な神経変性疾患の治療に利用(2020月12年22日)
  • スマートグリッドおよびユーティリティ向けネットワーク:スマートメータリングや、予知保全アプリケーション用に、低電力広帯域(LPWA)の利用が広がる(2020月12年22日)
  • AIと機械学習の研究開発に向け、国土安全保障、公安、国家安全保障でさらなる研究開発進む(2020月12年22日)
  • トリコモナス症:2017年の市場規模は3080万米ドル 米国で最も一般的な性感染症の一つで、男性よりも女性が多く罹患(2020月12年22日)
  • 迷走神経刺激装置、外科的移植の高コストが市場成長を制限する可能性も(2020月12年22日)
  • 太陽光発電市場規模2025年には1131億ドルに到達予測 牽引要因は政府の支援政策、抑制要因は専門スキルを持つ人材不足 インドや中国では土地の確保に課題あり(2020月12年18日)
  • 二次電池電力貯蔵システム市場規模2025年には121億ドルに到達予測 スマートグリッドの実用化や公共事業が成長を促進 製造拠点である中国への過度な依存が課題(2020月12年18日)
  • マイクログリッド制御:制御プラットフォームは進化によりクラウドへのシフトが進む(2020月12年18日)
  • タリモジェンラヘルパレプベック(イムリジック): FDA承認の初の腫瘍溶解性ウイルス療法(2020月12年18日)
  • 手掌多汗症市場規模:2017年に米国で2億4610万米ドルに到達 18歳以上の発症が最多(2020月12年18日)
  • PFO閉鎖装置:経皮的経カテーテル閉鎖への需要が市場の成長を牽引(2020月12年18日)
  • 新興医薬品RT 100:慢性心不全で引き起こされる心臓のリモデリングを阻止 米国食品医薬品局によるファストトラック指定も(2020月12年18日)
  • 閉塞性睡眠時無呼吸:標準治療CPAPを受けた患者の約10%は日中に過度の眠気を経験(2020月12年17日)
  • 植込み型心臓モニター:耐久性のある高レベル電池により、2年から3年の連続計測が可能に(2020月12年17日)
  • ホルターモニター:心血管疾患の有病率の上昇により、強化されたモニタリング機器への需要が急増(2020月12年17日)
  • オンバンサーティブとアビラテロン:転移性去勢抵抗性前立腺がんの成人患者を対象とした第II相試験において、前立腺特異抗原値の低下を確認(2020月12年17日)
  • HC-1119:後期前立腺がんの治療薬として開発、広範な研究と医療費の増加により大きく進展(2020月12年17日)
  • 角膜内皮ジストロフィー:主要7地域における市場規模、2017年に575万米ドル到達 米国が最大市場に(2020月12年16日)
  • エネルギーベース美容機器:非侵襲な美容治療に対する需要が市場を牽引 一方、適切な払い戻し制度の欠如は市場成長の妨げに(2020月12年16日)
  • 除細動器市場:携帯タイプの自動型、植込み型、ウェアラブルなど、主力メーカーによる新たな市場の開拓進む(2020月12年16日)
  • 持続的腎代替療法(CRRT)、急性腎障害患者への腎サポートに使用 継続のための高コスト、治療に伴う合併症、専門家の不足などが市場の成長を抑制(2020月12年16日)
  • 外反母趾市場:認知度の上昇および医療費の増加が市場の成長を牽引 大手製薬会社による治療薬の開発が進む(2020月12年16日)
  • カンジダ血症:4番目に多い院内血流感染症、新たな抗感染症治療薬の開発環境の整備により市場は拡大(2020月12年15日)
  • アルコール性肝炎市場: 米国が最大規模、アルコール摂取の完全な状況把握には長い聴取が必要(2020月12年15日)
  • 筋萎縮性側索硬化症:診断には、筋電図検査、神経伝導検査、磁気共鳴画像検査を利用(2020月12年15日)
  • 胆管ステント:胆道疾患の有病率増加が市場の成長を牽引、低侵襲なプラスチックステントに対する需要が増加(2020月12年15日)
  • 腫瘍向け自動調合装置:医薬品調合ミスを減らすニーズの高まりにより市場は成長、投与コストの削減や汚染リスクの排除が主な利点(2020月12年15日)
  • ALアミロイドーシス:早期診断と治療により死亡率が減少 アミロイド含有組織の質量分析に基づく診断は、現時点での最良のアプローチ(2020月12年14日)
  • 急性呼吸窮迫症候群:依然として高い死亡率、病態生理の理解は進むも薬理学的治療法は限られる(2020月12年14日)
  • 先進創傷ケア:メーカーは従来の創傷ケア製品の代替品として効率的かつ迅速な治癒力を持つ製品の開発に尽力(2020月12年14日)
  • 177-LUTETIUM-PSMA-617:医療費の増加により今後数年で市場規模は拡大予測、多くの医薬品メーカーの参入に期待(2020月12年14日)
  • 無人航空機の市場規模、2025年には219億1000万米ドルに到達予測 多くのドローン製造企業の存在により、北米地域が51%のシェアを確保(2020月12年14日)
  • 欧州の輸液療法装置市場、輸液ポンプの需要が拡大(2020月12年11日)
  • 空間的ゲノミクス・トランスクリプトミクス市場、2020年から2030年にCAGR23.2%で成長予測 最先端の研究機関の存在から北米地域が最大のシェアを支配(2020月12年11日)
  • CAR-T細胞療法市場、2020年から2030年にCAGR 44.79%で成長予測 化学療法や放射線治療に反応しない難治性の癌症例への開発で需要拡大(2020月12年11日)
  • エネルギー管理システムの市場規模、2025年には301億5000万米ドルに到達見込み スマートグリッドの進化、政府による有利な政策などが市場を牽引(2020月12年11日)
  • 歯科矯正の市場規模、2021年から2030年のCAGR は6.17%で成長予測 不正咬合の有病率の上昇、高度な製品の出現などが市場の成長を牽引(2020月12年11日)
  • 再生医療の市場規模は大きく成長、北米が最大のマーケットになる見通し(2020月12年10日)
  • 接着防止剤の市場規模2025年に7億6900万ドルに到達予測、成長率は徐々に回復傾向(2020月12年10日)
  • マイクロインバーターの市場規模、2025年までの年平均成長率は20.8%の見込み(2020月12年10日)
  • 抗菌プラスチックの市場規模、2025年には598億米ドルに到達見込み COVID-19の影響で、病院ベッドや人工呼吸器向けの需要が拡大(2020月12年10日)
  • 腹腔鏡デバイスの市場規模、2026年には156億米ドルに到達予想 ロボット支援手術の台頭が成長の抑制要因に(2020月12年10日)
  • オフハイウェイ車、テレマティクス技術により安全な通信・データ転送チャネルが実現(2020月12年10日)
  • 3Dホログラフィックディスプレイおよびサービスの市場、ドライバーの視点が固定される車載ヘッドアップディスプレイが事故の潜在リスクを低減(2020月12年10日)
  • 電力レンタルの市場規模、2025年には117億米ドルに成長見込み 排出ガスや騒音の規制により、発電機セットのコスト上昇に今後の課題も(2020月12年09日)
  • 在宅医療市場規模、2025年には2747億ドルに到達予測 不必要な訪問、入院などのコストを削減しながら、医療へのアクセスの向上に貢献(2020月12年09日)
  • デジタル決済の市場規模は、2025年には1541億米ドルに到達予測 パンデミックの影響により、非接触型およびウォレット決済の採用が加速(2020月12年09日)
  • ポストCOVID 19のマネーロンダリング対策市場 規制環境の拡大とコンプライアンス違反への罰金が市場の成長を後押し(2020月12年09日)
  • 磁気センサーの市場規模、2025年には62億米ドルに拡大見込み メーカー間の激しい競争による価格の下落が課題に(2020月12年09日)
  • 医薬品原薬の市場規模2025年には2,483億ドルに到達予測、COVID-19による医薬品研究開発の強化、慢性疾患患者の増加により成長、新興バイオシミラー市場に(2020月12年08日)
  • 医薬品ゼラチンの市場規模2025年には12億ドルに到達予測、成長要因は汎用性の高さと慢性疾患の増加、抑制要因は菜食主義傾向の高まり(2020月12年08日)
  • コンタクトレンズ市場規模2025年には102億ドルに到達予測 牽引要因は近視の増加、抑制要因は眼科医不足 アジア太平洋地域に伸びしろあり(2020月12年08日)
  • 薄ウェーハ市場eラーニング増加で注目が高まる、中国のIC産業の採用に期待(2020月12年08日)
  • 業務用送風機および空気清浄機市場、2023年には約854億9330万ドル到達予測 高額な導入コストとメンテナンスコストが市場の成長を抑制(2020月12年08日)
  • 動物用医薬品の市場規模、2023年には546億9000万米ドル到達見込み 抗生物質耐性の脅威に取り組むための動物用抗生物質利用の禁止が抑制要因に(2020月12年08日)
  • モーションコントロールの市場規模、2025年には165億米ドルに到達予測 機械の交換やメンテナンスの高コストが今後の課題に(2020月12年08日)
  • 宇宙推進の市場規模、2020年の67億米ドルから2025年には142億米ドルに到達予測 急速に進化する商業宇宙産業のための規制は、今後の課題に(2020月12年08日)
  • ウェアラブル血圧計市場、2023年には約13億5640万米ドルに成長予測 ワイヤレス・ウェアラブル技術の採用が市場を牽引(2020月12年07日)
  • パルスオキシメータ・スピロメータの市場規模、2023年には39億3900万米ドルに成長予測 規制当局による医療機器承認の厳しさが市場の抑制要因(2020月12年07日)
  • がん治療薬の市場規模、2023年には2845億ドルへと微増予想 高齢者人口の増加や血液・腫瘍(がん)治療薬の承認数の増加により市場の需要が拡大(2020月12年07日)
  • CRISPR技術の市場規模、2023年には25億6980万米ドルに拡大予測 血友病やタラセミアなどの遺伝性疾患の有病率の増加から遺伝子治療への注目が高まる(2020月12年07日)
  • 水性ポリウレタンの市場規模、2025年には21億米ドル到達見込み 原料となる原油価格の影響の受けやすさが市場の抑制要因に(2020月12年07日)
  • COVID-19迅速検査キットの市場規模、2023年には13億6730万米ドルに縮小予測 ワクチン接種の終了により2024年以降は市場が停止(2020月12年04日)
  • 空気清浄機市場、2023年には23億5080万米ドルまで成長予測 大気汚染の増加と健康意識の高まりが、市場の需要を牽引(2020月12年04日)
  • 獣医用使い捨て用品の市場規模、2023年には3億6000万米ドルに到達見込み 発展途上国における獣医師の不足は、市場の成長を抑制(2020月12年04日)
  • コミュニティがんサービスの市場規模、2023年には703億8000万米ドルに縮小予測 他の医療機関の保険金請求手続きの容易さが、市場の抑制要因に(2020月12年04日)
  • 世界発電所ボイラー市場規模2025年には228億ドルに到達予測 アジア太平洋地域での電力需要の増加と、技術発展による老朽ボイラーのアップグレードが成長のカギ(2020月12年04日)
  • 価値に基づく医療支払の市場規模、2023年には30億3000万米ドルに到達予測 サービスの利用により、医療のコスト曲線と不必要な健康支出は5.6%の削減も(2020月12年03日)
  • 保険者サービスの市場規模、2023年には1346億5000万米ドルに成長予測 医療詐欺の増加で、セキュリティシステムの需要が増加(2020月12年03日)
  • 収益サイクル管理ソフトウェアの市場規模は、2023年には950億2000万米ドルに到達予測 主要企業によるAI戦略が、意思決定の迅速化と運用コスト削減に貢献(2020月12年03日)
  • 呼吸装置・機器 (診断) 市場規模、2023年には73億7000万米ドルに到達見込み 喘息やCOPDの増加により市場の成長が加速(2020月12年03日)
  • コンパニオンアニマル用ワクチンの市場規模、2023年には32億2000万米ドルに到達予測 米国では67%相当の8490万世帯がペットを飼育(2020月12年03日)
  • 放射線治療装置の市場規模、2023年には69億4000万米ドルに成長予測 AI利用による正確な分析やスピードの向上に期待(2020月12年02日)
  • 獣医用画像装置の市場規模、2023年には19億9000万米ドルに到達見込み 企業はポータブルまたはワイヤレスデバイスの発売に注力(2020月12年02日)
  • 心臓血管医療用レーザーの市場規模、2023年には2億8277万米ドルに到達予想 代替治療法の世界的普及が、市場の需要の抑制要因に(2020月12年02日)
  • オンコロジーデバイスの市場規模、2023年には1486億米ドルに到達予想 発展途上国の一人当たりの医療費の低さが市場成長を抑制(2020月12年02日)
  • 婦人科用レーザーの市場規模、2023年までCAGR30.21%で成長し4億2415万米ドル到達見込み 炭酸ガスレーザーによる処置が最も一般的(2020月12年02日)
  • 腫瘍アブレーション治療装置の市場規模、2023年には7億2835万米ドルに到達見込み 化学療法や放射線治療で成果が得られなかった患者に有効(2020月12年01日)
  • リポソーム薬物送達デバイスの市場規模、2023年には44億3000万米ドルに到達予想 がん罹患率の上昇が、市場の需要を押し上げる(2020月12年01日)
  • IVF (体外受精) サービスの市場規模、2023年には181億7000万米ドルに到達見込み 新技術PRPは、着床に難のある患者の体外受精の成功率を向上(2020月12年01日)
  • 皮膚科用レーザーの市場規模、2023年には42億米ドルに到達見込み 美容整形の需要の高まりが市場の成長を牽引(2020月12年01日)
  • 腫瘍塞栓用デバイスの市場規模、2023年には18億2000万米ドルに到達予想 腫瘍の原因となる血管を遮断する生体吸収性マイクロスフィアの登場に期待も(2020月12年01日)
  • 埋込み型輸液ポンプの市場規模、2023年には169億8000万米ドルに到達予想 MR領域での使用に関連して、その副作用が市場の成長の抑制要因に(2020月11年30日)
  • 臨床腫瘍次世代シーケンシングの市場規模、2023年には6608億7000万米ドル到達予想 企業はサンプル精度向上のためワークフロー自動化に増資(2020月11年30日)
  • 出生前検査・新生児スクリーニングの市場規模、 2023年には60億4000万米ドルに到達予想 発展途上国の医療アクセスの悪さが市場の成長を抑制(2020月11年30日)
  • 携帯型IV輸液ポンプの市場規模、2020年には4850万米ドル到達見込み COVID-19の治療のため静脈内輸液ポンプの需要が増加(2020月11年30日)
  • 冠動脈粥腫切除機器の市場規模、2023年にはCAGR6.92%で2億1185万米ドルに回復予測 政府の厳しい規制が市場の成長を妨げる可能性も(2020月11年30日)
  • マンガン市場、EV市場の普及とともにリチウムイオン電池からの需要が今後10年間で倍増予測(2020月11年27日)
  • RF GaNの市場規模、2025年には20億米ドル超に到達予測 2020年のRF GaN特許の出願者は、中国組織が40%を支配(2020月11年27日)
  • ホモシスチン尿症、2030年にかけて増加予測 米国が最も高い有病率(2020月11年27日)
  • 先進バルーンカテーテル市場規模、2019年に25億2390万米ドル到達、心血管疾患などの有病率の増加、低侵襲手術への需要などが市場の牽引要因に(2020月11年27日)
  • デジタル手術技術の市場規模、2030年に51億1050万米ドルに到達見込み 2020年から2030年はCAGR32.1%で成長予測(2020月11年27日)
  • ディープフェイク対策・フェイクニュース対策: 新時代の情報戦に政府機関は多額の投資 一部デジタルフォレンジックの利用も(2020月11年26日)
  • てんかん、診断には病歴や家族歴、発作の記録などが必須に 最大市場は米国(2020月11年26日)
  • 月経困難症:喫煙、アルコール摂取、過体重または肥満、性的虐待、低体格指数などの危険因子がリスクを増大(2020月11年26日)
  • ジェンダーディスフォリアの有病率、2017年には3万7241人に到達 米国が最大の市場規模を占める(2020月11年26日)
  • 5G固定無線アクセスの市場規模、2020年の5億300万米ドルから2026年には866億6900万米ドルに到達、CAGR135.9%で成長予測(2020月11年25日)
  • 自動車用スマートディスプレイの市場規模、2025年には109億米ドルに到達予測 インフォテインメントシステムとスマートフォンの同期により市場の成長を牽引(2020月11年25日)
  • 慢性肝不全の急性増悪(ACLF)市場:疾患に対する意識の高まり、および世界的な医療費の増加が市場を拡大(2020月11年25日)
  • ビデオゲームの市場規模、2025年には2724億米ドルに到達予測 プラットフォームとゲーム配信技術の可用性が市場の牽引要因に(2020月11年25日)
  • 腋窩多汗症:2017年に診断された304万8732例のうち、93%が原発性多汗症 不安やストレスなど様々な原因により悪化する可能性も(2020月11年25日)
  • シングルユースバイオリアクター(SUB)の市場規模、2025年には39億米ドル到達予測 シングルユース技術は、バイオ医薬品の製造ワークフローに必須の存在に(2020月11年24日)
  • ガラス繊維の市場規模、2025年には143億米ドルに到達予測 自動車業界ではアルミやスチールの代用品として、軽量化された自動車の製造に広く使用(2020月11年24日)
  • EdTechおよびスマートクラスルームの市場規模、2025年には1813億米ドル到達予測 モバイルデバイスの普及により市場の成長を後押し(2020月11年24日)
  • 眼科医療機器の市場規模、2025年には633億米ドル到達予測 デバイスの高コストが市場の成長を抑制(2020月11年24日)
  • ワクチン技術の市場規模は2025年には578億米ドル到達予測 2020年から2025年はCAGR6.3%で成長が推測される(2020月11年24日)
  • 耐火物の市場規模、2025年に274億米ドル到達予測 2030年までの建設市場は、中国、インド、米国の3カ国が世界の成長率の57%を支配か(2020月11年20日)
  • CNG、RNG、水素タンクの市場規模、2025年には27億米ドルに到達予測 CNG車やインフラに対する税制優遇措置の強化が市場の成長を牽引(2020月11年20日)
  • インテリジェント流量計の市場規模、2025年には31億米ドルに到達予測 液体・ガスの流量の監視だけでなく、異常時のフィードバックも可能に(2020月11年20日)
  • ギヤードモーター・産業用ギア市場、COVID-19パンデミックの影響で2020年はマイナス予測も、2022年には2019年を超える生産レベルに回復見込み(2020月11年20日)
  • 欧州の歯科材料の市場規模、2026年には11億ユーロに到達予測 COVID19の影響から復活し、今後2年以内のV字回復に期待(2020月11年20日)
  • 動力農業機械の市場規模、2025年に700億300万米ドルに成長予測 人口や可処分所得の増加により、アジア太平洋・日本地域の販売量が最大を記録(2020月11年20日)
  • LEDビデオウォール市場、2020年から2024年にCAGR16%で成長予測 屋内ファインピッチディスプレイは市場の最大促進要因に(2020月11年19日)
  • コバルト:サプライチェーンの複雑さが大きな価格変動をもたらす コンゴ民主共和国と中国に集中した採掘・精製が供給リスクに(2020月11年19日)
  • 黒鉛価格は高止まり状態 需給ともにCovid-19パンデミックの影響下にあるも、電池需要は回復傾向(2020月11年19日)
  • 経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)の市場規模、2020年は24億2400万米ドルに 低リスクの患者のTAVRへのシフトが進む(2020月11年19日)
  • インターベンショナルカーディオロジー市場:心血管疾患(CVD)により毎年400万人超が死亡、欧州では全死亡者数の約45%を占める(2020月11年19日)
  • プレフィルドシリンジの市場規模、2025 年に86 億米ドルに到達予測 生活習慣病の有病率の増加や、自己注射器の需要増加などにより市場は成長(2020月11年18日)
  • グルテンフリー製品の市場規模、2025年には83億米ドルに到達予測 セリアック病や食物アレルギーの認知度の向上と診断の増加により市場は成長(2020月11年18日)
  • スマートシティの市場規模、2025年には8207億米ドルに到達予測 スマート交通分野が最大の市場規模を占め成長(2020月11年18日)
