◆社内利用者数No.1
満足度もNo.1のウィルス対策


2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト
2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト

ベンチャー求人特集

  • 設立二年以内の新鋭ベンチャー
  • 幹部候補募集
  • 第二新卒積極採用企業
  • 3年以内に上場予定のベンチャー・営業求む!
  • 営業職・未経験OKのベンチャー特集!
  • ベンチャーのバックオフィス特集
  • 注目ベンチャー



    ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 株式会社 カプコン

    株式会社 カプコン

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

     

    株式会社カプコンは、大阪本社周辺において新たに2棟の研究開発ビルの建設に着手しましたのでお知らせいたします。


    2014年4月14日
    報道関係者各位
    大阪市中央区内平野町三丁目1番3号
    株式会社カプコン
    代表取締役社長 辻 本 春 弘
    (コード番号:9697 東証第1部)

    カプコン、開発体制の強化のため新たな研究開発ビル2棟を建設
    - 業容の拡大を図るべく、家庭用ゲームやオンラインを中心に開発人員を積極採用 -

    株式会社カプコンは、大阪本社周辺において新たに2棟の研究開発ビルの建設に着手しましたのでお知らせいたします。

    昨今のゲーム市場は、多彩なネットワーク機能を搭載した次世代機の登場により、従来のパッケージ販売からダウンロード販売への移行が進み、収益構造やビジネスモデルの転換が加速しています。また、スマートフォンの普及などによるソーシャルゲームの増勢により、ユーザー層の裾野が広がり、全体の市場規模は拡大しています。

    このような状況下、当社は、経営資源を重点部門や成長分野に投入するなど、選択と集中による機動的な経営展開を推し進めています。今回、新研究開発ビルの建設により、開発部門を集約し開発の「機動力」や「統制力」を高めることで、開発体制の効率化を推し進めてまいります。また、開発技術・ノウハウの蓄積による品質向上や開発費を抑制するべく、内作比率の向上に努め、新卒を中心に毎年約100名の開発人員を採用し2021年度末までに2,500名の開発陣容となる予定です。従来の家庭用ゲーム開発に加え、成長性の高いモバイルコンテンツやPCオンライン開発の増強により、競争力の優位性を確保してまいります。

    両研究開発ビルには、モーションキャプチャー室や効果音を作成・収録する録音スタジオ、100名以上の収容が可能な多目的スペースを設置するなど、最新設備を導入する予定です。また、大規模な地震対策のため免震構造を採用するほか、南北の壁面に凹凸のある外装を施すことで西日を遮蔽し空調負荷を軽減するなど、環境にも配慮した開発ビルとなります。

    当社は、新たな研究開発ビルの建設により、より一層、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、オリジナリティ溢れるゲームタイトルを創造し続け、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります。


    【研究開発ビルS棟(仮称) 概要】
    1.所在地 大阪市中央区内淡路町3丁目5番
    2.敷地面積 454.90平方メートル(137坪)
    3.延床面積 2,054.38平方メートル(621坪)
    4.建物構造 鉄骨鉄筋コンクリート造
    5.階数 地上8階 地下1階
    6.着工年月 2013年5月
    7.竣工年月 2015年1月(予定)
    8.投資額 約25億円

    【研究開発ビルN棟(仮称)概要】
    1.所在地 大阪市中央区内平野町3丁目24番
    2.敷地面積 1,332.30平方メートル(403坪)
    3.延床面積 10,972.87平方メートル(3,319坪)
    4.建物構造 鉄骨鉄筋コンクリート造
    5.階数 地上16階 地下2階
    6.着工年月 2014年4月
    7.竣工年月 2016年2月(予定)
    8.投資額 約55億円


    【本件に関するお問い合わせ先】

    <マスコミ・投資家様向けお問い合わせ先>
    株式会社 カプコン 秘書・広報IR部 広報IR室
    〒540-0037 大阪市中央区内平野町三丁目1番3号
    TEL: 06-6920-3623/FAX: 06-6920-5108