  • 鉄道用電池の市場規模、2030年には2億5500万米ドルに到達予測 中国は1250億米ドル投資で、主要都市の80%をカバーする3万キロの高速ネットワークを計画(2020月11年18日)
  • ハイブリッドトレイン市場、2020年の4904台から2030年には8389台に到達予測 ディーゼル列車からハイブリッド列車へのシフトで燃料費を50%削減(2020月11年18日)
  • フリーズドライの市場規模、2025年には73億米ドルに到達予測 高コストに対抗した代替的な乾燥技術の開発が市場の制約要因(2020月11年17日)
  • 振動センサーの市場規模、2025年には30億米ドルに到達予測 最大シェアの圧電型加速度センサーが市場を支配(2020月11年17日)
  • 電気オフハイウェイ車両市場:COVID-19の影響で開発投資削減も、排出ガス規制、最終用途部門の回復など、2020年以降の市場成長に期待(2020月11年17日)
  • 位置センサーの市場規模、2025年には73億米ドルに到達予測 位置磁石、検出ロッド、LEDなど、多数のコンポーネントを使用する高い所有コストが抑制要因(2020月11年17日)
  • インビトロ毒性試験の市場規模、2020年の91億米ドルから2025年までに149億米ドルに到達予測、動物実験への反対が主要な促進要因に(2020月11年17日)
  • 電子部品製造向け湿式化学品の市場規模、2025年に39億米ドルに到達予測 半導体や集積化チップ使用の増加が市場成長を牽引(2020月11年16日)
  • 抗菌粉体塗料の市場規模、2025年には27億米ドルに到達予測 医療・ヘルスケア業界ではCOVID-19対策として仮設および既存医療施設での塗布も(2020月11年16日)
  • マイクロカプセル化の市場規模、2025年には155億米ドルに到達予測 研究開発資源の高コストが、市場成長の抑制要因に(2020月11年16日)
  • ポリウレタンフォームの市場規模、2025年には543億米ドルに到達予測 建物の断熱材用途での使用は市場の大きな原動力に(2020月11年16日)
  • ジオマーケティングの市場規模、2025年に325億米ドルに到達予測 個人情報盗難のリスク回避のため、位置情報データの使用、処理、保持に関する取り決めが必要(2020月11年16日)
  • 農業機械の市場規模、2025年に1130億米ドルに到達予測 水、種子、肥料、農機具など、資源の効率的な利用を促進する精密農業により収量と品質が向上(2020月11年13日)
  • 旅客搭乗橋の市場規模、2025年には4億8900万米ドルに到達予測 乗客増加による大型航空機の需要や、インフラへの支出増加が牽引要因(2020月11年13日)
  • スーパーソルジャーウェアラブル技術市場:2020年から2025年に成長加速か 通信関連強化の軍需用から無線パックの市場拡大(2020月11年13日)
  • 集団シーケンシングの市場規模、2030年には640億4760万米ドルに到達予測 ハイスループットシーケンスやポリメラーゼ連鎖反応などの開発にも注力(2020月11年13日)
  • 量子コンピューティング:データ処理能力と速度の大幅な向上に政府機関、企業、ベンダーが注目も、既存の技術や運用インフラへの統合に課題も(2020月11年12日)
  • カモフラージュ塗料市場、視覚的検出の回避を目指す軍用目的に高い需要(2020月11年12日)
  • 加熱ファブリックの市場規模、2025年には10億米ドル到達予測 エレクトロニクスの小型化に伴い機能が向上(2020月11年12日)
  • 2020年から2025年までの協働ロボット市場、CAGR30.37%で成長予測 ドイツの自動車分野での展開により、2020年は欧州が推定47%のシェア(2020月11年12日)
  • NVMeの市場規模、2025年に1153億5000万米ドル到達予測 2021年は健全な成長率によるCOVID-19からの回復に期待(2020月11年12日)
  • ニューロモーフィックコンピューティング市場:今後、5年で商用利用の観点から指数関数的に成長、エッジIoTデバイス市場に大きな影響も(2020月11年11日)
  • EOデータとその派生製品の売上高、2029年までに年間81億米ドルに到達予測 非画像データタイプのコンステレーションによる新規ビジネスモデル促進に期待(2020月11年11日)
  • ユーバイオティクスの市場規模、2025年には77億4000万米ドルに到達予測 家畜の病気の増加や成長促進抗生物質の使用禁止などが市場の成長を牽引(2020月11年11日)
  • マイクロモビリティ市場:渋滞緩和向けの画期的な交通戦略としてe-スクーター、ドックレスバイク、ステーションベースバイクなどに期待(2020月11年11日)
  • リキッドバイオプシー、外科的組織生検に代わる非侵襲的な臨床検査として移植拒絶反応評価や感染症診断に利用(2020月11年11日)
  • 自動車用シャーシ・バイ・ワイヤー産業、中国では2019年に4億元の資金調達企業登場、Huaweiに市場参加の可能性(2020月11年10日)
  • HTS衛星コンステレーションにおけるCAPEXの総額、推定220億米ドル超 プレーヤーは、18以上の衛星通信事業の収益で差別化された事業を展開(2020月11年10日)
  • EV急速充電システム市場、2019年の13万3992台から2025年には22万6857台に到達予定 第3世代の充電器の導入で15分以内の充電が可能に(2020月11年10日)
  • 商用車テレマティクスの市場規模、2025年には59億3000万米ドルに到達予測 可処分所得の増加、スマートフォンの普及率上昇など牽引要因に(2020月11年10日)
  • 表面処理剤市場、2025年には78億3350万米ドルに到達予測 防錆薬品が最大シェアを支配、不動態化処理薬品は最速で増加(2020月11年10日)
  • EaaS市場:OPEXベースの支払いに焦点を当てた資金調達を特徴として市場の認識が進む(2020月11年09日)
  • スマートビルディング向けIoT パンデミックの影響下、患者の監視や位置追跡など、医療分野での利用に有用(2020月11年09日)
  • セカンドライフバッテリーの市場成長 EVの急速な普及とEVバッテリーの大容量化傾向により、2030年まで増加予測(2020月11年09日)
  • デジタル航空管制塔市場、2020年から2025年はCAGR 28.73%で成長予測 2019年は欧州が推定51.78%で独占(2020月11年09日)
  • 非侵襲的出生前検査市場 NGS技術を利用した開発で急成長 遺伝性疾患の早期検出に貢献(2020月11年09日)
  • 2026年の光ファイバープリフォーム産業の需要、世界の2万5880トンに対し、中国は1万2600トンに到達予測 5G構築の本格化は市場の成長の牽引役に(2020月11年06日)
  • 産業用ロボット減速機、技術的な難易度の高さから、ナブテスコ社、ハーモニック・ドライブ・システム社など日本企業が市場を独占(2020月11年06日)
  • シリコンフォトニクスの市場規模、2025年には30億7000万米ドルに到達予測 100ギガバイト以上の大容量データ転送など多大な貢献(2020月11年06日)
  • AI対応イメージングモダリティの市場規模、2030年には26億4960万米ドルに到達予測 放射線科医の作業量の増加や巨額な研究開発投資などが市場成長を後押し(2020月11年06日)
  • EV向け軽量材料市場、2020年から2025年の間にCAGR 26.97%で成長予想 自動車の効率向上とCO2排出量削減のため車両の軽量化が進む(2020月11年06日)
  • 食品安全性検査システムおよびサービスの市場:遺伝子組み換え食品、残留化学物質などに関する懸念が、各国の政策決定に多大な影響(2020月11年04日)
  • 軍用弾薬市場、2020年から2025年はCAGR5.40%で成長予測 軍の強化に向け、ミサイル市場が成長見込み(2020月11年04日)
  • PD-1・PD-L1免疫療法市場、他の治療法との併用で優れた結果 開発・使用にかかる総コストの高さが阻害要因(2020月11年04日)
  • 食品・飲料向け無菌包装市場:カートンと製品の両方に殺菌処理 貯蔵寿命を延し、非冷蔵製品の実現へ(2020月11年04日)
  • 中国の商用車ファイナンスの市場規模、2026年までに405万6000台に達し、普及率80%に到達予測(2020月11年04日)
  • セルラー接続ドローンの市場規模、2023年から2030年にかけてCAGR 13.58%で成長予測 2019年は中国が最大シェアを獲得(2020月10年30日)
  • BTXおよび炭化水素分離吸着剤の市場、ガス産業・石油化学産業などの需要により、2020年から2025年にCAGR 4.68%で成長予測(2020月10年30日)
  • 電気ATV・UTVの市場規模、2020年からCAGR23.37%で成長し、2030年には43億米ドル到達予測(2020月10年30日)
  • 燃料電池産業:自動車分野での商品化が進む 水素燃料電池車の開発・実用化に注力する大手メーカーも(2020月10年30日)
  • 中国のインテリジェント路側認識の市場規模、2025年までに400億元に到達予測(2020月10年30日)
  • 防空システム市場、2020年から2025年にCAGR 3.25%で成長予測 指向性エネルギー兵器、極超音速兵器、電磁レールガンなどの開発により市場は拡大(2020月10年29日)
  • 電気自動車用センサー市場:バッテリーの大容量化や充電技術の発展に伴い、温度・電流・圧力の検知に活用(2020月10年29日)
  • 睡眠時無呼吸症向け新興デバイスおよびプラットフォームの市場規模、2021年から2030年のCAGR は、9.94%で成長予測(2020月10年29日)
  • 精密医療市場:スマートデバイスのヘルスケアへの統合、バイオ製薬会社とIT企業の提携による診断ツールの開発などにより急速に拡大中(2020月10年29日)
  • 自動車MLCC市場、新エネルギー車とADASの開発により、新たなステージへ(2020月10年29日)
  • 3D・4D軍用レーダー市場、2020年から2025年にCAGR3.51%で成長予測 北米は世界シェアの31.02%を支配(2020月10年28日)
  • 5Gアンテナの市場規模、2025年までに70億米ドルに到達予想 各国がCOVID-19パンデミックの影響を受ける中、中国は5Gアンテナの開発に積極的(2020月10年28日)
  • 濾胞性リンパ腫の市場規模、米国は2017年に7億9900万米ドル到達、期待される新たな治療薬の登場により今後数年間の成長が期待(2020月10年28日)
  • 患者回路の市場規模は2019年の推定12億米ドルから2025年には25億米ドルに成長予測 COVID-19パンデミックの発生が、市場の成長を促進(2020月10年28日)
  • 自動車用燃料タンクの市場規模、2019年は約1億5300万台到達、2021年から2025年のCAGRは13%超で成長予想(2020月10年28日)
  • 表面消毒剤の市場規模、2025年には36億米ドルに成長予測 化学消毒剤の持つ毒性が抑制要因に(2020月10年27日)
  • 冷凍食品の市場規模、2025年には3123億米ドルに到達予測 小売業界のデジタル化が市場の成長を後押し(2020月10年27日)
  • スマートガラスの市場規模、2025年には68億米ドルに成長予測 今後、大量生産施設の開設による大幅なコスト削減に期待(2020月10年27日)
  • マイクロプロセッサおよびGPUの市場機会、2025年には1127億米ドルへ成長予測 スマートデバイスやウェアラブルの普及も牽引要因(2020月10年27日)
  • リチウム市場:COVID-19の影響を受けるもその後は堅調な成長予測、2027年のLCEは100万トン超の見込み(2020月10年27日)
  • 欧州の歯科用軟組織再生の市場規模、2020年の730万ユーロから2026年には最大990万ユーロ到達予測 後退した歯肉組織の補足生成にも利用広がる(2020月10年23日)
  • 欧州の腹腔鏡デバイスの市場規模、2020年の21億ユーロから2026年には22億ユーロに成長予測 ロボット支援技術が市場成長の抑制要因に(2020月10年23日)
  • デジタルパソロジー市場、顕微鏡ベースの診断からネットワークを介した仮想顕微鏡の利用へ 革命となるスライドスキャンやデジタル写真撮影の進歩(2020月10年23日)
  • モリブデンの世界市場、鉄鋼業が一次モリブデン使用量の約80%を支配 世界最大の採掘モリブデンの生産国は中国(2020月10年23日)
  • スズ市場:家電製品のはんだ用途が需要の中心 スマートフォン、スマートホームデバイスの生産量拡大が、市場の成長を牽引(2020月10年23日)
  • 末梢血管デバイスの市場規模、2026年には169億米ドルに成長予測 静脈治療部門の成長が顕著(2020月10年22日)
  • 米国の輸液療法器の市場規模、2020年の29億米ドルから2026年には35億米ドルに到達予測 代替・在宅市場に今後の需要を見出す(2020月10年22日)
  • 米国のビデオ内視鏡の市場規模、2026年に12億米ドル到達予測 4K技術やズーム機能の導入が低侵襲手術下の視野向上に貢献(2020月10年22日)
  • 米国の手術室機器の市場規模、2020年からCAGR7.7%で成長し、2026年には30億米ドル到達予想 手術室での4K機器の採用が市場の成長に貢献(2020月10年21日)
  • 倉庫オートメーションの市場規模、2020年は推定5億米ドル減少も、急増している受注と延期されたプロジェクトとの複合効果により市場は成長(2020月10年21日)
  • HVACフィルターの市場規模は、2025年には71億米ドルに到達予測 製薬業界ではHEPAセグメントが最大シェアを占める(2020月10年21日)
  • 金融サービスのための人工知能アプリケーション 顧客本位の関係性維持しながら、収益の確保にAIとMLを活用(2020月10年21日)
  • ロボティクス・自律型マシンの市場規模、2026年には2860億米ドルに到達予測 物流、スマート製造、AVなど非産業用部門に活路(2020月10年21日)
  • 航空機客室内装の市場規模、2025年には327億米ドルに到達予測 煩雑なIFEシステム認証取得プロセスが市場の抑制要因(2020月10年20日)
  • 住宅用空気清浄機の市場規模、2025年には136億米ドルに到達予測 高効率粒子状空気フィルターを利用した高性能ユニットが注目(2020月10年20日)
  • 飲料マルチパック用収縮プラスチックフィルムの市場規模、2025年には30億米ドルに到達予測 中国やインドを中心としたアルコール消費の増加が市場の成長を牽引(2020月10年20日)
  • ウェアハウスオートメーションの市場規模、2026年には30億米ドルに到達 自動化によるスペースの節約は最大85%、運用コストの削減は最大65%(2020月10年20日)
  • ウェアハウスオートメーションの市場規模、2026年には300億米ドルに到達 自動化によるスペースの節約は最大85%、運用コストの削減は最大65%(2020月10年20日)
  • 次世代サプライチェーンの市場規模、2030年までに1000億米ドルに到達予測 IoTや5Gの活用がもたらす革命(2020月10年20日)
  • 公共安全LTEの市場規模、2025年には154億米ドル到達予測 COVID-19影響下の通信規格として採用が拡大し市場規模を維持(2020月10年16日)
  • 農業用ドローンの市場規模、2025年には57億米ドルに到達予測 精密農業部門ではフィールドマッピングが最大シェアを占める(2020月10年16日)
  • 食品用ガス市場、2020年から2025年までのCAGRは6.7%で成長予測 インスタント食品や炭酸飲料への需要が、市場の成長を加速(2020月10年16日)
  • 超音波診断の市場規模、2025年には82億米ドルに到達予測 米国の医療保険制度改革が高額機器の採用を制限する可能性(2020月10年15日)
  • 自動車用フィルターの市場規模、2025年には236億米ドルに到達予測 非交換式フィルター登場による需要も(2020月10年14日)
  • イメージセンサーの市場規模、2020年の185億米ドルから2025年には280億米ドルに到達予測 自律走行車向けLiDAR技術が市場の抑制要因に(2020月10年14日)
  • ブラシレスDCモーターの市場予測、2020年の96億米ドルから2025年には152億米ドルに到達 HVACシステムの需要増加が市場の成長を牽引(2020月10年14日)
  • 複層ガラスの市場規模、2025年には274億米ドルへ成長予測 都市部への人口集中により、エネルギー効率の高い住宅や商業ビルへの需要拡大(2020月10年14日)
  • 環境試験の市場規模は2020年の83億米ドルから2025年には121億米ドルに到達予測 高度な検査技術に対する高コストが市場の抑制要因(2020月10年13日)
  • スモールセル5Gネットワークの市場規模、2025年には24億1300万米ドルに成長予測 中国は製造業の生産再開により5Gリーダーとしての地位を維持(2020月10年13日)
  • バーチャルパワープラントの市場規模、2025年までに56億米ドルに到達予測 エネルギー効率を向上させるデマンドレスポンス技術にメリット(2020月10年13日)
  • ウイルス学・細菌学市場、2021年から2025年にCAGR 12%で成長予想 分子診断薬技術により早期の感染症発見が可能に(2020月10年13日)
  • 手術用手袋の市場規模、2025 年に37 億米ドルに到達予測 化学物質から労働者を守るため、化学、食品・飲料など多様なエンドユーザーからの需要増加(2020月10年13日)
  • 音声分析市場、2020年から2025年にCAGR10%で成長見込み 高額な投資コストと複雑なアプリケーションシステムの統合に課題(2020月10年12日)
  • 末梢血単核細胞(PBMC)の市場規模、2020年から2025年にCAGR 9%で成長予測 関連研究のコストの高さが、発展途上国への導入の課題(2020月10年12日)
  • オーガニックワインの市場規模、2025年に150億米ドル達成予測 欧州では天然酵母使用のワインに注力(2020月10年12日)
  • 産業用バルブの市場規模、2019年の660億米ドルから2025年には840億米ドル到達予測 老朽化した水道管の交換や高性能スマートバルブ開発が市場を牽引(2020月10年09日)
  • 肝臓がん治療薬の市場規模、2025年までに110億米ドルに到達予測 HBV・HCVの同時感染が発症原因に(2020月10年09日)
  • 医療用画像モニターの市場規模、2025年までに580億米ドル突破予測 中国やインドなど主要国で、先進的な医療施設に資金が集まる(2020月10年09日)
  • 屋内ロケーションの市場規模、2020年から2025年にCAGR16%で成長予測 屋内環境でのGPSの非効率性が市場を後押し(2020月10年09日)
  • オートバイ用ADAS市場、2020年から2025年の間にCAGR12%超予測 安全への関心の高まりや高級二輪車の販売台数増加が市場の成長を牽引(2020月10年09日)
  • ビッグデータ分析の市場規模、2025年までに870億米ドルを突破予測 IoTデバイス市場の拡大とAIソリューションの実装が成長を牽引(2020月10年08日)
  • 免疫力強化製品の市場規模、2025年には170億米ドルを突破予想 COVID-19の症例数増加が市場の需要を後押し(2020月10年08日)
  • ヒト化マウスモデルの市場規模は、2020年から2025年にCAGR10%で成長予測 革新的なノックアウトモデル開発への投資が続く(2020月10年08日)
  • 建築用ガラスの市場規模、2025年までに1500億米ドル到達予測、紫外線保護や化学物質・電気への高い耐性が業務用部門の促進要因(2020月10年08日)
  • CRMソフトウェアの市場規模、2020年から2025年にCAGR 15%で成長予測 セキュリティへの懸念や政府の厳しい規制が抑制要因(2020月10年08日)
  • 小型電気自動車の市場規模、2019年の220万台から2025年には320万台に到達予測 バッテリー別ではリチウムイオンが最大シェアを占める(2020月10年07日)
  • 電力系統シミュレータの市場規模、2025年に13億8000万米ドルに到達予測 送電、発電・分配を想定したソフトウェアツールがダウンタイムを削減(2020月10年07日)
  • ヨーグルトの市場規模、2019年の880億米ドルから2025年には1230億米ドルに成長予測 種類別ではフレーバーヨーグルトが市場を牽引(2020月10年07日)
  • 自動車用モーターの市場規模、2019年に310億米ドル到達 大気汚染に対する厳しい排出基準や電気自動車推進への政府の政策が牽引(2020月10年07日)
  • バッテリー監視システムの市場規模、2025年までCAGR18%超で成長予測 電気自動車を推進する政府の政策が市場を牽引(2020月10年07日)
  • トラスツズマブ:乳がんや胃がんの治療に使用するモノクローナル抗体 特にHER2受容体陽性のがんに使用(2020月10年06日)
  • デスクトップ仮想化の市場規模、2020年から2025年に18%超の成長予測 企業のコスト削減に貢献(2020月10年06日)
  • コロナウイルス診断薬の市場規模、2015年から2025年にはCAGR12%を超える成長予測 PCR検査による分子型検査部門が市場を支配(2020月10年06日)
  • 動物ワクチンの市場規模、2019年の63億米ドルから2025年には81億米ドルに到達予測 食肉消費量の増加や家畜、コンパニオンアニマルの増加が牽引要因(2020月10年06日)
  • 航空宇宙プラスチックの市場規模、2019年に120億米ドルに到達 主要な航空機メーカーの存在により、北米地域が市場をリード(2020月10年06日)
  • 多発性骨髄腫:米国では2番目に多い血液癌、新しい治療法の開発と承認により生存率が向上(2020月10年02日)
  • 関節リウマチ:多くは30歳から50歳の間で発症、患者の約75%が女性(2020月10年02日)
  • シェーグレン症候群:唾液腺や涙腺に腺機能障害を引き起こす自己免疫疾患、ドライアイやドライマウスなど乾燥症が主な特徴(2020月10年02日)
  • リツキシマブ:非ホジキンリンパ腫、慢性リンパ性白血病などのがんや関節リウマチ、特定の血管疾患の治療薬として使用(2020月10年02日)
  • ラニビズマブ:加齢黄斑変性症の湿潤型治療薬として承認されている抗血管新生剤、有効性はベバシズマブやアフリベセプトに類似(2020月10年02日)
  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー:進行性筋肉変性と筋力低下が特徴 小児期発生の筋ジストロフィーの中で最も一般的(2020月10年01日)
  • インフリキシマブ:自己免疫疾患の治療に適用 クローン病、潰瘍性大腸炎、関節リウマチ、強直性脊椎炎、乾癬、乾癬性関節炎、ベーチェット病など(2020月10年01日)
  • フィルグラスチム:化学療法中の患者に、好中球数の正常化を促す 感染症にかかりやすい時期の短縮に貢献(2020月10年01日)
  • インスリングラルギン:I型・II型糖尿病向け長時間作用型インスリン(2020月10年01日)
  • インターフェロン:ウイルスに反応、宿主細胞内で作られるシグナル伝達タンパク質 抗ウイルス防御力を高める(2020月10年01日)
  • ベバシズマブ、がんや特定の眼疾患の治療に使用 がんの種類や重症度などに応じて化学療法との併用が有効(2020月09年30日)
  • 医用画像におけるマシンラーニング市場、2024年に15億米ドルに到達予測 専門分野別では循環器内科が規模、成長率ともに最大(2020月09年30日)
  • 航空機座席の市場規模、2020年の41億米ドルから2026年には58億米ドルに到達、軽量素材のキャビンシートへの導入で燃料費削減に成功(2020月09年30日)
  • 超高分子量ポリエチレンの市場規模、2020年の14億米ドルから2025年には22億米ドルに到達予測 ヘルスケアおよび医療部門は最も高いCAGRで成長(2020月09年30日)
  • アダリムマブ市場 TNFブロッカーの一種として、関節リウマチ、乾癬性関節炎、クローン病、などの治療に効果(2020月09年30日)
  • MaaSの市場規模、2020年の47億米ドルから2030年には704億米ドルに到達予測 都市化とスマートシティへの取り組みが市場を牽引(2020月09年29日)
  • 小型衛星の市場規模、2020年の28億米ドルから2025年には71億米ドルに到達予測、高解像度の地球画像による各分野へのニーズ高まる(2020月09年29日)
  • インタラクティブディスプレイの市場規模、2020年の90億米ドルから2025年には132億米ドルに到達予測 小売店のタッチスクリーン技術が牽引要因(2020月09年29日)
  • アルミニウム圧延品の市場規模、2025年には625億米ドルに到達予測 発展途上国の自動車・運輸業界の成長が促進要因(2020月09年29日)
  • 偽造防止パッケージの市場規模、2025年には1882億米ドルに到達予測 偽造防止技術が医薬品部門を牽引(2020月09年29日)
  • エッジコンピューティングの市場規模、2020年から2025年までにCAGR34.1%で成長予測 クラウドのレイテンシーと費用面の問題から市場への期待が高まる(2020月09年25日)
  • クラウドコンピューティングの市場規模、2020年の3714億米ドルから2025年には8321億米ドルに到達予測、サイバー攻撃によるデータ損失に課題(2020月09年25日)
  • 導電性インクの市場規模、2020年の30億米ドルから2025年には37億米ドルに達しCAGR4.1%で成長予測 デバイスの小型化が促進要因に(2020月09年25日)
  • ドキュメントカメラの市場規模、2020年の3億7000万米ドルから2025年には5億4500万米ドル到達予測 教育分野におけるデジタル化が牽引要因(2020月09年25日)
  • 脱水装置の市場規模は、2020年の43億米ドルから2025年には54億米ドルに到達予測 乾式汚泥の再利用に新たな市場機会(2020月09年25日)
  • 自動車用モーターの市場規模、2020年の203億米ドルから2025年には257億米ドルに到達予測 新興国の消費力上昇が市場の需要を牽引(2020月09年24日)
  • 超薄型ガラスの市場規模、2025年には143億米ドルに到達予測 タッチパネルディスプレイ用途が市場を牽引(2020月09年24日)
  • 自動車用グレージングの市場規模、2020年の10億米ドルから2025年には17億米ドルに到達 排出基準の達成のための自動車部品軽量化が牽引要因(2020月09年24日)
  • CRISPR技術の市場規模、2019年の7億6000万米ドルから2020年に9億2000万米ドルへ COVID-19治療薬研究が市場牽引(2020月09年24日)
  • 血漿療法の市場規模、2020年には2億4695万米ドルに成長予想 COVID-19の回復期血漿使用による治療の試みが市場を牽引(2020月09年24日)
  • 脊椎インプラントの市場規模、COVID-19の影響で縮小するも、CAGR 5.31%で回復し2023年には138億1000万米ドルに到達予想(2020月09年18日)
  • 服薬アドヒアランスの市場規模、2023年には35億7970万米ドルに到達予測 個別化医療への需要が投資を奨励し市場を牽引(2020月09年18日)
  • 臨床検査情報システム市場、COVID-19の影響で縮小するも、2023年には23億3000万米ドル規模に回復予測 ラボでの作業自動化が成長を牽引(2020月09年18日)
  • 埋め込み型バイオマテリアルの市場規模、2023年にCAGR10.04%で回復し1365億9000万米ドルに到達予想 生体ベース製品の限界に課題(2020月09年18日)
  • バイオフォトニクスの市場規模、COVID-19の影響で縮小するも、2023年には551億3000万米ドルに回復予測 低侵襲手術の需要が促進要因(2020月09年18日)
  • クリアアライナーの市場規模、COVID-19の影響で2020年は減少するも、CAGR16.26%で回復し2023年には31億4000万米ドル到達予測(2020月09年17日)
  • 気道確保デバイス市場、COVID-19の影響により需要増加、2020年にはCAGR53.35%で21億5000万米ドル規模に成長予測(2020月09年17日)
  • 生体吸収性ステントの市場規模、COVID-19の影響で縮小後、CAGR11.53%で回復し2023年には4億892万米ドルに到達予測(2020月09年17日)
  • 非接触型赤外線体温計、COVID-19の発生による検温義務化が市場の急成長を促進 デバイスの不足による高額化が課題(2020月09年17日)
  • 家庭用フィットネス機器の市場規模、在宅ワークアウト用の需要増加により、2020年には94億9000万米ドルに成長予測(2020月09年17日)
  • 拡張現実サービスの市場規模、2020年に縮小するも、2023年には1487億2000万米ドルへ回復予測 消費者のプライバシーとデータのセキュリティが今後の課題(2020月09年16日)
  • ソーシャルメディア広告の市場規模、2023年には2210億1000万米ドルに到達予想 インターネットの普及が市場の成長に貢献(2020月09年16日)
  • スマートウェアラブルの市場規模、推定161億2000万米ドルへ COVID-19の接触者追跡用途により2020年のCAGRは22.37%予測(2020月09年16日)
  • 集合住宅グリーンビルディングの市場規模、COVID-19の影響で縮小するも、2023年には538億米ドルに回復予測(2020月09年16日)
  • 一戸建て向け住宅用グリーンビルディングの市場規模、2023年には1509億5000万米ドルに到達予測 高まる自己持続可能型のゼロエネルギー住宅への需要(2020月09年16日)
  • ブロックチェーンの市場規模、COVID-19の発生により2020年には一時落ち込むも、2023年には158億8000万米ドルで回復予測(2020月09年15日)
  • ネブライザーの市場規模、COVID-19パンデミック後一度落ち込むも、2030年には26億660万米ドルまで成長予測(2020月09年15日)
  • サイバーセキュリティサービスの市場規模、2019年の668億7000万米ドルからCovid-19の影響で2021年は減少するも、2023年には911億米ドルまで(2020月09年15日)
  • アセットサービシングの市場規模、COVID-19の発生により2020年に5510億2000万米ドルに減少するも、2023年には7295億米ドルへ回復予測 RPA(2020月09年15日)
  • IoTサービスの市場規模、COVID-19の影響で2020年に減少するも、2023年には2604億1000万米ドルに回復予測 エッジやクラウド利用による通信時間(2020月09年15日)
  • 圧力センサーの市場規模、2020年の136億米ドルから2025年には208億米ドルに到達予測 MEMS圧力センサーの需要が推進要因(2020月09年11日)
  • 会話型AIの市場規模、2020年の48億米ドルから2025年には139億米ドルに到達、CAGR21.9%で成長予測(2020月09年11日)
  • プロセス自動化および計測の市場規模、2020年の674億米ドルから2025年には768億米ドルに到達 導入のための高額な投資と多額のメンテナンスコストに課題(2020月09年11日)
  • スマート輸送の市場規模、2020年の945億米ドルから2025年には1565億米ドルに到達し、CAGR10.6%で成長予測 道路輸送部門が市場を占有(2020月09年11日)
  • フィンテックの市場規模、2019年の1112億米ドルから2023年には1580億米ドルに到達、CAGR9.2%で成長予測 大量の消費者データのセキュリティが今後(2020月09年11日)
  • 製造業におけるAIの市場規模、2020年の11億米ドルから2026年には167億米ドルに達し、CAGR57.2%で成長予測 限られた熟練労働力が課題(2020月09年10日)
  • クラウドERPの市場規模、2020年の453億米ドルから2025年には1011億米ドルに到達、CAGR17.4%で成長予測(2020月09年10日)
  • 無人搬送車の市場規模、2020年の23億米ドルから2025年には36億米ドルに成長予測 高額な設備投資とメンテナンスコストが課題(2020月09年10日)
  • 海事衛星通信の市場規模、2020年の23億米ドルから2025年には32億米ドルに到達予測 帯域幅コストの低下によりVSAT 接続に対する需要増加(2020月09年10日)
  • ビジネスジェットの市場規模、2020年の188億米ドルから2030年には380億米ドルに到達予測 eVTOL航空機利用にさらなる可能性(2020月09年10日)
  • 電気バス市場、EMEA地域では2018年の650台から2019年には1900台に到達 欧州で加速するバス車両の電動化(2020月09年09日)
  • 産業用ロボット市場:2020年の市場の収益成長率、下方修正するも2021年にはV字回復予測(2020月09年09日)
  • 低電圧ドライブ市場、機能性を抑えた低コストドライブが重要なセグメントに Siemensや安川電機などの大手も参入(2020月09年09日)
  • 移動ロボット市場、AMR技術が成熟し、倉庫やフルフィルメントセンター、倉庫管理向けロボット製造企業へ投資が集中(2020月09年09日)
  • 石油増進回収の市場規模、2020年の433億米ドルから2025年には594億米ドルに到達、CAGR6.5%で成長予測(2020月09年09日)
  • 車載カメラの市場規模、2020年の68億米ドルから2025年には122億米ドルに到達 マルチカメラシステムの導入は高コストが抑制要因(2020月09年08日)
  • 新水素製造技術:アルカリ電解槽(AES)、プロトン交換膜(PEM)電解槽、固体酸化物電解セル(SOEC)、バイオマスガス化炉などが注目(2020月09年08日)
  • EV充電用エネルギー貯蔵:ピークシェービングと充電能力向上に注力 再生可能エネルギーを使った充電ステーションへの統合も視野(2020月09年08日)
  • 陸上モバイル衛星通信:ナローバンドとブロードバンドの市場は、今後10年でどのように進化するのか?(2020月09年08日)
  • マグネシウム市場:汚染レベルの規制強化により、自動車部門がマグネシウム合金に注目 一方でピジョンプロセス生産方法に環境汚染面の課題(2020月09年08日)
  • センサーの世界市場:プリントセンサー、フレキシブルセンサー、車載用RADAR、LIDARなど、他業種にわたり採用が拡大(2020月09年07日)
  • 金属付加製造市場、設計の自由度、汎用性の高い製造、コスト削減などに利点 新原材料の採用進むも、需要の中心はチタンに依存(2020月09年07日)
  • 分子診断、2019年の市場規模は推定87億6000万米ドル COVID-19検査も含めると134億米ドルに拡大予測(2020月09年07日)
  • スマートシティのCOVID-19パンデミックからの復興:健康、安全、経済復興に向けたプラットフォーム戦略の進化(2020月09年07日)
  • インフラ交換の新手段としての系統柔軟性市場、DER技術の成長とシステム全体のコスト削減に貢献(2020月09年07日)
  • バッテリー市場、フレキシブル・プリンテッド・薄膜の登場でサプライヤー間は新たな競争の時代へ(2020月09年04日)
  • 固体電池:重量、エネルギー量、安全性さらに寿命にも利点 市場はアジア企業中心に開発進む(2020月09年04日)
  • 先進電気自動車市場、自動運転機能からソーラーボディワークまで最先端の自動車技術と性能を提供(2020月09年04日)
  • AI対応画像ベースの医療診断市場、2030年までに30億米ドルを超え拡大予測 技術実証後の新規スタートアップ企業に投資が集まる(2020月09年04日)
  • 3D印刷・付加製造の市場規模、2030年までに450億米ドルに到達予測(2020月09年04日)
  • 乳糖不使用乳製品、乳糖不耐症の解決策として注目 個人の体質に合った消費や社会的ステータスなどにより市場のニーズは拡大傾向(2020月09年03日)
  • 自動車サイバーセキュリティの市場規模、2020年から2025年までにCAGR22.30%で成長予測(2020月09年03日)
  • 皮膚マイクロバイオーム調節の市場、化粧品業界を中心に皮膚疾患対処分野への開発投資が進む(2020月09年03日)
  • 遺伝カウンセリング市場、薬理ゲノムサービスと診断カウンセリングサービスの重要性が高まる(2020月09年03日)
  • 国土安全保障・公安・国家安全保障の市場、人工知能 (AI)を利用した大改革へ(2020月09年03日)
  • CBD (カンナビジオール) 飲料の市場規模、各国で進む医療用大麻の合法化により急激に拡大見込み 炎症や痛みの治療に利点(2020月09年02日)
  • ビデオ監視の市場規模、2019年に350億5000万米ドル到達、2020年から2025年まで10.06%のCAGRで成長予測(2020月09年02日)
  • セーフティ・セキュリティ・レスキューロボティクス市場、2020年から2025年までCAGR14.95%で成長予測(2020月09年02日)
  • IVD市場、2020年から2030年までにCAGR5.06%で成長予測 高齢者人口や感染症患者数の増加などが市場を牽引(2020月09年02日)
  • 感染症バイオマーカー検査の市場、2020年から2030年に14.48%のCAGRで成長予測 臨床診断の主要分野として発展(2020月09年02日)
  • 次世代外科用ロボットの市場規模、2030年に8億8450万米ドルに到達予測 主要なプレーヤーによる高精度手術ロボットの開発が進む(2020月09年02日)
  • 倉庫管理システムの市場規模、2020年の24億米ドルから2025年には51億米ドルに達し、CAGR16.0%で成長予想(2020月09年01日)
  • ヘルスケアIoTの市場規模、2020年から2025年にはCAGR21.0%で拡大予測 電子カルテ使用の義務化など、政府の取り組みが成長を牽引(2020月09年01日)
  • テレラジオロジーの市場規模、2019年の12億米ドルから2024年には20億米ドルを突破(2020月09年01日)
  • バーチャルケア、一日当たりの受診件数はCOVID-19パンデミック直後に2倍へ急増 一過性か市場の新常識か、終息後の予測が分かれる(2020月09年01日)
  • X線撮影装置・透視検査装置の市場規模、COVID-19の影響下で縮小も、医療システムの再調整により2020年下半期以降に急激なV字回復見込み(2020月09年01日)
  • 金属チタン市場、長期的に成長傾向も新型コロナによる航空宇宙分野の混乱による影響は避けられない見通し(2020月08年31日)
  • エッジコンピューティング、2020年代におけるICT戦略の中心的存在へ(2020月08年28日)
  • 生分解性フィルムの市場規模、2020年の11億米ドルから、2025年には15億米ドルに到達、CAGR6.6%で成長予測(2020月08年27日)
  • 燃料添加剤の市場規模、2020年の58億米ドルから2025年には68億米ドルに達し、CAGR3.2%で成長予測(2020月08年27日)
  • 3Dプリンティング材料の市場規模、2020年の16億米ドルから2025年には45億米ドルに到達、CAGR23.5%で成長予測(2020月08年27日)
  • 電動工具の市場規模、2020年の295億米ドルから2025年には369億米ドルに達し、CAGR4.6%で成長予測(2020月08年27日)
  • UDテープの市場規模、2020年の1億5100万米ドルから2025年には2億5600万米ドルに到達、CAGR11.1%で成長予測(2020月08年27日)
  • 自動車用HUDの市場規模、2020年の8億6600万米ドルから2025年には33億7200万米ドルに到達、CAGR31.3%で成長予測(2020月08年27日)
  • 自動車用パワーエレクトロニクスの市場規模、2020年の38億米ドルから2025年には47億米ドルに達し、CAGR4.7%で成長予測(2020月08年26日)
  • スマートホームの市場規模、2020年の783億米ドルから2025年には1353億米ドルに達し、CAGR11.6%で成長予測(2020月08年26日)
  • スイッチギアの市場機会、2020年の675億米ドルから2025年には885億米ドルに到達、CAGR5.5%で成長予測(2020月08年26日)
  • ナノ衛星およびマイクロ衛星の市場規模、2020年の18億米ドルから2025年には48億米ドルに到達、CAGR21.3%で成長予測(2020月08年26日)
  • 化合物半導体の市場規模、2020年の320億米ドルから2025年には434億米ドルに達し、CAGR6.3%で成長予測(2020月08年26日)
  • 3Dマシンビジョンの市場規模、2020年に15億米ドルの評価を受け、2025年には24億米ドルに達し、CAGR9.4%で成長予測(2020月08年26日)
  • 防護服の市場規模、2020年の88億米ドルから2025年には123億米ドルに到達、CAGR6.9%で成長すると推定(2020月08年25日)
  • POS端末の市場規模、2020年から2027年には、CAGR7.5%で拡大予測 携帯型システムとしてのスマートフォンの利用が牽引要因に(2020月08年25日)
  • 二酸化炭素の市場規模、2020年から2027年にはCAGR3.4%で拡大予測 排出量の有害な影響には、カーボンプライシングなど政府の取り組み(2020月08年25日)