    株式会社 カプコンのプレスリリース一覧
  • 人気ゲームシリーズ「モンスターハンター」初のハリウッド映画化が決定!(2018月10年05日)
  • 「ロックマン」シリーズ初のハリウッド実写映画化が決定! 〜 誕生30周年の節目を契機として、ブランドのさらなる活性化を図る 〜(2018月10年04日)
  • 大阪府警察のサイバー犯罪防止啓発施策に初めて「ロックマン」シリーズのキャラクターが採用! 〜 グローバルで親しまれる人気IPを活用し、サイバー犯罪抑止に貢献 〜(2018月10年03日)
  • 国内eスポーツの普及拡大に向けてeスポーツリーグ「ストリートファイターリーグ」を開催! 〜主力シリーズの活用により、成長市場での展開を加速〜(2018月09年25日)
  • 日本ゲーム大賞で『モンスターハンター:ワールド』が「大賞」を受賞!(2018月09年25日)
  • 『モンスターハンター:ワールド』が全世界で1,000万本を突破! 〜 コンシューマ版に加え、「Steam」向けに配信を開始し、カプコン史上初の大台を達成 〜(2018月08年20日)
  • 2019年3月期第1四半期の連結業績は、前年同期比で売上高46.5%増、営業利益550.8%増と増収増益(2018月07年30日)
  • 当社特許第3295771号審決取消訴訟における当社特許維持判決(勝訴)のお知らせ(2018月07年19日)
  • PC版『モンスターハンター:ワールド』(Steam)を8月に配信決定! 〜 Steamを通じて全世界の更なるファンベース拡大を目指す 〜(2018月07年10日)
  • 『バイオハザード RE:2』が、Game Critics Awards Best of E3 2018にてBest of Showを受賞!(2018月07年05日)
  • カプコン、『BIOHAZARD RE:2』、『デビル メイ クライ 5』を今期発売! 〜グローバル市場に向け新作大型タイトルを安定供給し、着実に成長を図る〜(2018月06年12日)
  • 2018年3月期の連結業績は、大型タイトルの記録的ヒットにより、全ての利益項目で過去最高益を達成(2018月05年08日)
  • 『バイオハザード7 レジデント イービル』がG.A.N.G.アワードにおけるBest VR Audio部門にて、最優秀賞を獲得(2018月04年06日)
  • 当社特許第3350773号審決取消訴訟における当社特許維持判決(勝訴)のお知らせ(2018月03年29日)
  • 事業所内保育所「カプコン塾」のスプリングスクールにて、初めて社員講師による授業を実施!〜 「保育」と「教育」を兼ね備えた、充実した子育て環境を提供 〜(2018月03年29日)
  • シリーズ最新作『モンスターハンター:ワールド』が750万本を突破! 〜 カプコン史上最高の出荷本数を達成 〜(2018月03年05日)
  • 人形浄瑠璃文楽と「戦国BASARA」のコラボレーションが決定! 〜 文楽初のゲームとの異色コラボにより、伝統芸能・文化都市大阪の魅力をアピール 〜(2018月03年01日)
  • 国内eスポーツ事業への本格参入を決定!〜 統一団体新設に伴い「ストリートファイター」を活用したイベントを積極的に開催 〜(2018月02年13日)
  • シリーズ最新作『モンスターハンター:ワールド』が600万本を突破!〜 カプコン史上最速のペースで出荷本数600万本を達成! 〜(2018月02年09日)
  • 2018年3月期第3四半期の連結業績は、前年同期に比べ売上高10.8%減、営業利益36.9%増と減収増益(2018月01年31日)
  • シリーズ最新作『モンスターハンター:ワールド』が500万本を突破!〜 国内外での支持を獲得し、発売から3日でシリーズ最高の出荷本数を更新 〜(2018月01年29日)
  • シリーズ最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』を2018年後半に発売!〜 生誕30周年の節目に、販売累計3,200万本を誇る主力シリーズが再始動 〜(2017月12年05日)
  • 『モンスターハンター エクスプロア』を始めとする当社モバイルゲームおよびオンラインゲームのマルチプレイに関する特許クロスライセンス締結(2017月11年28日)
  • 2018年3月期第2四半期の連結業績は、前年同期に比べ売上高17.6%増、営業利益191.5%増と増収増益(2017月11年06日)