  • 塗料・コーティングの市場規模、2020年の1472億米ドルから2025年には1794億米ドルに到達 前処理で発生する廃水や洗浄水の環境問題に課題(2020月08年25日)
  • 食品用乳化剤の市場規模、2020年から2025年はCAGR4.7%で成長 加工食品の需要の高まりが市場の推進要因に(2020月08年24日)
  • マイクロディスプレイの市場規模、2020年の7億1200万米ドルから2025年には36億900万米ドルに到達、CAGR39.4%で成長予測(2020月08年21日)
  • 発泡剤の市場規模、2020年の11億米ドルから2025年には16億米ドルに到達予測 最大市場のポリウレタンフォームが市場を後押し(2020月08年21日)
  • キレート剤の市場規模、2020年の68億米ドルから2025年には84億米ドルに達し、CAGR4.2%で成長予測(2020月08年21日)
  • 眼科用医薬品の市場規模、2019年から2027年までのCAGRは5.0%で拡大予測 眼疾患や障害の有病率上昇とパイプラインの存在が成長を牽引(2020月08年21日)
  • 合成皮革の市場規模、2019年には293億米ドルに達し、2020年から2027年のCAGRは4.4%で拡大予測(2020月08年21日)
  • 3Dモーションキャプチャシステムの市場規模、2020年の1億5000万米ドルから2025年には2億6600万米ドルに到達予測 高品質な3Dアニメーションの需要が(2020月08年20日)
  • 口腔ケア・衛生の市場規模、2025年には533億米ドルに到達予測 歯ブラシ部門の急成長は、電動歯ブラシによる口腔内健康への意識改革に起因(2020月08年20日)
  • 発電用ディーゼルエンジンの市場規模、2025年に79億米ドル到達予測 人口増加、生活水準の向上、工業化と相まって、アジア太平洋地域が最大シェア(2020月08年20日)
  • 航空機照明の市場規模、2030年には19億8700万米ドルに到達予測 輸送量の増加と大手航空機メーカーの存在が北米市場の成長を牽引(2020月08年20日)
  • フルオロエラストマーの市場規模、2025年には18億米ドル到達予測 熱や湿気に強く、薬品への耐性も 一方で、非生分解性ゆえに環境への負荷が課題(2020月08年20日)
  • 配電自動化の市場規模、2020年の124億米ドルから2025年の177億米ドルに達し、CAGR7.4%で成長予測(2020月08年19日)
  • ファーマコビジランスの市場規模、48億7000万米ドルと推定 製造業者のアウトソーシングの利用も市場拡大に貢献(2020月08年19日)
  • コンピュータ数値制御機械の市場規模、2019年には671億9000万米ドルへ、2020年から2027年までのCAGRは7.3%で拡大予測(2020月08年19日)
  • 船舶用電池の市場規模、2025年に8億1200万米ドルに達し、2020年からのCAGRは48.1%で成長予測 欧州の大幅な成長が市場の成長を牽引(2020月08年19日)
  • 潤滑油の市場規模、2025年には1826億米ドルに達し、2020年からのCAGRは3.0%で成長予測 エンジンオイルは市場の40%以上を占める(2020月08年19日)
  • ネットワーク接続型ストレージ(NAS)の市場規模、2020年の232億米ドルから2025年には480億米ドルに達し、CAGR15.7%で成長予測(2020月08年18日)
  • 細胞計数の市場規模、2020年の104億米ドルから2025年には145億米ドルに達し、CAGR6.7%で成長予測(2020月08年18日)
  • 食品香料の市場規模、2025年には207億米ドルに到達予測 用途別では、他業界で重用されるフルーツ・ナッツ部門が最大シェア(2020月08年18日)
  • 血液凝固分析装置の市場規模、2025年には50億米ドルに到達 心血管疾患や高齢者人口の増加に起因(2020月08年18日)
  • UV硬化システムの市場規模、2025年に67億米ドルに到達予測 新規用途として、3D印刷、デジタル印刷、金属コーティングの需要拡大(2020月08年18日)
  • 粘着ラベルの市場規模、2020年の465億米ドルから2025年には592億米ドルに達し、CAGR4.9%で成長予測(2020月08年14日)
  • 不凍液・クーラントの市場規模、2025年には59億米ドル到達見込み 地域別ではAPACが最大シェア(2020月08年14日)
  • 検査室情報管理システム(LIMS)の市場規模、2020年の10億米ドルから2025年に17億米ドルへ、CAGR12.1%で成長予測(2020月08年14日)
  • 界面活性剤の市場規模、2020年の421億米ドルから2025年には524億米ドルへ、CAGR4.5%で成長予測(2020月08年14日)
  • スマート街路灯の市場規模は2024年に11億米ドルに到達、新たなインフラ復興が市場需要を牽引(2020月08年14日)
  • 衛星容量市場、COVID-19の影響から3年で回復予測 さらに2022年から2029年にかけて収益倍増も(2020月08年13日)
  • 衛星受注と打上げの市場規模、今後10年間で累積4780億米ドル到達の見込み 政府主導で衛星受注は新たな高みへ(2020月08年13日)
  • 自動車用DMS市場、中国では導入台数急増 2020年第1四半期に前年同期比360%増へ(2020月08年13日)
  • 世界のIVIシステム市場、2019年の208億米ドルから2026年には292億米ドルに増加予測 マルチスクリーンおよび大型スクリーンの採用傾向が成長を後押し(2020月08年13日)
  • 中国のOTA搭載車、2019年に383万8000台到達、前年比60.6%の急増(2020月08年13日)
  • スマートホームデータの分析、デバイスレベルのデータ処理の増加で、クラウドへの需要が減少(2020月08年12日)
  • 高度に自動化された自動車(HAV)、数百万台規模で市場展開されるのは2020年代後半の見込み(2020月08年12日)
  • バーチャルパワープラント市場、柔軟な容量に対するニーズが高まる ビハインドザメーター技術を使用したBYODへ進化(2020月08年12日)
  • 自動車用赤外線暗視システム、第4世代は視野と検出距離の向上、夜間自動緊急ブレーキソリューションをサポート(2020月08年12日)
  • リチウムイオン電池リサイクルの市場規模、2040年に推定310億米ドル到達(2020月08年11日)
  • プリンテッド&フレキシブルセンサーの市場規模、2030年までに推定45億米ドルに到達(2020月08年11日)
  • eモーターサイクルの年間売上高、2020年の2億8900万米ドルから2030年には23億米ドルに成長、CAGRは23.2%に達すると予想(2020月08年11日)
  • 自動車市場、コロナウイルス危機で回復は減速 BEV、PHEV、FCVなど、政府の政策支援の見直し後の生き残りにかける(2020月08年11日)
  • 中国の合成ダイヤモンド生産量、2019年の154億カラットから2026年には170億カラットに到達予測(2020月08年11日)
  • 作物バイオテクノロジー市場、遺伝子組み換え、ゲノム編集、育種戦略などが将来の食糧不足の解決策に 開発には時間と投資が必須(2020月08年11日)
  • 5Gの作動に必須な高周波mmWave、高い電力密度のパワーアンプが不可欠、熱管理も必要に(2020月08年07日)
  • 電気・ハイブリッド・燃料電池バスの世界市場 ゼロエミッションへの取り組み 中国、バスの電動化で世界をリード、その勢いは世界へ(2020月08年07日)
  • エナジーハーベスティング、少量生産から大量生産まで巨大で多用な市場機会が存在(2020月08年07日)
  • 5G市場の急拡大による熱管理技術の革新:大規模MIMOの台頭により、サーマルインターフェース材料の市場拡大へ(2020月08年07日)
  • 自動運転車用ハイテク塗料・コーティング剤の市場規模、2020年から2025年までCAGR21.79%で成長予測 技術進歩や大規模投資により、米国が最大シェア獲得(2020月08年06日)
  • DNAメチル化の世界市場、癌の有病率の増加、コストの低下、シーケンシングの生産量の増加などにより需要が拡大 政府による資金調達も開発を促進(2020月08年06日)
  • UVカットコーティングおよびブルーライトカットコーティングの市場、光学産業、自動車産業などに潜在性 製品の耐久性維持には必要不可欠(2020月08年06日)
  • COVID-19パンデミックの発生から半年、世界経済は大恐慌以来最悪の局面の中、パンデミック緩和製品という新たな市場が出現(2020月08年06日)
  • プラスチックの循環型経済の実現に向けてポリマーのリサイクルと廃棄物管理技術に新たな注目集まる 一方、化学リサイクルの高コストに課題(2020月08年06日)
  • 金属3Dプリントの市場規模、2019年から2025年には推定CAGR 24.41%で成長 COVID-19パンデミック時には、人工呼吸器の部品など、必須アイテム(2020月08年05日)
  • ミニLEDのサプライチェーン、Appleの新型12.9インチiPad Proの1Q21リリースに恩恵を受ける(2020月08年04日)
  • マイクロ/ミニLED市場は2024年に42億ドル規模に達する(2020月08年04日)
  • 小型ロケットの市場規模、2020年から2030年までにCAGR24.36%で拡大予測 アジア太平洋地域が46.51%で最大シェア(2020月08年04日)
  • 宇宙安全保障対策の市場規模、2020年から2025年までCAGR9.33%で成長予測 北米が市場シェアの33.59%を占める見込み(2020月08年04日)
  • 精密農業の市場規模、2025年に111億670万米ドルへ 農業分野のデジタル化に向けた投資が増加中(2020月08年04日)
  • 電気自動車の市場規模、2024年に推定177億7000万米ドルへ インフォテインメントシステムや先進運転支援システムがECU市場を牽引(2020月08年04日)
  • 喘息、アレルギー、空気中の有害物質などによる、呼吸器系疾患の増加で空気清浄機の利用が拡大 COVID-19の発生も市場の拡大要因に(2020月08年03日)
  • 自律型商用車の市場規模、COVID-19の影響により2020年までの一年でCAGRはマイナス16.35%予測、一転2023年には需要の回復によりV字回復見込み(2020月08年03日)
  • 分析機器市場では分子分光法が成長見込み ジェネリック医薬品の需要拡大で製造国インド、東南アジア、ラテンアメリカ地域の躍進が顕著(2020月08年03日)
  • NANDフラッシュ市場、COVID-19の影響によるクラウド需要の減少を補うため、新ゲーム機やChromebookの発売に期待(2020月08年03日)
  • データセンターの需要急増を受け、2020年第1四半期のNAND型フラッシュの売上高は前四半期比8.3%増 COVID-19のクラウドサービス分野への影響は限定的(2020月08年03日)
  • 自律型軍事兵器の市場規模、COVID-19の影響により2020年のCAGRは−4.69%予想、2023年までマイナス成長が続く見込み(2020月08年03日)
  • ビッグデータ・アナリティクスの市場規模、COVID-19の影響で減速するも、2023年にはCAGR12.99%でV字回復 熟練した労働力不足が阻害要因(2020月08年03日)
  • サイバーセキュリティの市場規模、COVID-19の影響で2020年の年間成長率CAGR1.83%に鈍化 2023年にはV字回復しCAGR11.02%で成長予測(2020月08年03日)
  • 電気機関車の市場規模、2020年はCOVID-19の影響でCAGR−1.99%と低迷、2023年には推測CAGR7.06%でV字回復見込み(2020月08年03日)
  • 爆発物市場、COVID-19の影響による低い成長率、規制の厳格化も抑制要因、一方、防衛部門への各国政府の注力やスマートブラスト技術の導入により、需要拡大に期待(2020月08年03日)
  • ナノテクノロジー衣料品市場、COVID-19の影響で2020年の年間CAGRは−28.56%予想、一転2023年以降は抗菌特性による需要などで市場は拡大傾向(2020月08年03日)
  • COVID-19の影響下で拡大するVRサービス市場 遠隔医療、リモートショッピングへ用途が広がる VR体験の高額な費用が市場の成長を抑制(2020月08年03日)
  • COVID-19パンデミックに対抗するため利用されるVR技術、年間CAGR59.67%で成長予測 ゲーム・医療・教育と応用の幅が広がる(2020月08年03日)
  • ポイントオブケア検査における医用画像、3D採用により高速化、利便性、低価格化が進む アジア市場では、熟練した医療従事者の育成が課題(2020月08年03日)
  • トレーニング・教育におけるARの市場規模、COVID-19の影響下で縮小するも、2023年にはCAGR 30.31%でV字回復見込み(2020月08年03日)
  • 消費者向けドローンの市場規模、COVID-19の影響で減少するも、2023年は32億7200万米ドルに回復見込み(2020月08年03日)
  • コードレス掃除機、COVID-19パンデミック状況下も市場は成長 国民の所得水準の上昇、健康・衛生意識の高まりが牽引要因(2020月08年03日)
  • 遺伝子組み換え作物、COVID-19の影響で市場は縮小するも、2023年には回復予測 作物の栄養価、収穫量、貯蔵寿命の改良により需要は増加傾向(2020月08年03日)
  • ハンドドライヤーの市場規模、COVID-19の影響で縮小も2023年には回復予測 ホスピタリティ業界の力強い成長が、需要を拡大(2020月08年03日)
  • IoTの市場規模、COVID-19の影響で減少するも、2023年には回復予測 自動車産業では自律走行型タクシーなど、スマートカーの開発に注力(2020月08年03日)
  • 戸建てモジュラー・プレハブ住宅建設、大幅なコスト削減により市場の成長が促進 モジュール輸送に関連する高いリスクは、市場の成長に影響(2020月08年03日)
  • 商用無人航空機の市場規模、2019年の11億8000万米ドルから2020年には13億8000万米ドルに達し、CAGR17.53%で成長予測(2020月08年03日)
  • 世界の防衛費、攻撃能力開発と情報収集に980億米ドルを投資、防衛用無人航空機市場の成長要因に(2020月08年03日)
  • ウェアラブル血圧モニター市場、COVID-19の影響で減少も、2023年に推定22億5000万米ドル達成でV字回復予測 患者モニタリング機器の需要が市場を牽引(2020月08年03日)
  • 核酸分離・精製の市場規模、2020年の32億米ドルから2025年の48億米ドルに達し、CAGR8.9%で成長予測(2020月08年03日)
  • パワーエレクトロニクスの市場規模、2020年の351億米ドルから2025年には442億米ドルに達し、CAGR4.7%で成長すると予測(2020月08年03日)
  • マイクロLEDの市場規模、2020年の4億900万米ドルから2026年には188億3500万米ドルに達し、CAGR89.3%で成長予測(2020月08年03日)
  • ADASの市場規模、2020年の270億米ドルから2030年には830億米ドルに達し、CAGR11.9%で成長(2020月08年03日)
  • フレキシブルバッテリーの市場規模、2020年の9800万米ドルから、2025年には2億9600万米ドルに、CAGR24.7%で成長予測(2020月07年31日)
  • ガス絶縁開閉装置の市場規模は、2020年の169億米ドルから2025年には265億米ドルへ、CAGR9.5%で成長予測(2020月07年31日)
  • ガスクロマトグラフィーの市場規模、2020年の28億米ドルから2025年には35億米ドルに達し、CAGR4.1%で成長予測(2020月07年31日)
  • コンフォーマルコーティングの市場規模、2020年の9億7700万米ドルから、2025年には12億6500万米ドルに、CAGR5.3%で成長予測(2020月07年31日)
  • スマートシティの市場規模、2019年に839億米ドルと評価、2020年から2027年までに推定CAGR 24.7%で成長(2020月07年31日)
  • バナジウム市場、2020年代半ばまでに余剰供給が大幅に拡大予測(2020月07年31日)
  • クロム市場、COVID-19の影響でリバランスが加速される見通し(2020月07年31日)
  • 3Dプリンター製造の市場規模、COVID-19の影響で2019年から2020年はCAGR−13.76%で縮小も2023年にはCAGR24.20%でV字回復見込み(2020月07年31日)
  • 建築・建設業向け3Dプリンティングの市場規模、COVID-19の影響で、大幅縮小も2023年に推定1億2000万米ドル、CAGR 147.79%にV字回復(2020月07年31日)
  • 人工知能サービスの市場規模、COVID-19の影響で2019年から2020年にかけてCAGR−9.46%で縮小後、2023年には19億7000万米ドルへV字回復(2020月07年31日)
  • 自律型軍用機の市場規模、Covid-19で縮小も、2023年は43億5000万米ドルに達しV字回復(2020月07年31日)
  • オーガニックミートの市場規模、COVID-19パンデミック後、消費者の意識改革や有機食品への需要の高まりにより、2020年は10.7%の成長予測(2020月07年31日)
  • 有機油糧種子栽培の市場規模、COVID-19の影響で2020年に縮小するも、2023年にはCAGR6.96%で回復 健康や環境への意識の向上により、需要拡大(2020月07年31日)
  • オーガニックソフトドリンクの市場規模、COVID-19の影響で減少するも、その後回復、2023年まで推定CAGR8.42%で推移、CBDの市場成長に期待(2020月07年31日)
  • Covid-19の影響により、オーガニックティーの需要が急増 2019年の8億5000万米ドルから2020年の9億3000万米ドルへ、CAGR10.00%で成長(2020月07年31日)
  • スマートアパートメントの市場規模、COVID-19後、減少するも、その後回復、2023年にはCAGR推定10.45%で24億7000万米ドルに達する IoT技術(2020月07年31日)
  • 米国の固形腫瘍検査市場、政府の取り組みや癌の罹患率の増加などにより拡大 癌プロファイリングにおけるバイオマーカーの使用も成長要因(2020月07年31日)
  • スマートビルディング(非住宅)の市場規模、COVID-19の影響で減少するもV字回復、CAGR9.61%で成長し2023年には推定549億4000万米ドル規模へ(2020月07年31日)
  • 人工呼吸器、COVID-19の影響で市場規模が急拡大 麻酔ガス装置、CPAPなど、代替人工呼吸器として認可進むも、さらに8万5000台の不足(2020月07年31日)
  • AIソフトウェアの市場規模、2025年に1000億米ドルに迫る勢い 実績のある初期AI導入者は、さらに投資を拡大(2020月07年31日)
  • 配送ロボットの市場規模、2019年の1億2100万米ドルから2025年には22億米ドルに成長 規制や交通管理システムの整備などで画期的な急成長も(2020月07年31日)
  • AI特化型エンタープライズソフトウェアの年間収益、2020年の8950万米ドルから2025年には6億2660万米ドルに拡大予測(2020月07年31日)
  • 医療用ロボットの市場規模、2019年の19億米ドルから2025年には54億米ドルに成長予測 医療従事者や企業はロボットやドローンを使った革新的な方法を模索中(2020月07年31日)
  • ディープラーニングチップセットの市場規模、2019年の114億米ドルから2025年には712億米ドルに拡大予測(2020月07年31日)
  • AIエッジチップセットの収益規模、2025年には519億米ドルに エッジでのAI推論の必要性が需要を牽引(2020月07年31日)
  • 人工知能ソフトウェア、幅広いビジネスモデルで展開 ハイブリッドソリューションの年間売上高は2025年には455億ドルを達成予測(2020月07年31日)
  • 外骨格ロボットスーツの市場規模、高度なロボット技術のニーズにより、2025年に26億米ドル到達予測 ヘルスケア、産業用、企業向けアプリケーションの需要が推進要因(2020月07年31日)
  • ロボットコンポーネントの市場規模、自動化と人工知能の需要拡大で2025年には1263億米ドルに 企業向けロボットの拡大が促進要因(2020月07年31日)
  • 感染症迅速診断検査、ジカ熱、エボラ、COVID-19などにより市場の成長が加速 ターンアラウンドタイムの短い薬の開発に注力(2020月07年31日)
  • 2019年のフェムテック市場規模、8億2060万米ドルと推定、2030年までにCAGR 12.65%で成長予測(2020月07年31日)
  • 海外発行の英文調査レポートのセミカスタムが可能になりました(2020月07年31日)
  • コンピュータービジョンの市場規模、2025年に335億米ドルに達する見込み ディープラーニングが市場を牽引(2020月07年31日)
  • 小売り向けAIの市場規模、2025年までに推定98億米ドルに、2019年の約8倍に成長(2020月07年31日)
  • ドローン配送サービス市場、即日配送の需要、遠隔地の医療品供給、非接触型配送の必要性などが成長要因 ドローンの精度に対する懸念が抑制要因(2020月07年31日)
  • 製薬業界、COVID-19パンデミックに向け、155種類の医薬品と70種類のワクチンが開発中 PCR、シーケンシング、ELISAなどの高度な技術が研究を可能に(2020月07年10日)
  • サンプル前処理市場最大のエンドユ−ザ−は大学や研究所 続く病院・臨床分野では核酸抽出や細胞分離などの前処理技術が主な需要(2020月07年10日)
  • クロマトグラフィー市場、今後5年間は4.6%の成長率で推移 消耗品で構成されるアフターマーケット部門が売上高の半分以上を占める(2020月07年10日)
  • ライフサイエンス機器の市場、ゲノミクス技術の需要に牽引され、今後5年間でCAGR 6.4%の成長予測(2020月07年10日)
  • 遺伝子治療の開発と製造、ウイルスベースの高い価格設定がネックに 非ウイルス方法による遺伝子導入の検討が進む(2020月07年10日)
  • 医療機器CRO、開発企業の需要に後押しされ、2010年以降50社以上設立 ビッグデータ分析、AIなど新技術の採用でコスト削減などの課題に対処(2020月07年09日)
  • 汎用性の高い幹細胞治療、COVID-19パンデミックの解決策への可能性も 幹細胞ドナーの不足、治療時の免疫反応、倫理的な問題などが阻害要因(2020月07年09日)
  • 2019年10月現在、FDA承認の医薬品製造施設の13%が中国に設立 安価な製造コスト、熟練した労働力の存在などが牽引要因(2020月07年09日)
  • 静脈内投与から皮下投与へ 慢性疾患の発症率の増加と、治療法・デバイスの開発が、皮下注生物製剤市場の成長を牽引(2020月07年09日)
  • 微生物治療薬の開発、アウトソーシングによる設備投資の削減、商業的リスクの軽減 受託製造業者、医薬品開発から申請まで幅広い能力(2020月07年09日)
  • カンナビノイド、中毒性を除き、有益な薬理学的な成分の同定が可能に 製薬業界では、大麻由来の製品を症状緩和薬として開発(2020月07年08日)
  • 医薬品売上高、世界第2位の中国市場 人件費の安さ、大規模な消費環境などの利点からも中国国内での開発・製造受託機関の需要は拡大(2020月07年08日)
  • ミリ波技術の市場規模、2020年の10億米ドルから2025年には34億米ドルに達し、CAGR26.4%で成長すると予測(2020月07年08日)
  • スマート温室の市場規模、2020年の14億米ドルから2025年には21億米ドルに達し、CAGR9.2%で成長すると予測(2020月07年08日)
  • クラウドアプリケーションの市場規模、2020年の1710億米ドルから2025年には3560億米ドルに達し、CAGR15.8%で成長すると予測(2020月07年08日)
  • スーパーキャパシタの市場規模、2020年の4億900万米ドルから2025年には7億2000万米ドルへ、CAGR12.0%で成長予測(2020月07年07日)
  • 分散型音響センシングの市場規模、2020年の4億6200万米ドルから2025年は7億9200万米ドルへ、CAGR11.4%で成長予測(2020月07年07日)
  • 粒度分布測定の市場規模、2020年の3億5600万米ドルから2025年には4億6500万米ドルへ、CAGR5.5%で成長予測(2020月07年07日)
  • ビデオ分析の市場規模、2020年の49億米ドルから2025年には117億米ドルに達し、CAGR19.0%で成長すると予測(2020月07年06日)
  • ワイヤレスガス検知の市場規模、2020年の15億米ドルから2025年には19億米ドルに達し、CAGR4.8%で成長すると予測(2020月07年06日)
  • Cambridge主催 バーチャル国際会議、お申込み受付開始(2020月07年06日)
  • 反応性希釈剤の市場規模、2020年の9億5200万米ドルから2025年には13億900万米ドルに達し、CAGR6.6%で成長すると予測(2020月07年06日)
  • 創傷被覆材の市場規模、2020年の70億米ドルから2025年には112億米ドルに達し、CAGR9.7%で成長すると予測(2020月07年06日)
  • コールドチェーンモニタリングの市場規模、2020年の46億米ドルから2025年には82億米ドルに達し、CAGR12.5%で成長すると予測(2020月07年06日)
  • 衛生陶器の市場規模、新型コロナの影響で2020年には縮小するも2025年には446億米ドルに達し、CAGR6.8%で成長予測(2020月07年03日)
  • 小規模LNGの市場規模、2025年には26億米ドルに到達見込み 大型車向け燃料としての需要が市場を牽引(2020月07年03日)
  • 地理空間画像解析の市場規模、2020年の69億米ドルから2025年には279億米ドルへ、CAGR32.1%で急成長予測(2020月07年03日)
  • 光インターコネクトの市場規模、2020年の90億米ドルから2025年には171億米ドルに達し、CAGR13.7%で成長すると予測(2020月07年03日)
  • 半自律型バスの市場規模、2020年の2万3613台から2025年には7万1682台に達し、CAGR24.9%で成長すると予測(2020月07年03日)
  • Cambridge主催各種バーチャル国際会議、お申込み受付開始(2020月07年03日)
  • コンパニオン診断薬利用の医薬品開発、約60%の臨床試験コスト削減を実現 企業は開発の8割を外部のサービスプロバイダーに依存(2020月07年02日)
  • 幹細胞治療、20以上のバイオテクノロジー企業や学術機関がCOVID-19治療の有効性を実証中(2020月07年02日)
  • 眼科用医薬品の開発・製造業務、受託製造業者に委託の傾向 市場投入までの期間の短縮、商業的リスクの大幅な軽減などがメリット(2020月07年02日)
  • 低分子有機リガンドの自動スクリーニング、DNAコード化ライブラリーの利用により10日で潜在的なリード分子の同定が可能に(2020月07年02日)
  • 標的タンパク質分解治療薬、医学界から多くの支持 急性骨髄性白血病、アルツハイマー病、乳がん、前立腺がん他、様々な治療薬として開発が進む(2020月07年02日)
  • スマート照明市場、スマートシティプロジェクトの増加とLEDライトのコスト削減が需要を押し上げる 地域別では北米が市場をリード(2020月07年01日)
  • 2019年の製薬・バイオテクノロジー分野における研究開発費は推定1820億米ドル、16,000以上の薬物分子の調査が報告される(2020月07年01日)
  • プレフィルドシリンジの消費量、過去10年間で3倍に 高度な無菌充填/仕上げ操作のアウトソーシング傾向はさらに増加(2020月07年01日)
  • フラグメント創薬の市場規模、2019年の研究開発費は1820億米ドルと推定 商業化の承認まで平均でも10年以上(2020月06年30日)
  • ペプチド医薬品、その薬理学的価値と安全性から需要高まる 今後10年、受託製造は専門プロバイダーへの依存傾向が続く見込み(2020月06年30日)
  • オリゴヌクレオチド、コロナウイルス診断にも対応 創薬コストが比較的低いことからも医薬品としての製品化進む(2020月06年30日)
  • がん治療における免疫チェックポイント療法、強力な治療法として期待 自己免疫疾患の予防・治療の有効性にも注目(2020月06年30日)
  • ペプチド・大環状関連の創薬、60種類以上が承認 現在400以上のペプチドベース医薬品が臨床試験中(2020月06年30日)
  • セルフチェックアウトシステムの市場規模、2019年に28億米ドル到達、2020年から2027年はCAGR13.3%で成長予測(2020月06年29日)
  • インスリンパッチポンプの市場規模、2020年から2027年までCAGR10.9%で拡大見込み 糖尿病の有病率の上昇や先進パッチポンプへの意識の高まりが市場の成長(2020月06年29日)
  • 長期介護(LTC)の市場規模、2019年の1兆米ドルから2027年までCAGR7.1%で拡大の予測 アジア太平洋地域は最速で成長の見込み(2020月06年29日)
  • デジタル地図の市場規模は、2019年61億9,000万米ドルから2027年までCAGR13%で成長の見込み 自動運転向けで競争激化(2020月06年29日)
  • キトサンの市場規模、2020年から2027年はCAGR24.7%で拡大の予測 水処理が日本市場を牽引(2020月06年29日)
  • バイオエタノールの市場規模、2020年の337億米ドルから2025年には648億米ドルに成長、CAGR14.0%を記録すると予測(2020月06年29日)
  • 「国別レポート」ページ開設! 国および地域別一覧から調査対象レポートの選択が容易に(2020月06年26日)
  • 米国の血管アクセス機器・アクセサリーの市場規模は、2020年の48億米ドルから2026年には57億米ドルに達し、CAGR 2.7%で成長予測(2020月06年26日)
  • 欧州の末梢血管デバイス市場規模、2019年の13億ユーロから2026年には16億ユーロに達し、CAGR 2.9%で成長予測(2020月06年26日)
  • 米国の末梢血管デバイスの市場規模、2020年の71億米ドルから2026年に104億米ドルへ拡大予測(2020月06年26日)
  • 世界の中枢神経系疾患、2019年から2030年までに12%の増加予測、 治療薬にはBBB浸透に対する技術の開発が必須(2020月06年26日)
  • 欧州の整形外科用外傷装置の市場規模、2019年の8億700万ユーロから2026年に7億8310万ユーロへ縮小、CAGRは0.4%のマイナス成長予測(2020月06年26日)
  • センサーパッチの市場規模、2020年の12億米ドルから2025年には64億米ドルに達し、CAGR40.5%で成長予測(2020月06年25日)
  • 血管アクセスデバイス・アクセサリーの市場規模、2026年には57億米ドルに達し、CAGR 2.7%で成長予想 カテーテル関連の感染症や合併症への懸念が阻害要因に(2020月06年25日)
  • 体外毒性検査の市場規模、2019年に153億米ドル到達、2027年までCAGR9.2%で成長すると予測(2020月06年25日)
  • 永久磁石の市場規模、2019年の207億4000万米ドルから2027年までCAGR 7.5%で成長する見込み(2020月06年25日)
  • 半自律型・自律型バスの市場規模、2030年には27億7300万米ドルへ、CAGRも23.2%で成長すると予測(2020月06年24日)
  • 産業用ロボットの市場規模、2025年には730億米ドルへCAGR10.4%で成長予測 予測値はCOVID-19前より3%減の見込み(2020月06年24日)
  • 皮膚科用機器の市場規模、2019年に118億米ドル到達、 2027年まで15.1%のCAGRで成長予測(2020月06年24日)
  • 研究用抗体の市場規模、2019年の34億米ドルから2027年までCAGR6.2%で成長予測(2020月06年24日)
  • 3D細胞培養の市場規模、2019年に14億米ドル到達、2027年までCAGR11.3%で成長予測 生体内環境の模倣でさらなる市場の拡大へ(2020月06年24日)
  • 医療用プラスチックの市場規模、2021年には294億米ドルに、CAGR17.2%で成長すると予測(2020月06年23日)
  • アナリティクスの市場規模、2021年には338億米ドルへ、CAGR15.5%で成長すると予測(2020月06年23日)
  • 電気自動車およびEVインフラの市場、2021年には418万台規模へ、CAGR22.1%の成長を見込むも、COVID以前の予測からは34%の減少(2020月06年23日)
  • 5Gインフラの市場規模、2025年まで449億米ドルに達し、CAGR28.97%で成長する見込み COVID-19以前の予測と比較して22.7%減少(2020月06年23日)
  • スマート製造の市場規模は2025年に2204億米ドルに達すると期待されるも、予測値はCOVID-19前と比べて16%の縮小(2020月06年23日)
  • 飼料市場、2021年に2890億米ドル規模到達 COVID-19の影響でサプライチェーンが混乱、食品や原料の価格変動が課題(2020月06年22日)
  • 潤滑油の市場規模、2021年には1655億米ドルに達すると予測 エンジンオイル部門は輸送・建設業界用途で、COVID-19流行の影響が大きい(2020月06年22日)
  • バッテリー式エネルギー貯蔵の市場規模、2021年には73億米ドルに到達、CAGR13.7%で成長予測(2020月06年22日)
  • 空港運営の市場規模、2025年に145億米ドルへ、CAGR11.0%で推移すると予測 短期的な落ち込みを見せるも、2021年から小幅な回復に期待(2020月06年22日)
  • 複合材料の市場規模、2021年には829億米ドルへ、CAGRマイナス4.4%で減退予測 広範な用途により、今後の需要拡大に期待(2020月06年22日)
  • 中国金融リース市場、当局の規制により減少に転じるも、市場の標準化で関連事業の成長が見込まれる(2020月06年19日)
  • 中国のコールドチェーン物流、急伸の生鮮食品が電子商取引拡大の要因 医薬品、ワクチン、血液製剤、診断薬などの需要に期待(2020月06年19日)
  • COVID-19の世界的流行によりモバイル決済取引が拡大、最大市場である中国は2020年に年率31.8%増の777兆5000万元に達する予測(2020月06年19日)
  • 新型コロナウイルス流行後の国土安全保障管理の市場規模、2025年に1兆810億米ドルに達すると予測 パンデミック対策の技術の集結が市場を後押しする(2020月06年19日)
  • 新エネルギー車の生産・販売大国、中国 電池メーカー5社が世界の出荷数トップ 10 にランクイン 上位企業による占有続く(2020月06年18日)
  • 中国製農業機械の技術向上により輸入品への依存度が低下、トラクター生産台数は増加するも無人航空機の普及に課題(2020月06年18日)
  • 自動パーキングの世界市場、超音波+視覚との融合ソリューションへ移行 OEMやTier1サプライヤーの開発に注目(2020月06年17日)
  • 中国のスマートメーター、2019年に342億8000万元規模に成長 今後、主力のスマート電力メーターからガスメーター・水道メーターに需要が分散(2020月06年17日)
  • 自律走行型ミニバス市場、高コストおよび政策や規制面が大規模運用への課題 COVID-19状況下の健闘で新たなチャンスも(2020月06年17日)
  • 特殊車両業界で進む自律走行化:サニテーション清掃車、空港、農業、鉱業分野で飛躍的に発展中(2020月06年17日)
  • 世界のフォークリフト市場、今後は電動化へのシフトとともに、リチウムイオン電池や水素電池へと移行(2020月06年17日)
  • 自動車用OS市場、OEMが重要視 オープンソースのソフトウェアの利用でコスト削減を実現(2020月06年16日)
  • 自動運転のTier1市場、ADASを中心とした事業で収益 中国のTier 1サプライヤーはアクチュエーション技術不足の克服が課題(2020月06年16日)
  • 自動車用ミリ波レーダー市場、77GHzを中心に拡大 自動駐車、CVIS、インテリジェント交通へ展開(2020月06年16日)
  • 自動車ドメインコントロールユニット市場、5Gの車載化に伴い、2021年にコックピットDCUの出荷が爆発的に増加見込み(2020月06年16日)
  • 中国のレベル4自動運転、限定地域でのロボタクシーの商業運転に成功 CVISの利用でより高度な開発に着手(2020月06年16日)
  • 中国のモーションコントローラ産業、COVID-19の影響で低迷が予測されるも、設備製造の再構築により2021年以降は成長に転じる見込み(2020月06年16日)
  • 進化するモーター駆動システムの予知保全市場、2024年までに9億610万米ドルに達する予測 スマートセンサー、ポータブルモニタリングデバイスなどが対象に(2020月06年15日)
  • 自動運転シミュレーションの市場、占有が進む大手企業、CVIS技術を携え次なる開発へ(2020月06年15日)
  • 中国の医薬品流通業界、2026年には4兆2257億元の規模に成長、薬局の小売チェーン化が進む(2020月06年15日)
  • 中国市場で急成長の車載ミリ波レーダー、費用対効果でみる利点 Boschなど10数種類の設計、サプライチェーン、コスト調査(2020月06年15日)
  • 自動車金融の主要部門である金融リース、中国では2019年にかけて自動車業界の回復と共に発展、市場規模は1073億元に到達(2020月06年15日)
  • 中国の射出成形機市場、生産、輸出ともシェア50%にせまる 2020年はCOVID-19パンデミックの影響で弱気傾向もプラスチックの軽量化で回復を見込む(2020月06年15日)
  • 自動車用ビジョン業界チェーンの中国市場、フロントビュー単眼カメラは前年比95.6%で急増するも、海外企業による占有続く DMS、CMSなど広い用途での市場で拡大(2020月06年12日)
  • ニードルコークス市場、遅れて参入の中国が巨額投資により生産量を拡大中(2020月06年12日)
  • 自動車への高精度測位搭載が増加、コスト削減により量産も始まる(2020月06年12日)
  • シェアードモビリティ市場、自動運転の開発が市場拡大の必須条件に 自動車メーカーやロボタクシー企業が市場に参入(2020月06年12日)
  • フォークリフト市場、最大生産・販売国の中国で産業車両の増加とともに市場が拡大 リチウム電池式の売上が急騰中(2020月06年12日)
  • ビデオストリーミングの市場規模、2019年に426億米ドル到達 2020年から2027年までCAGR20.4%で成長予想(2020月06年11日)
  • パーソナルケア用品受託製造、2019年の市場規模は181億米ドル 2027年までCAGR6.1%で成長予測(2020月06年11日)
  • 新型コロナの診断、治療、予防アプローチ:加速する臨床試験、現在400件超が進行中、幹細胞利用は15件以上(2020月06年11日)
  • 産業用ポンプの市場規模、2019年626億米ドルから2027年までCAGR5.9%で成長の見込み要因はインフラ開発支出の増加(2020月06年11日)
  • 医療シミュレーションの市場規模、2025年には37億米ドルへ、CAGRも14.6%で成長すると予測(2020月06年11日)
  • 無人搬送車(AGV)の市場規模、2020年から2027年にかけて14.1%のCAGRを達成 生産性の向上と人件費の削減が市場を後押し(2020月06年11日)
  • デジタル教育の市場規模、2025年には332億米ドルへ、CAGRも31.4%で成長すると予測(2020月06年10日)
  • コンデンシングユニットの市場規模、2025年には357億米ドルへ、CAGRも8.5%で成長すると予測(2020月06年10日)
  • 自動車用ソフトウェアの市場規模、2025年には370億米ドルへ、CAGRも16.9%で成長すると予測(2020月06年10日)
  • 自動車向け車内大気質改善ソリューション、新型コロナの影響により消毒・殺菌装置の需要が拡大、市場全体の成長を促進(2020月06年10日)
  • 接着剤およびシーラントの市場規模、2021年には668億米ドルへ Covid-19の影響が今後の市場成長率を押し下げる見込み(2020月06年09日)
  • スマートグリッドの市場規模、2021年には288億米ドルへ、CAGRも7.1%で成長すると予測(2020月06年09日)
  • 医療用チューブの市場規模、2025年には29億米ドルへ、CAGRも13.2%で成長すると予測(2020月06年09日)
  • 工作機械の市場規模、2021年までCAGR5.0%で成長予測 COVID-19パンデミックや米中間の貿易戦争により成長率は低下の見込み(2020月06年09日)
  • LiDARの市場規模、2019年11億米ドルから2027年までCAGR13.2%で拡大見込み コリドーマッピングが2019年アプリケーション別で最大シェア(2020月06年09日)
  • 包装市場、2021年までCAGR5.5%で成長し、1兆126億米ドル規模到達へ、COVID-19が市場に与える影響とは?ベスト/ワーストケースシナリオ予測(2020月06年09日)
  • 医療用品の市場規模、COVID19の感染拡大により2021年には1000億米ドルへ、CAGR13.4%で成長すると予測(2020月06年09日)