  • 大阪府警察の車上ねらい被害防犯啓発施策に『モンスターハンター ストーリーズ』が採用!〜 自社の保有するIPを活用し、大阪府の車両犯罪抑止に貢献 〜(2017月10年11日)
  • 日本ゲーム大賞で『モンスターハンタークロス』が「優秀賞」ならびに「ベストセールス賞」を受賞!(2016月09年20日)
  • 静岡県浜松市と「戦国BASARA」のコラボレーションが決定!〜 ゲームに登場する人気武将「井伊直虎」および「徳川家康」が浜松市の地方創生に貢献 〜(2016月09年20日)
  • 『バイオハザード7 レジデント イービル』体験版のダウンロード数が全世界で300万を突破!(2016月09年15日)
  • 2017年3月期第1四半期の連結業績は、前年同期に比べ売上高24.9%減、営業損失の計上により減収減益(2016月07年28日)
  • ゲーム音楽コンサート「CAPCOM LIVE!」の熊本チャリティ公演を開催決定 〜 ゲームコンテンツを活用した社会貢献により、熊本地域の復興を応援 〜(2016月07年22日)
  • 大河ドラマ「真田丸」・戦国わかやま誘客キャンペーンに「戦国BASARA」のキャラクター起用が決定!(2016月07年13日)
  • 2016年末、『デッドライジング4』を全世界同時発売! 〜 グローバル向け大ヒットシリーズの最新作を、Microsoft社プラットフォーム向けに投入! 〜(2016月06年14日)
  • 全世界待望のシリーズ最新作 『バイオハザード7 レジデント イービル』が2017年1月に発売決定!(2016月06年14日)
  • 2016年3月期の連結業績は、前期に比べ売上高19.8%増、営業利益13.7%増と増収増益〜大型タイトル投入やダウンロード比率の向上など、成長戦略が着実に奏功〜(2016月05年09日)
  • 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)発表の新ガイドラインへの賛同について(2016月04年27日)
  • カプコン初となる国内eスポーツリーグ「RAGEリーグ for ストリートファイターV」がCyberZ社の主催により発足!(2016月04年19日)
  • モバイル事業の組織を刷新し、自社コンテンツを活用したタイトルを積極的に投入!人気IPによる国内および海外でのヒット創出に加え、アジアへのライセンスビジネスを強化(2016月04年01日)
  • ロッケストラコンサート「CAPCOM LIVE!」の世界ツアーを初開催!(2016月02年22日)
  • 2016年3月期第3四半期連結業績は、前年同期に比べ売上高19.3%増、営業利益9.0%増と増収増益(2016月01年28日)
  • 『モンスターハンタークロス』が300万本を突破!〜より自分なりのスタイルを見つけ出すことができるゲーム性が高評価を得て、発売から1ヵ月未満での快挙! 〜(2015月12年24日)
  • 人気ゲームソフト「逆転裁判」初のTVアニメ化を決定!〜 2016年4月から読売テレビ、日本テレビ系列全国29局ネットでの放送に、異議なし! 〜(2015月12年21日)
  • 中国で展開する『モンスターハンターオンライン』の正式サービス開始日が12月17日に決定〜 国民的ハンティングアクションが中国でも「モンハン現象」を巻き起こす 〜(2015月12年07日)
  • 『モンスターハンタークロス』が200万本を突破!〜シリーズ最新作が早くも大人気!多彩な遊び方の提供により既存・新規ユーザーを含めた全方位へ楽しさを訴求〜(2015月12年03日)
  • カプコン、大和IRの2015年「インターネットIR表彰」にて4年連続「最優秀賞」を受賞!〜 スマートフォンへの対応や英語版サイトの充実度に高評価 〜(2015月11年13日)
  • カプコン初、直営のキャラクターカフェがオープン!〜 『モンスターハンタークロス』を皮切りに、ゲームの世界観を追体験できる情報発信スポットを展開 〜(2015月11年04日)
  • 2016年3月期第2四半期の連結業績は、前年同期に比べ売上高22.1%増、営業利益35.1%減と増収減益(2015月10年29日)
  • 高知県知事選挙のイメージキャラクターに「戦国BASARA」のゲームキャラクターが採用!!(2015月10年19日)
  • 『モンスターハンター エクスプロア』が累計100万ダウンロードを突破!〜 スマートフォン向け新作アプリが順調な立ち上がり、成長市場での飛躍を目指す 〜(2015月10年01日)
  • 『モンスターハンター ストーリーズ』、2016年にアニメ化決定!〜 国民的人気ゲームシリーズから、親子で楽しめる国民的アニメへ 〜(2015月09年17日)