  • 物流市場規模、2021年には3兆2,150億ドルへ、CAGR17.6%で成長するも、COVID-19の影響で、前年比10〜15%の減少(2020月06年09日)
  • COVID-19ワクチンの市場規模、2022年の22億7300万米ドルから2025年には14億1000万米ドルへ、CAGR−14.9%で縮小予測(2020月06年08日)
  • エッジAIソフトウェア、企業によるリモートワークの推進、製造業における自動化などCOVID-19対策が市場の成長を後押し(2020月06年08日)
  • 救急医療装置の市場規模、新型コロナの影響で2019年から2020年はCAGR44.1%で拡大予測 一転2021年は大幅縮小見込み(2020月06年08日)
  • 学校・キャンパスセキュリティ市場、2018年から2025年にかけてCAGR5.2%で成長見込み 米国が最大シェア占める(2020月06年08日)
  • 新型コロナウイルスの治療、23の幹細胞臨床試験実施 間葉系幹細胞(MSC)へ高まる期待(2020月06年08日)
  • 体外診断 (IVD) の市場規模、新型コロナの影響で2020年は縮小予測も2025年には779億米ドル到達予測(2020月06年05日)
  • iPS細胞市場の商業化、多様に拡大 世界で68社以上がiPSC製品、サービス、技術、治療法を提供中(2020月06年05日)
  • エクソスケルトン、2019年の市場規模は6億2,630万米ドル、タイプ別ではシェア61%超の移動型が市場を占有(2020月06年05日)
  • フェノール樹脂板の市場規模、2025年には24億米ドルへ、CAGRも6.5%で成長すると予測(2020月06年05日)
  • mヘルス (モバイルヘルス) ソリューションの市場規模、2025年には2,136億米ドルへ、CAGRも33.3%で成長すると予測(2020月06年05日)
  • 防弾市場規模、2025年まで172億米ドルに成長、CAGR も6.4%を記録する見込み(2020月06年05日)
  • 抗ウイルス薬、感染症ワクチンなどにより市場規模は縮小傾向 2027年までのCAGRはマイナス2.3%予測(2020月06年05日)
  • 圧力容器の市場規模、2025年までに533億米ドルに、CAGR も4.5%で成長する予測(2020月06年05日)
  • 医療機器洗浄の市場規模、2025年には26億米ドルへ、CAGRも7.9%で成長すると予測(2020月06年05日)
  • 体外式膜型人工肺 (ECMO) 市場、合併症リスクや高コスト、専門家不足が今後の課題(2020月06年05日)
  • スマート農業の市場規模、2025年には220億米ドルに、CAGRも9.8%で成長すると予測(2020月06年05日)
  • ポリウレアコーティングの市場規模、2025年に14億8100万米ドルへ成長、CAGR も10.8%を記録する見込み(2020月06年05日)
  • ウイルスベクター・プラスミドDNA製造の市場規模は、3億6830万米ドルに到達、2027年までCAGR14.52%で拡大予測(2020月06年04日)
  • HVACシステムの市場規模、2025年までに2,770億米ドル到達へ APACの建設活動と人口増加が市場を牽引(2020月06年04日)
  • サーボモータとドライブの市場規模、2025年には168億米ドルへ、CAGRも4.0%で成長すると予測(2020月06年04日)
  • バイオ潤滑油の市場規模、2025年には24億米ドルに、CAGRも4.1%で成長すると予測(2020月06年04日)
  • ウェアラブルヘルスケアデバイスの市場規模、2025年には466億米ドルに、CAGRも20.5%で成長すると予測(2020月06年04日)
  • 工業用制御装置・ファクトリーオートメーションの市場規模、2025年には2293億米ドルに、CAGRも8.6%で成長すると予測(2020月06年04日)
  • 農業用微生物の市場規模、2025年には116億米ドルへ、CAGRも14.1%で成長すると予測(2020月06年04日)
  • ライナーレスラベルの市場規模、2025年には20億米ドルへ、CAGRも4.1%で成長すると予測(2020月06年04日)
  • 獣医用ワクチンの市場規模、2025年には113億米ドルへ、CAGR7.2%で成長すると予測(2020月06年03日)
  • 世界製造業へのCOVID-19の影響〜詳細分析レポートを無償提供〜(2020月06年03日)
  • 自動車用エアバッグ&シートベルト(VDR)の市場規模、2025年には404億米ドルへ、CAGR7.5%で成長すると予測(2020月06年03日)
  • 世界の低速車両の市場規模、2025年には63億米ドルへ、CAGRも8.6%で成長すると予測(2020月06年03日)
  • 解乳化剤の市場規模、2025年には26億米ドルへ、CAGRも4.0%で成長すると予測(2020月06年03日)
  • 世界の保護リレー (保護継電器) の市場規模、2025年には27億米ドルへ、CAGRも5.7%で成長すると予測(2020月06年03日)
  • 食物繊維の市場規模、2025年まで96億米ドルに成長、CAGRも12.5%を記録する見込み(2020月06年02日)
  • ヘルスケアおよびライフサイエンスにおける自然言語処理(NLP)の市場規模、2025年には37億米ドルへ、CAGRも20.5%で成長すると予測(2020月06年02日)
  • CRO(医薬品開発業務受託機関)サービスの市場規模、2025年まで737億7,000万米ドルに成長、CAGRも9.1%を記録する見込み(2020月06年02日)
  • 大判プリンターの市場規模、2025年には112億米ドルへ、CAGRも3.8%で成長すると予測(2020月06年02日)
  • エネルギーハーベスティングシステムの市場規模、2025年には7億7500万米ドルへ、CAGRも9.8%で成長すると予測(2020月06年02日)
  • 自動車用燃料タンクの市場規模、2027年には274億米ドルへ、CAGRも4.2%で成長すると予測(2020月06年02日)
  • 超広帯域無線 (UWB) の市場規模、2025年には27億米ドルへ、CAGRも19.6%で成長すると予測(2020月06年02日)
  • 大気質モニタリングシステムの市場規模、2025年には60億米ドルに、CAGRも5.6%で成長すると予測(2020月06年01日)
  • ワイヤレスオーディオデバイスの市場規模、2025年まで1342億米ドルに成長、CAGRも18.6%を記録する見込み(2020月06年01日)
  • カロテノイドの市場規模、2026年までに20億米ドルへ成長、CAGR も4.2%を記録する見込み(2020月06年01日)
  • 創薬サービスの市場規模、2025年には191億米ドルへ、CAGRも12.1%で成長すると予測(2020月06年01日)
  • ブロックチェーンの市場規模、2025年まで397億米ドルに成長、CAGRも67.3%を記録する見込み(2020月06年01日)
  • 変圧器油の市場規模、2025年に30億米ドルへ 発展途上国の電力網アップグレードが市場の成長を促進(2020月06年01日)
  • 非フタル酸系可塑剤の市場規模、2025年には39億米ドルへ、CAGRも4.6%で成長すると予測(2020月06年01日)
  • 工業用酵素、2026年の市場規模は87億米ドル予測、環境問題への関心の高まりとバイオエタノール需要の増加が市場の成長を牽引(2020月06年01日)
  • 電池リサイクルの市場規模、2025年には232億米ドルへ、CAGRも6.1%で成長すると予測(2020月06年01日)
  • 乗員分類システムの市場、2025年に28億米ドル規模へ到達見込み、安全な車両への需要が市場の成長を牽引(2020月06年01日)
  • インフルエンザ診断市場、2025年までCAGR7.8%で成長予測、従来型では迅速診断検査(RIDT)が最大シェア(2020月06年01日)
  • イオン交換樹脂市場、2025年に22億米ドル規模へ、APACの都市化と原子力需要の増加が市場を牽引(2020月06年01日)
  • ロール・ツー・ロールプリンテッドエレクトロニクスの市場規模は2020年72億米ドルから電子デバイスの小型化などに牽引され2025年183億米ドルまで拡大の見込み(2020月06年01日)
  • 自動車用V2X (Vehicle-to-Everything) の市場規模、2028年には128億5900万米ドルへ、CAGRも44.2%で成長すると予測(2020月05年29日)
  • セキュリティ分析の市場規模、2024年には181億米ドルへ、CAGRも18.2%で成長すると予測(2020月05年29日)
  • リチウムイオン電池リサイクルの市場規模、2030年には181億米ドルへ、CAGRも8.2%で成長すると予測(2020月05年29日)
  • インバーターの市場規模は2020年128億米ドルの予測、2025年までに265億米ドルへ拡大の見込み(2020月05年29日)
  • クラウドゲーミングの市場規模、2024年には31億700万米ドル、CAGRも59.0%で成長すると予測(2020月05年29日)
  • 3Dセンサーの市場規模、2025年には100億米ドルへ、CAGRも27.9%で成長すると予測(2020月05年29日)
  • プレシジョン・ソース/メジャーユニット市場、自動車産業と医療産業需要が牽引、2019年から2024年までCAGR10.1%で推移し、6億3,700万米ドル規模へ(2020月05年29日)
  • DC電源の市場規模、2024年には4億5400万米ドルへ、CAGRも4.7%で成長すると予測(2020月05年29日)
  • IGBT(絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ)の市場規模、2025年には66億米ドルへ、CAGRも4.6%で成長すると予測(2020月05年29日)
  • 包装印刷の市場、2019年3,506億米ドルから2024年までCAGR4.7%で成長し、4,406億米ドルに達する予測(2020月05年29日)
  • シミュレータ市場、2025年に279億米ドル規模へ到達見込み パイロット訓練のコスト削減が市場の成長を牽引(2020月05年29日)
  • ユーティリティ向けのIoT市場、2019年286億米ドルから2024年までCAGR13.5%で成長し、538億米ドルに達する予測(2020月05年29日)
  • AR市場は2019年から2024年までCAGR46.6%で成長し、727億米ドル規模へ拡大予測 投資の増加が市場を牽引(2020月05年29日)
  • 高温断熱材の市場規模、2024年には89億米ドルへ、CAGRも8.2%で成長すると予測(2020月05年28日)
  • ブレージングプレート式熱交換器 (BPHE) の市場規模、2024年には11億2000万米ドルへ、CAGRも7.0%で成長すると予測(2020月05年28日)
  • UV-C LED市場、新型コロナ禍における除菌への世界的意識の高まりが需要を促進(2020月05年28日)
  • ミニLEDバックライト技術の普及率、2025年までにIT製品市場全体で18%に達する見込み(2020月05年28日)
  • インダストリアルIoT (IIoT)の市場規模、2025年まで1,106億米ドルに成長、CAGR も7.4%を記録する見込み(2020月05年28日)
  • ガントリーロボットの市場規模、2025年には41億米ドルへ、CAGRも6.0%で成長すると予測(2020月05年28日)
  • 粉体塗装の市場規模、2025年には214億米ドルへ、CAGRも6.3%で成長すると予測(2020月05年28日)
  • マイクロマシニングの市場規模は、2025年までCAGR6.2%でプラス成長の予測 電子デバイスの小型化が市場を牽引(2020月05年28日)
  • シリコン電池の市場規模、2025年に1億7700万米ドル突破予測 CAGRは36.2%で推移見込み(2020月05年28日)
  • 外科用ロボットの市場規模、2025年に118億米ドル到達 CAGR12.1%で成長予測(2020月05年28日)
  • カテーテル市場、2025年までに242億ドル規模到達見込み、心房細動の高い有病率、高齢者人口の増加が電気生理カテーテルの成長を促進(2020月05年28日)
  • マシンビジョン市場は、2020年107億米ドルから2025年147億米ドルへ成長の見込み ロボットセルが速い成長を見せる予測(2020月05年28日)
  • エンドポイントセキュリティ市場、防御の第一階層となるEDRが急速成長の見込み(2020月05年27日)
  • コラボレーティブロボット (コボット) の市場規模、2026年には79億7,200万米ドルへ、CAGRも41.8%で成長すると予測(2020月05年27日)
  • 産業用X線装置の市場規模、2025年まで7億8400万米ドルに成長、CAGR 8.1%を記録する見込み(2020月05年27日)
  • リチウム化合物の市場規模、2025年には135億米ドルへ、CAGRも20.6%で成長すると予測(2020月05年27日)
  • バーチャルデータルームの市場規模、2025年には27億米ドルへ、CAGRも14.4%で成長すると予測(2020月05年27日)
  • ToFセンサーの市場規模は2020年28億米ドルから2025年69億米ドルへ拡大の予測 スマートフォンが牽引して家電機器用が最大シェア占有の見込み(2020月05年27日)
  • テレマティクスソリューションの市場規模、2025年に626億米ドル到達、CAGR15.9%で成長予測(2020月05年27日)
  • 移植診断市場規模、2025年には55億米ドルへ、CAGRも7.2%で成長すると予測(2020月05年27日)
  • ボリューメトリックビデオの市場規模は、2020年14億米ドルから2025年58億米ドルへCAGR32.8%で拡大の見込み(2020月05年27日)
  • 表面検査市場は、2020年37億米ドルから2025年53億米ドルへ成長の予測 オートメーション化が市場を牽引(2020月05年26日)
  • 状況認識の市場規模、軍のモビリティソリューションの使用、サイバーセキュリティにおける重要度などを要因に2025年までに218億米ドルへ成長の見込み(2020月05年26日)
  • 可変冷媒流量制御システムの市場規模、2025年までに319億米ドルへ成長、CAGRも12.7%を記録する見込み(2020月05年26日)
  • 航空機用マイクロタービンエンジンの市場規模、2030年には6,100万米ドルへ、CAGR も10.0%で成長する見込み(2020月05年26日)
  • 深層ろ過市場規模、2025年には29億米ドルへ、CAGRも9.0%で成長すると予測(2020月05年26日)
  • LNG貯蔵タンク市場、タイプ別では自立型、素材別では鉄鋼セグメントが市場を牽引予測(2020月05年26日)
  • 床下暖房の市場規模、2025年には66億米ドルへ、CAGR7.3%で成長すると予測(2020月05年26日)
  • データレイクの市場規模、2019年79億米ドルからCAGR20.6%で成長し、2024年に201億米ドル到達予測 APAC地域は最速成長の見込み(2020月05年26日)
  • 長繊維熱可塑性樹脂市場、2025年には46億米ドル規模へ、CAGRも10.5%で成長すると予測(2020月05年26日)
  • 滅菌ろ過の市場規模、2019年47億米ドルから2025年74億米ドルへ拡大予測 膜孔径0.20.22マイクロメートルが最高のCAGRで成長の見込み(2020月05年26日)
  • 核医学の市場規模、2024年に52億米ドル到達予測 治療用ではアルファエミッターが最大シェア(2020月05年26日)
  • オーバーザトップ(OTT)の市場規模、2019年816億米ドルから2024年1,569億米ドルへ拡大予測 オンラインゲームが最大シェア維持見込み(2020月05年26日)
  • リコピンの市場規模、2025年に1億6100万米ドルに到達、CAGR5.0%で成長見込み(2020月05年26日)
  • 固体電池の市場規模、2020年の6,200万米ドルから2027年に4億8,300万米ドルへ急成長する予測 20mAh未満が2020年市場を占有する見込み(2020月05年25日)
  • 自律型無人潜水機(AUV)市場は、2025年には16億3800万米ドル規模に達し、CAGR20.8%で成長する見込み(2020月05年25日)
  • 新型コロナウイルス感染症後の食品安全検査市場、2021年に133億米ドル規模到達、CAGR21.4%で拡大予測(2020月05年25日)
  • IoTの市場規模、コロナ禍でも2021年に2,430億米ドルへ拡大、CAGRも13.7%で成長見込み(2020月05年25日)
  • COVID-19影響後のスマート照明市場:2025年に242億米ドル規模に達し、CAGR20.9%で成長予測、COVID-19以前の予測からマイナス21%下方修(2020月05年25日)
  • 税務ソフトウェアの市場規模、2027年に248億米ドルへCOVID-19パンデミックによる市場への影響とは?(2020月05年25日)
  • 倉庫オートメーション市場、2019年から2025年まで11.7%のCAGRで成長すると予測(2020月05年25日)
  • 再生可能エネルギー市場規模、2021年には2,261億米ドルに拡大 新型コロナの影響は少ない見込み(2020月05年25日)
  • ライドシェア市場規模、2020年に753億9000万米ドル到達見込み COVID-19の影響により2021年は従来予測から2%下方修正(2020月05年22日)
  • 新型コロナウイルス感染症後の植物性ミート市場、2021年に42億米ドル規模到達、CAGR17.0%で成長予測(2020月05年22日)
  • 非侵襲性ドラッグデリバリー装置市場、2019年から2025年までの期間中23.13%と大幅なCAGRで成長と予測(2020月05年22日)
  • 逆浸透 (RO) 膜の市場規模、2024年まで52億米ドルに成長、CAGR も11.7%を記録する見込み(2020月05年22日)
  • 冠動脈ステントの市場規模は2019年77億米ドルから2027年までCAGR4.7%で成長の予測、高齢化に伴う心疾患症例数の増加が市場を促進(2020月05年22日)
  • インテリジェントバーチャルアシスタントの市場規模、2019年37億米ドルから2027年までCAGR34%で成長の予測 スマートスピーカーが最速で成長(2020月05年22日)
  • ニードルコークス市場、2024年までに45億米ドル規模に到達すると予測(2020月05年22日)
  • 新型コロナウイルス感染症がサイバーセキュリティ市場に与える影響、2021年まで2,300億米ドル規模に達する見込み(2020月05年22日)
  • AC電源 (交流電源) 市場規模、2024年には11億米ドルに、変調方式別ではPWMが市場の成長を牽引(2020月05年21日)
  • 磁気分離機の市場規模、2025年には9億2,400万米ドルへ、CAGRも5.1%で成長すると予測(2020月05年21日)
  • カスタムTシャツ印刷の市場規模は2019年34億米ドル、2020年から2027年までCAGR 9.6%で成長、デジタル印刷が高い成長率の予測(2020月05年21日)
  • デジタルマルチメータ市場規模、2024年には10億4700万米ドルへ、CAGRも4.3%で成長すると予測(2020月05年21日)
  • 殺菌剤市場規模、2025年には245億米ドルへ、CAGRも4.6%で成長すると予測(2020月05年20日)
  • 軍用UAS (無人航空機システム)の市場規模、2019年から2024年までの期間中24.96%のCAGRで成長すると予測(2020月05年20日)
  • 5G衛星通信の市場規模、2021年から2030年までの期間中28.91%と大幅なCAGRで成長すると予測(2020月05年20日)
  • セキュアWebゲートウェイ(SWG)市場規模、2024年には109億米ドルへ、CAGRも19.1%で成長すると予測(2020月05年20日)
  • 赤外線イメージング市場、2025年までに46億米ドルに成長、CAGR も6.2%を記録する見込み(2020月05年20日)
  • 2019年の血友病市場規模は118億米ドル、タイプBが2027年までタイプ別市場で最速成長を見せる予測(2020月05年20日)
  • 医療廃棄物管理市場規模、2025年には90億米ドルへ、CAGRも5.6%で成長すると予測(2020月05年20日)
  • クリーンルーム技術の市場規模、2019年37億米ドル 製品タイプ別では手袋が最大売上シェアを獲得(2020月05年20日)
  • インタラクティブ・キオスク市場規模、2025年には328億米ドルへ、CAGRも4.6%で成長すると予測(2020月05年19日)
  • 世界の不揮発性メモリ・エクスプレス(NVMe)市場規模、2025年まで1,635億米ドルに成長、CAGRも29.7%を記録する見込み(2020月05年19日)
  • クローラカメラシステム市場規模、2025年には3億5300万米ドルへ、CAGRも14.5%で成長すると予測(2020月05年19日)
  • 税務管理市場規模、2024年まで270億米ドルに成長、CAGR も11.7%を記録する見込み(2020月05年19日)
  • 脱毛症の治療市場規模:2020年から2027年CAGR9.5%で成長予測 男性型脱毛症と円形脱毛症の有病率の上昇が市場を牽引(2020月05年19日)
  • 睡眠時無呼吸用デバイスの市場規模は2019年59億米ドル、2020年から2027年にかけてCAGR7.4%で拡大の予測(2020月05年19日)
  • T細胞急性リンパ芽球性白血病、治療法では化学療法が市場を支配 地域別では北米が市場を牽引(2020月05年19日)
  • 頭蓋および顔面インプラント市場、素材別では多孔質ポリエチレン、地域別では北米が市場を牽引見込み(2020月05年15日)
  • IGBTおよびサイリスタの市場規模、2027年までに69億6000万米ドルに到達見込み(2020月05年15日)
  • カーボンナノチューブ市場、2025年まで15%のCAGRで成長見込み OLEDディスプレイでの需要が増加予測(2020月05年15日)
  • Westlands Advisory Ltdと日本代理店契約を締結(2020月05年15日)
  • 軍事・航空宇宙向け機械制御ケーブル市場、2025年には119億米ドルへ、CAGRも5.1%で成長すると予測(2020月05年15日)
  • スマート照明市場、2025年には306億米ドルへ、CAGRも18.0%で成長すると予測(2020月05年15日)
  • 世界の感情検出・認識市場、2024年までに560億米ドル規模に成長、CAGRも21.0%を記録する見込み(2020月05年15日)
  • ロボタクシー市場、驚異的ペースで成長見込み 2025年までのCAGRは120%超の予測(2020月05年15日)
  • アフェレシス市場規模、2025年まで27億米ドルに成長、CAGR も8.1%を記録する見込み(2020月05年14日)
  • 種子コーティング市場規模、2025年には30億米ドルへ、CAGRも8.5%で成長すると予測(2020月05年14日)
  • 排ガス浄化触媒 (ECC) の市場、2024年には305億米ドルに、CAGRも7.7%で成長すると予測(2020月05年14日)
  • 無機顔料の市場規模:2024年に283億米ドル到達見込み、アジア太平洋地域が最大シェア占める(2020月05年14日)
  • 安定同位体標識化合物の市場規模、2024年までに3億1,200万米ドルに到達見込み(2020月05年14日)
  • 診断用心電計の市場規模、2024年に103億米ドルに到達見込み製品タイプ別では、安静時心電計(ECG)が最大シェア(2020月05年14日)
  • 硝酸市場:自動車内装品製造、自動車の軽量化などによるナイロン需要の増加が市場を牽引(2020月05年14日)
  • 前臨床CROの2019年の市場規模は41億米ドル、2020年から2027年はCAGR8.3%で拡大予測(2020月05年14日)
  • ハンドサニタイザー市場、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)蔓延による手指消毒剤の需要が高まり急成長中(2020月05年14日)
  • ガラス繊維・特殊合成繊維の市場、2024年まで914億米ドルに成長、CAGR も6.8%を記録する見込み(2020月05年14日)
  • インダクタ市場規模、2025年までに47億米ドルに成長、CAGR も4.2%を記録する見込み(2020月05年13日)
  • モバイルセキュリティ市場規模、2024年には72億米ドルに、CAGRも19.4%で成長すると予測(2020月05年13日)
  • 自動車用サーマルシステム市場、2027年まで646億米ドル規模に成長、CAGR も3.4%を記録する見込み(2020月05年13日)
  • 検査・保守用ロボット市場、2020年から2025年までの期間中12.73%と大幅なCAGRで成長すると予測(2020月05年13日)
  • 航空宇宙アフターマーケットの市場規模、2020年から2030年までの期間中3.87%のCAGRで成長すると予測(2020月05年13日)
  • デジタルコマース市場、COVID-19の影響で2020年の支出が14%減少予測(2020月05年13日)
  • 熱交換器の市場規模、2024年までに205億米ドルに達する見込み(2020月05年13日)
  • 航空機の電動化の市場、2030年には86億米ドルに、CAGRも12.2%で成長すると予測(2020月05年13日)
  • 電気外科手術市場、2025年には88億米ドルに、CAGRも5.2%で成長すると予測(2020月05年13日)
  • タッチプローブ市場、2025年まで7億3600万米ドルに成長、CAGR も4.0%を記録する見込み(2020月05年13日)
  • 電動パワートレイン市場:2027年までCAGR14.9%でに成長、市場規模は1914億米ドル到達見込み(2020月05年12日)
  • 自動車用センサー市場、2025年には419億米ドルへに、CAGRも6.9%で成長すると予測(2020月05年12日)
  • 炭酸ジメチル (DMC) 市場、2024年には12億700万米ドル規模に、CAGRも6.2%で成長すると予測(2020月05年12日)
  • 農作物保護用化学薬品の市場規模は2019年583億8,000万米ドル、2020年から2027年までは堅調な成長予測 除草剤が最大の市場シェア(2020月05年12日)
  • プレキャストコンクリートの市場規模 2020年から2027年 CAGR6.3%で拡大、アジア太平洋地域が最速で成長の予測(2020月05年12日)
  • 火災警報器・検知器の市場、2020年から2027年はCAGR8.4%で成長予測 先進煙検知器需要が市場を牽引(2020月05年12日)
  • メディカルイメージング市場規模は2020年から2027年CAGR4.0%の見込み 慢性疾患の早期診断と高齢化が市場を牽引(2020月05年12日)
  • 自動車用フィルター市場規模、2027年までに53.8億米ドルに達すると予測(2020月05年12日)
  • 世界の市場調査レポート販売グローバルインフォメーション、ハイテク情報ポータルサイト「GII-NEWS.JP」開設(2020月05年12日)
  • カメラモジュールの市場規模、2025年までに446億米ドルに成長する見込み(2020月05年12日)
  • パーティクルカウンターの市場規模、2024年までに5億8,000万米ドル到達見込み(2020月05年12日)
  • 圧電素子の市場規模、2025年までに347億米ドルに成長する見込み(2020月05年11日)
  • メンブレン(膜)の市場規模はCAGR 9.0%で成長、2024年までに83億米ドルに達する見通し(2020月05年11日)
  • フォトレジストと付属品の市場規模はCAGR6.1%で2024年までに45億米ドルへ成長の予測 ADASとセンサー需要がi線タイプを牽引(2020月05年11日)
  • 乳製品原料の市場規模は2019年538億米ドルからCAGR7.1%で814億米ドルへ成長予測(2020月05年11日)
  • 医療用接着剤の市場規模、2024年までに106億米ドルに成長すると予測(2020月05年11日)
  • 獣医用超音波装置の市場規模は、2020年3億3,800万米ドルから2025年4億4,800万米ドルへ成長の予測 最大市場は北米地域(2020月05年11日)
  • ビデオオンデマンド(VoD)の市場規模:2019年389億米ドルからCAGR17.5%で871憶米ドルへ拡大予測(2020月05年11日)
  • デジタルホログラフィー市場、2024年までCAGR19.8%で成長見込み(2020月05年11日)
  • 遺伝子治療の市場規模:2019年38億米ドルから2024年までにCAGR27.8%で130億米ドルへ拡大の予測(2020月05年11日)
  • グラフェンバッテリー市場、2024年までCAGR23.9%で成長見込み(2020月05年11日)
  • ワクチン市場規模、2024年までに584億米ドルに達すると予測:成長予測、地域別動向、参入企業プロファイル(2020月05年11日)
  • 吸収性ガラスマット電池の市場、2025年には139億米ドルに、CAGRも5.3%で成長すると予測(2020月05年11日)
  • EVワイヤレス充電市場、2027年まで2億3,400万米ドルに成長、CAGR も46.8%を記録する見込み(2020月05年11日)
  • 農業用ロボット市場は2025年までCAGR22.8%で成長、市場規模は206億米ドル到達見込み(2020月05年11日)
  • 世界の計装用バルブおよび継手の市場、2025年まで39億米ドルに成長、CAGR も3.0%を記録する見込み(2020月05年11日)
  • モバイルマーケティングの市場規模:2019年105億米ドルから2024年250億米ドルへCAGR18.9%で成長予測(2020月05年11日)
  • VVT (可変バルブ機構)・アイドリングストップシステム市場、2027年まで852億米ドルに成長、CAGR も5.7%を記録する見込み(2020月05年11日)
  • 木質パネル市場規模、2020年から2027年のCAGRは6.9%の予測 エコ包装資材としての利用も市場を牽引(2020月05年08日)
  • 女性のヘルスケア市場規模は2019年96憶米ドルからCAGR13.2%で2024年178億米ドル規模へ成長の予測(2020月05年08日)
  • アーバンエアモビリティ(UAM)市場、より高速でクリーンな輸送機関に対するニーズの高まりが市場への投資を促進(2020月05年08日)
  • 水性コーティング市場:樹脂タイプ別ではアクリルが最大シェア、地域別ではアジアが最速で成長予測(2020月05年08日)
  • 脳深部刺激装置市場規模:2019年10億米ドル、2020年から2027年はCAGR9.6%で拡大の予測(2020月05年08日)
  • サーマルプリントの市場、2025年まで535億米ドルに成長、CAGR も4.4%を記録する見込み(2020月05年08日)
  • 航空機フライトレコーダー市場、2025年までCAGR8%超で成長予測(2020月05年08日)
  • 溶接用品市場規模:2020年から2027年CAGR6.2%で成長の予測、アジア太平洋地域では自動車産業の拡大が市場を牽引(2020月05年08日)
  • 国土安全保障・危機管理市場、2025年まで8,465億米ドルに成長、CAGR も6.3%を記録する見込み(2020月05年08日)
  • 可変周波数ドライブ(VFD)の市場規模 インフラ開発投資が牽引し、2020年から2027年CAGR6.5%で成長予測(2020月05年08日)
  • カスタマーアナリティクス市場、2025年まで242億米ドルに成長、CAGR も18.2%を記録する見込み(2020月05年08日)
  • 航空宇宙・防衛向け材料市場規模、2020年から2027年のCAGRは4.0%、チタンが最速成長率の予測(2020月05年08日)
  • ホワイトペーパー「倉庫オートメーション業界にCOVID-19が及ぼす影響」(日本語訳版)の無料配布を開始しました。(2020月05年07日)
  • リチウム空気電池、エネルギー保持能力は従来のリチウム電池の最大5倍 - 輸送機関や配電ネットワーク向けに期待(2020月05年01日)
  • Webカメラの市場規模、2025年までCAGR8.7%で成長見込み(2020月05年01日)
  • 自動車オルタネーター市場、アジア太平洋地域と欧州が市場の成長を牽引(2020月05年01日)
  • 研磨材市場、2025年まで580億米ドルに成長、CAGR も4.5%を記録する見込み(2020月05年01日)
  • 創薬インフォマティクス市場、2025年には35億米ドルに、CAGRも9.3%で成長すると予測(2020月05年01日)
  • 農機具レンタル市場、2025年には664億米ドルに、CAGRも7.3%で成長すると予測(2020月05年01日)
  • 気泡ガラス市場:2025年までCAGR3.5%で成長、市場規模は6億1800万米ドル到達見込み(2020月05年01日)
  • 温度センサー市場、2027年には88億米ドルに、CAGRも4.8%で成長すると予測(2020月05年01日)
  • VPP (バーチャルパワープラント)市場、主要参入企業の戦略とは(2020月05年01日)
  • 商工業向けデマンドレスポンス(CIDR)市場、予測期間2020年から2029年にかけて安定した成長をする見通し(2020月05年01日)
  • SLAM技術の市場規模、2020年から2030年までの期間中49.41%のCAGRで成長と予測(2020月05年01日)
  • スマートナノマテリアル市場、2019年から2029年までの期間中33.32%のCAGRで成長すると予測(2020月05年01日)
  • コネクテッド玩具市場、子供の教育向けおよびスマートフォン対応商品が市場の成長を促進(2020月04年30日)
  • 持続可能なフードサービスパッケージ市場、オンラインによる食品注文が市場の成長を促進(2020月04年30日)
  • 建材一体型太陽光発電市場、2025年まで14.79%のCAGRで成長見込み(2020月04年30日)
  • ペットフード市場、ペットの「ヒト化」傾向により高まる健康志向(2020月04年30日)
  • 種子処理市場、2025年までCAGR9.8%で成長見込み 欧州が最大シェアを占める(2020月04年30日)
  • バイオセンサー市場規模:2020年から2027年CAGR7.9%で成長、農業用途が最速成長の見込み(2020月04年30日)
  • 急速するモバイルEV(電気自動車)充電器市場、新たなサービスと電源供給以外の市場機会も(2020月04年30日)
  • PoC(ポイントオブケア)診断の市場、2019年188億米ドル規模、2020年から2027年はCAGR3.2%予測(2020月04年30日)
  • 薬事業務アウトソーシング市場規模、2020年から2027年にかけてCAGR11.9%で拡大の予測、薬事ライティング・パブリッシングが市場を牽引(2020月04年30日)
  • インタラクティブホワイトボードの市場規模、2020年から2027年CAGR7.6%で成長予測 AI搭載で人気を集めるとの見込み(2020月04年30日)
  • 理学療法機器市場規模、2019年199憶米ドル、2020年から2027年はCAGR7.7%で成長の見込み(2020月04年30日)
  • 低温機器市場:2025年までCAGR6.4%で成長、市場規模は171億米ドル到達見込み(2020月04年24日)
  • 組織シーラント市場、タイプ別ではフィブリンシーラントが市場を支配見込み(2020月04年24日)
  • Voice over 5G(Vo5G)市場、5Gの商業化が市場の成長を牽引(2020月04年24日)
  • 使用済み燃料および核廃棄物管理市場、原子力発電所の廃炉活動が市場の成長を促進(2020月04年24日)
  • ヒートポンプおよびVRF (可変冷媒流量)システム市場、成長と競争が加速(2020月04年24日)
  • 妊娠検査キット市場、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(HCG)血液検査が市場の拡大を促進見込み(2020月04年24日)
  • ADMS (高度配電管理システム)市場、トップ9社の戦略とは(2020月04年24日)
  • ヨーグルト市場、プロバイオティクス系食品や飲料への需要の高まりが市場の成長を後押し(2020月04年24日)
  • 徐放性ドラッグデリバリー市場規模、2020年から2027年のCAGR7.8%、アジア大洋地域は最大の成長率の見込み(2020月04年24日)
  • バイオプラスチック・バイオポリマー市場:2025年までCAGR21.7%で成長、市場規模は279億米ドル到達見込み(2020月04年24日)
  • 自動運転システム開発市場における主要企業18社、戦略および実行力の分析(2020月04年24日)
  • 歯科用インプラントの市場規模、2020年から2027年CAGR9.0%で拡大、ジルコニウム製が急成長の予測(2020月04年24日)
  • 糖尿病デバイスの市場規模:2020年から2027年CAGR7.8%で成長の予測、高齢者人口と肥満症例数の増加が市場を牽引(2020月04年24日)
  • 補完代替医療の市場規模、2020年から2027年政府のイニシアチブが牽引しCAGR19.9%で成長の見込み(2020月04年24日)
  • 人工知能(AI)市場: エンタープライズ向けAI、契約情報の分析(2020月04年24日)
  • 行動/メンタルヘルスケアソフトウェア・サービスの市場規模、2020年から2027年CAGR11.1%で拡大の見込み(2020月04年24日)
  • 救急サービスの市場規模、2020年から2027年CAGR9.3%、アジア太平洋地域が急成長の予測(2020月04年24日)
  • ゴム修理用接着剤市場、2025年まで3億5,400万米ドルに成長、CAGR も4.0%を記録する見込み(2020月04年23日)
  • セラミックタイル市場規模、2020年から2027年CAGR6.7%で成長の予測(2020月04年23日)
  • 波力エネルギー市場、2025年まで1億700万米ドルに成長、CAGR も19.3%を記録する見込み(2020月04年23日)
  • 一般向け生体認証市場、2025年までCAGR17.2%で成長、指紋検出モジュールが市場を支配予測(2020月04年23日)
  • セキュリティ情報・イベント管理 (SIEM) 市場、2025年までに55億米ドルに成長、CAGR 5.5%を記録する見込み(2020月04年23日)
  • ハイブリッド接着剤およびシーラント市場、建設セクターからの需要増が市場の成長を後押し(2020月04年23日)
  • 競争の激しいロボティクス市場、主要プレーヤー100社を分析調査(2020月04年23日)
  • バイオスティミュラント市場、オーガニックフード産業の拡大が市場の成長を後押し(2020月04年23日)
  • グラファイト電極市場、電気アーク炉の使用増が市場の成長を後押し(2020月04年23日)
  • EPA濃縮型・藻類由来オメガ3脂肪酸市場、乳児用調製粉乳および機能性食品飲料における需要が市場を牽引(2020月04年23日)
  • チャットボット市場、オムニチャネル戦略により2024年までに1,420億米ドルの売上を達成(2020月04年23日)
  • 過硫酸塩市場:2025年までCAGR3.4%で成長、市場規模は8億6100万米ドル到達見込み(2020月04年23日)
  • 電子受託製造および設計サービスの市場規模、2020年から2027年CAGR8.5%で成長の見込み(2020月04年23日)
  • フライトシミュレーターの市場規模、2020年から2027年CAGR4.2%で成長予測、UAVシミュレーターが新たなビジネス機会を創出(2020月04年23日)
  • 中東・アフリカ(MEA)のWi-Fi as a Service市場:2025年までCAGR26.6%で成長、市場規模は10億9,400万米ドル到達見込み(2020月04年23日)
  • eリテール取引金額は2024年に4兆8000億米ドルに達する見込み、新興市場が牽引(2020月04年23日)
  • 磁気共鳴画像(MRI)の市場規模、2020年から2027年CAGR5.9%で成長、高磁界MRI装置が急成長の予測(2020月04年23日)
  • インテリジェントビル・ソフトウェア市場、キープレーヤーの戦略(2020月04年23日)
  • スマートモーター市場、2025年までCAGR7.95%で成長予測(2020月04年23日)
  • IoT(モノのインターネット)市場、接続総数は2024年までに830億に到達と予測、成熟する産業ユースケースが市場を牽引(2020月04年23日)
  • ジェスチャー認識市場、2025年には323億米ドルに、CAGRも27.0%で成長すると予測(2020月04年22日)
  • MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)市場、2027年までに520億米ドルを超える収益になる見通し(2020月04年22日)
  • 高速液体クロマトグラフィ市場、2025年までに57億米ドルに成長、CAGR も4.6%を記録する見込み(2020月04年22日)
  • 商用車・オフハイウェイ車向けレーダー市場、2027年には8億3,100万米ドルに、CAGRも27.4%で成長すると予測(2020月04年22日)
  • グラフィックプロセッサ市場:2025年までCAGR33.35%で成長予測、ゲーム業界が市場の成長を牽引(2020月04年22日)
  • モバイルアプリテストサービスの市場規模、2025年までに82億3,000万米ドルに到達見込み(2020月04年22日)
  • メッセージングセキュリティ市場、2025年までCAGR15.4%で成長見込み(2020月04年22日)