  • 『ドラゴンズドグマ オンライン』、累計100万ダウンロードを達成!〜 同時接続者数は10万人を突破し、新たな中核タイトル確立に向け順調な出足 〜(2015月09年11日)
  • 2015年3月期第3四半期連結業績は、前年同期に比べ売上高36.4%減、営業利益14.1%増と減収増益(2015月02年03日)
  • 京阪神の車上ねらい等被害防止イメージキャラクターに ゲーム「戦国BASARA」の3キャラクターが採用(2015月01年27日)
  • 最新作『ストリートファイターV』の発売決定! 〜 対戦格闘ゲームの金字塔の続編を新世代機「PlayStation(R)4」とPC向けに開発 〜(2014月12年08日)
  • 2015年3月期第2四半期連結業績は、前年同期に比べ 売上高51.3%減、営業利益41.6%減と大幅な減収減益(2014月10年29日)
  • カプコンの『モンスターハンター4G』が早くも200万本を突破!〜 今期販売計画の達成に向け順調な出足、当社63作品目のミリオンセールスを記録! 〜(2014月10年15日)
  • 日本ゲーム大賞で「モンスターハンター4」が「大賞」を受賞!-フューチャー部門では、「モンスターハンター4G」が受賞- (2014月09年22日)
  • カプコンとマーベラス、アミューズメントカードゲーム機 『モンスターハンター スピリッツ』を共同開発!(2014月09年18日)
  • 2015年3月期第1四半期の連結業績は、前年同期に比べ売上高45.1%減、営業利益75.3%増と減収増益(2014月07年31日)
  • カプコン、『モンスターハンター4G』の発売日を決定!〜 410万本を出荷した前作からさらなる進化を遂げ、満を持して下期に投入 〜(2014月07年14日)
  • 一部報道について(2014月06年12日)
  • 2014年3月期の連結業績は、前期に比べ売上高8.6%増、営業利益1.5%増と増収増益 (2014月05年08日)
  • カプコン、開発体制の強化のため新たな研究開発ビル2棟を建設〜 業容の拡大を図るべく、家庭用ゲームやオンラインを中心に開発人員を積極採用〜(2014月04年14日)
  • カプコン、直営アミューズメント施設「プラサカプコン」にて、「モンスターハンター」を用いたクレープ店を新たに展開(2014月03年14日)
  • 近畿3府県の車上ねらい被害防止イメージキャラクターにゲーム『戦国BASARA』のキャラクターが採用- 大阪、京都、兵庫を代表する武将が、近畿の治安向上を啓発 -(2014月02年24日)
  • 2014年3月期第3四半期連結業績は、前年同期に比べ売上高3.5%増、営業利益13.4%減と増収減益(2014月02年07日)
  • カプコン、最新作『モンスターハンター4G』を2014年秋に発売決定!- シリーズ10周年を記念して、多彩なイベントやコラボレーションを実施予定 -(2014月01年27日)
  • カプコン、Microsoftの次世代ゲーム機「Xbox One(R)」向け『デッドライジング3』が100万本を突破!(2014月01年22日)
  • カプコン、「IRグローバルランキング2013」の「IRウェブサイト」部門においてアジア・太平洋地域で第1位を獲得!(2013月12年26日)
  • カプコンの『モンスターハンター4』が400万本を突破!- 幅広いユーザー層への波及により「モンハン現象」が再来、販売本数の更なる伸長を目指す -(2013月12年04日)
  • 2014年3月期第2四半期連結業績は、前年同期に比べ売上高16.9%増、営業利益15.2%増と大幅な増収増益(2013月10年31日)
  • カプコンの『モンスターハンター4』が早くも300万本を突破!‐サードパーティーのニンテンドー3DSタイトルとして、国内最高の出荷本数を大幅に更新!‐(2013月10年15日)
  • 日本ゲーム大賞で『バイオハザード6』が「優秀賞」を受賞!−フューチャー部門では、『戦国BASARA4』、『deep down』の2作品が受賞−(2013月09年24日)
  • カプコンの『モンスターハンター4』が早くも200万本を突破!- サードパーティーのニンテンドー3DSタイトルとしては国内最高の出荷本数を達成! -(2013月09年17日)
  • カプコン、学研ホールディングスと大日本印刷とのコラボレーションによるキッズコーナーを新たに導入(2013月09年05日)
  • 「赤い羽根共同募金」の