  • 手術室(OR)通信の市場規模、2019年から2025年までの期間中7.71%のCAGRで成長すると予測(2020月04年22日)
  • 医療ガス分析装置市場、エンドユーザー別では病院セグメントが市場を支配(2020月04年22日)
  • 電動トラクションモーター市場:2025年までCAGR20.9%で成長、市場規模は366億米ドル到達見込み(2020月04年22日)
  • 核酸分離・精製の世界市場、2020年から2029年までの期間中5.98%のCAGRで成長すると予測(2020月04年22日)
  • 自動試験装置の市場:自動車用電子部品、コネクテッドデバイス需要が牽引し、市場拡大予測-電子部品の小型化が導入を促進(2020月04年22日)
  • スマートバッジ市場、2025年までに338億米ドルに成長、CAGR も9.9%を記録する見込み(2020月04年22日)
  • 銀行キオスク市場、2025年までにCAGR27.54%で成長見込み(2020月04年22日)
  • 構造用鋼材の市場 2020年から2027年CAGR5.6%予測:公共インフラ強化が市場を牽引(2020月04年22日)
  • 低侵襲外科手術システム市場、2020年から2030年までの期間中6.51%のCAGRで成長すると予測(2020月04年22日)
  • 持続グルコースモニタリング(CGM)市場、2025年までにCAGR12%超で成長見込み(2020月04年22日)
  • オーディオ機器市場、製品タイプ別ではマイクが最速で成長見込み(2020月04年22日)
  • スマート電力メーターの市場規模、2020年から2027年CAGR7.8%で成長の見込み(2020月04年21日)
  • ASEANのスマートグリット市場規模、2019年から2024年までの期間中18.76%のCAGRで成長すると予測(2020月04年21日)
  • ホルモン補充療法の市場規模:2020年から2027年CAGR7.7%で拡大、アジア太平洋地域が最速で成長の予測(2020月04年21日)
  • クラウドマネージドサービスの市場規模、2025年に888億5,000万米ドルに到達見込み(2020月04年21日)
  • 炭酸エチレン市場、2025年までに4億3,900万米ドルに成長、CAGR も6.6%を記録する見込み(2020月04年21日)
  • レトルト包装市場は2025年まで5.18%のCAGRで成長し、45億米ドルに達する(2020月04年21日)
  • 化学品流通の市場規模:2019年2,390億ドル、 2020年から2027年までCAGR5.3%予測(2020月04年21日)
  • 量子ドット市場、2025年には106億米ドルに、CAGRも24.6%で成長すると予測(2020月04年21日)
  • バイオサージェリー市場、用途別では神経外科、地域別では北米が市場を支配する見込み(2020月04年21日)
  • 臨床バイオマーカーの市場規模、2019年から2029年までの期間中10.07%のCAGRで成長すると予測(2020月04年21日)
  • リチウムイオン電池向け電解質市場、Kaixin、Guotai、Capchem、ShanShanなど中国メーカーがシェアを拡大中(2020月04年21日)
  • 発酵成分市場、健康面のメリットへの関心の高まりと、発酵食品や飲料の売上増加が市場の成長を推進(2020月04年20日)
  • Eバイク市場、ロジスティクスやレンタルサービス分野で拡大見込み(2020月04年20日)
  • デジタルX線デバイス市場、2025年までCAGR10.9%で推移、ポータブルシステムで高い成長率予測(2020月04年20日)
  • デジタルバンキング市場、2024年までにユーザー数は36億人を超える見込み(2020月04年20日)
  • 高度アナリティクスの市場規模、2020-2027年CAGR25.3%で拡大予測 ウェブ会議の需要増が要因のひとつ(2020月04年20日)
  • 米国の悪性血液疾患検査の市場規模、2019年から2030年までの期間中14.60%のCAGRで成長すると予測(2020月04年20日)
  • 木質ペレットの市場規模、再生可能エネルギーへの意識の高まりで2020年から2027年までCAGR9.4%で成長の見込み(2020月04年20日)
  • 組織切片の市場規模、2027年までCAGR6.56%で成長予測(2020月04年20日)
  • モバイルマーケティングの市場規模、2019年650億6,000万米ドル、2020-2027年CAGR22.9%で拡大の見込み(2020月04年20日)
  • 大麻抽出物の市場規模、医療用マリファナの増加で2020年から2027年CAGR16.6%で拡大の予測(2020月04年20日)
  • 圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES)市場、2025年までCAGR42%超で成長見込み(2020月04年20日)
  • クロマトグラフィー樹脂市場、2025年までCAGR7%超で成長見込み(2020月04年20日)
  • 診断用放射性医薬品および造影剤市場、心血管疾患の罹患率の上昇や診断分野の技術的進歩が市場の成長を促進(2020月04年17日)
  • 自家発電プラント市場、エネルギー集約型産業の拡大による電力供給の需要増が市場の成長を後押し(2020月04年17日)
  • 炭素プリプレグ市場、航空宇宙および防衛産業からの需要増が市場の成長を後押し(2020月04年17日)
  • Power-to-Gas市場、2020年から2024年までの予測期間中に力強い成長の見込み(2020月04年17日)
  • バーチャル診断の市場規模、2019年から2030年までの期間中15.52%のCAGRで成長すると予測(2020月04年17日)
  • AIが可能にしたドラッグデリバリーと治験市場、2019年から2030年まで大幅に成長すると予測(2020月04年17日)
  • 乳房画像市場:2025年までCAGR8.1%で成長、市場規模は54億米ドル到達見込み(2020月04年17日)
  • 美容ドリンク市場、2025年までCAGR11.9%で成長見込み コラーゲン製品が最大シェア(2020月04年17日)
  • 移植用HLAタイピング市場、2025年には9億6,800万米ドルに、CAGRも6.7%で成長すると予測(2020月04年17日)
  • バイオレメディエーション市場、2019年から2028年までの予測期間中に7.72%のCAGRで成長する見込み(2020月04年17日)
  • 遠隔医療市場、2025年には556米億ドルに、CAGRも16.9%で成長すると予測(2020月04年17日)
  • 含浸樹脂の市場規模、2025年までに19億米ドルに成長、CAGR も6.5%を記録する見込み(2020月04年17日)
  • データセンターラック市場、2025年には59億米ドルに、CAGRも9.4%で成長すると予測(2020月04年16日)
  • 微生物農薬市場、消費者の残留農薬への意識の高まりが市場の成長を後押し(2020月04年16日)
  • 肥満手術市場、肥満人口の増加および2型糖尿病と心疾患有病率の上昇が市場の成長を促進(2020月04年16日)
  • 陸上防衛システム市場規模、2019年から2024年までの予測期間中6.27%のCAGRで成長する見込み(2020月04年16日)
  • 自律型無人潜水機(AUV)および遠隔操作型無人潜水機(ROV)市場、オフショアの石油およびガス生産活動の増加が市場の成長を後押し(2020月04年16日)
  • 粘着テープの市場規模、2025年までに799億米に成長、CAGR も5.7%を記録する見込み(2020月04年16日)
  • スマートメーター市場:2025年までCAGR6.7%で成長、市場規模は286億米ドル到達見込み(2020月04年16日)
  • 自動車向け接着剤およびシーラント市場、車体軽量化への自動車産業の革新的取り組みが成長を後押し(2020月04年16日)
  • 低温プラズマ装置の市場規模、2027年に30億814万米ドルに到達見込み(2020月04年16日)
  • 世界のFPGA市場規模、2025年までに86億米ドルに成長、CAGRも7.6%を記録する見込み(2020月04年16日)
  • タイヤ交換市場、2025年までにCAGR1.8%で成長、市場規模は1,131億米ドルに到達見込み(2020月04年16日)
  • 人工採油法市場:2025年までCAGR5.0%で成長、市場規模は103億米ドル到達見込み(2020月04年16日)
  • 遺伝性検査の市場規模、2026年までCAGR6.3%で拡大の見込み(2020月04年16日)
  • 物流ロボットの市場規模は2027年に292億9,340万米ドルに達すると予測(2020月04年16日)
  • 先端医療医薬品の市場規模、2027年までCAGR17.4%で拡大の見込み(2020月04年16日)
  • 農業用トラクター市場、発展途上国における農業機械化が低出力エンジントラクターの売り上げを後押し(2020月04年16日)
  • 航空機ヘルスモニタリングシステム市場、2025年までCAGR6%超で推移 セグメント別では商業用が市場を支配(2020月04年16日)
  • 空気分離装置市場、代替エネルギー源の取り込み増加が市場の成長を促進(2020月04年16日)
  • エネルギー・アズ・ア・サービス(EaaS)の市場規模、2027年まで14.6%で拡大の予測(2020月04年16日)
  • アルミニウムニッケル触媒市場、水素化反応の需要増が市場規模拡大を促進(2020月04年16日)
  • マルウェア分析の市場規模、2027年に248億米ドルに到達見込み(2020月04年16日)
  • アレルギー治療市場、免疫療法の承認の高まりが市場規模拡大を促進、皮下免疫療法(SCIT)に高い成長率予測(2020月04年16日)
  • 電子治験マスターファイル(eTMF)市場、2027年に31億5,560万米ドルに達すると予測(2020月04年15日)
  • アロマディフューザーの市場規模、2020年―2027年CAGR9.2%で成長の予測(2020月04年15日)
  • 石英市場、2027年迄に12億5,390万米ドルに到達と予測(2020月04年15日)
  • 5Gチップセット市場、2025年までCAGR87.8%で成長予測(2020月04年15日)
  • 風力タービン複合材料市場規模、2027年に91億3,860万米ドルに達するとの予測(2020月04年15日)
  • 食品・飲料用金属缶市場:2025年までCAGR6.1%で成長、市場規模は370億米ドル到達見込み(2020月04年15日)
  • 古紙リサイクル市場は2027年に561億4,038万米ドルへ(2020月04年15日)
  • 農業用ロボット・メカトロニクス市場、2025年までCAGR24.2%で成長見込み(2020月04年15日)
  • 生コンクリートの市場規模、2020年から2027年のCAGR7.9%の見込み(2020月04年15日)
  • 3D細胞培養市場、新規がん治療薬の開発が成長を促進(2020月04年15日)
  • 自動車用シールド市場規模は2025年までに247億米ドルに成長、CAGRも4.1%を記録する見込み(2020月04年15日)
  • イベント管理ソフトウェアの市場規模、2027年に212億8760万米ドルに達すると予測(2020月04年15日)
  • 航空業界のMROソフトウェア市場は、2025年までCAGR2.9%で成長、市場規模は80億米ドル到達見込み(2020月04年14日)
  • デジタル治療市場は:2025年までにCAGRは26.7%で成長、市場規模は69億米ドルに到達見込み(2020月04年14日)
  • カーボンフットプリント管理市場、2025年には122億ドルに、CAGRも6.2%で成長すると予測(2020月04年14日)
  • ペット用ウェアラブル端末の市場規模:2027年までCAGR14.3%で成長の見込み(2020月04年14日)
  • パーソナルモビリティデバイスの市場規模、2027年までCAGR6.5%超で成長予測(2020月04年14日)
  • 3Dバイオプリンティングの市場規模、2025年までに19億4,994万ドル到達見込み(2020月04年14日)
  • ベチバー油の市場規模、数量ベースで2020年から2027年までCAGR7.8%で成長の見込み(2020月04年14日)
  • デジタルPCR市場、2025年までCAGR17.8%で成長見込み(2020月04年14日)
  • Automation-as-a-Service (AaaS) 市場規模、2027年233億9000万米ドルに到達見込み(2020月04年13日)
  • 薬局管理システム 市場は2027年に392億2360万米ドルに達する見込み(2020月04年13日)
  • 一般産業および工具の付加製造の市場規模、2029年に54.9億米ドルに到達予測(2020月04年13日)
  • 世界の医療用発泡体の市場規模、CAGR6.1%で成長、2025年までに372億米ドルに達する(2020月04年13日)
  • ナノセルロースの市場規模、2025年までに7億8,300万米ドルに成長(2020月04年13日)
  • 鉄筋の市場規模、2025年までに2,463億米ドルに達する(2020月04年13日)
  • コラーゲンペプチドの市場規模、2027年に21億2,990万米ドルに到達見込み(2020月04年10日)
  • セキュリティアドバイザリーサービスの市場規模:2027年に378億6,000万ドル到達、デジタル化がサイバー攻撃のリスクを増大(2020月04年10日)
  • リノール酸、2026年の市場規模は8,415万米ドルに達する見込み(2020月04年10日)
  • 輸液ポンプ市場は、2025年までにCAGR7.0%で成長し、189億ドルに達すると予測される(2020月04年10日)
  • 酵素市場は2025年までに6.7%のCAGRで成長し、147億米ドルに達する(2020月04年10日)
  • 食品カプセル化の市場は、2025年には141億米ドルに達すると予測され、CAGRも7.5%を記録する見込み(2020月04年09日)
  • パーソナライズドニュートリション市場、2025年までに164億米ドルに成長、CAGR も15.0%を記録する見込み(2020月04年09日)
  • リチウムイオンバッテリー:二次電池の安全性確保および耐熱セパレーター開発の最新技術動向(2020月04年09日)
  • 単一細胞シーケンシング市場、2029年までCAGR 15.24%で成長予測(2020月04年09日)
  • オンコロジーベースの前臨床CRO市場、2026年までに6億8,226万米ドル規模へ拡大予測(2020月04年09日)
  • 次世代バイオマニュファクチャリング市場、2029年までに427億8,000万米ドル規模に到達見込み(2020月04年08日)
  • バイオシミラー市場:2025年までCAGR10.0%で成長、市場規模は357億米ドル到達見込み(2020月04年08日)
  • 予約販売受付中!市場調査レポート「ニッケル:2029年までの展望 (第16版)」、インドネシアの輸出禁止が市場に与える影響とは?(2020月04年08日)
  • 軍用地上車両推進システム市場、2019年は北米が32.60%のシェア(2020月04年08日)
  • 長期介護保険の市場規模、2026年末までに390億5200万米ドル到達(2020月04年08日)
  • 血友病治療の市場規模、2027年に440億ドル8,971万米ドルに到達見込み(2020月04年07日)
  • 低侵襲外科手術システム、2024年までCAGR6.51%で推移見込み(2020月04年07日)
  • 自動光学検査 (AOI) システムの世界市場:2025年までCAGR16.0%で推移見込み、自動車業界で最大の成長(2020月04年07日)
  • 動物遺伝学の世界市場、2024年までに88億9,000万米ドル規模に到達見込み(2020月04年07日)
  • RNAシーケンシング市場、2028年までCAGR14.21%で推移、個別化医療の採用増加などが成長を後押し(2020月04年07日)
  • ゲーミフィケーション市場、2025年までCAGR27.4%で成長見込み(2020月04年06日)
  • オンコロジー前臨床CRO市場規模、2026年末までに6億8226万米ドルに達する見込み(2020月04年06日)
  • 振動モニタリング、ハードウェアセグメントが市場を支配(2020月04年06日)
  • 光トランシーバーの世界市場、2025年までCAGR10.0%で成長見込み 地域別ではAPACが過去最高の成長率予測(2020月04年06日)
  • 予約販売受付中!市場調査レポート「リチウムイオン電池:2029年までの展望 (第4版)」、プラント別自動車OEMのEV生産計画も網羅(2020月04年06日)
  • カーボンブロックフィルター市場、2026年末までに収益8億1274万米ドル突破予想(2020月04年03日)
  • コンテンツモデレーションソリューションの世界市場-欧州が牽引(2020月04年03日)
  • 産業用ボイラー市場-2025年には193億米ドルに達すると予測(2020月04年03日)
  • 水素および燃料電池市場、2026年までに55億1589万米ドル規模に達すると予想(2020月04年03日)
  • オイルコンディションモニタリング市場、2025年までに11億7,500万ドル到達見込み(2020月04年03日)
  • HbA1c試験装置市場、ユニット価格は今後5年間で減少傾向(2020月04年02日)
  • EV バッテリー市場-アジア太平洋地域は依然として市場の主要エリア(2020月04年02日)
  • 徐放性肥料市場-安定した成長率で成長すると予測(2020月04年02日)
  • ブロックチェーン対応EV充電および統合-アジア太平洋は2026年以降、世界最大の市場になる可能性(2020月04年02日)
  • 世界の化粧品有効成分の市場規模-2026年までに54億4,728万米ドルに成長予測(2020月04年02日)
  • 自動車診断スキャンツール市場-診断機器/ハードウェアセグメントが市場占有(2020月04年01日)
  • デジタル病理学市場、スキャナーセグメントが最大シェア占める(2020月04年01日)
  • 従業員スケジューリング・ソフトウェアの市場規模、2026年には約6億918万ドルに成長すると予測(2020月04年01日)
  • UHT (超高温殺菌) 牛乳市場、世界的な都市化の進展により高品質牛乳の購入傾向高まる(2020月04年01日)
  • インテリジェントビルディング-排出量削減目標と地球温暖化の防止を促進(2020月04年01日)
  • 複合膜の世界市場、2025年までに3億2,770万米ドルに達すると予測(2020月03年31日)
  • パイプコーティングの世界市場-2019年に65億6,170万ドルと推定(2020月03年31日)
  • 世界の過電流非破壊検査(NDT)装置市場-2026年末までに5億2929万米ドルに達すると予想(2020月03年31日)
  • エンタープライズデータ管理の世界市場-2025年には1229億900万米ドルに成長予想(2020月03年31日)
  • 世界のバイオ燃料酵素市場-2026年末までに8億1732万米ドルに達すると予想(2020月03年31日)
  • 物理ID・アクセス管理の世界市場-2025年までに15億3500万米ドルに成長予測(2020月03年30日)
  • 世界の冷凍モニタリング市場-2025年までに110億米ドルに達すると予想(2020月03年30日)
  • リハビリテーション機器の世界市場-2025年までに166億820万米ドルに達すると予測(2020月03年30日)
  • セルラーIoTの世界市場、2027年に182億米ドル規模に到達見込み(2020月03年30日)
  • 遺伝子検査サービス市場、2027年に227億180万米ドル規模に到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)(2020月03年27日)
  • ポリマー積層造形市場:2030年に550億米ドル規模到達見込み、3Dプリントが成長を後押し(2020月03年27日)
  • 滅菌サービス市場、2027年に推定44億米ドル規模に到達予測(The Insight Partners発行レポートより)(2020月03年27日)
  • ロボット支援手術の一般化-ロボット手術の消耗品の消費の増加を促進(2020月03年26日)
  • 低侵襲性外科手術 (MIS) 装置の世界市場-2025年までに327億5000万米ドルに達すると予測(2020月03年26日)
  • 麦芽エキス・麦芽成分の世界市場-2025年までに204億米ドルになると予測(2020月03年26日)
  • 世界のワイヤレス充電市場-予測期間2019-2024の間に健全な速度で成長すると予想(2020月03年26日)
  • 株式会社グローバルインフォメーションの求人情報一覧
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース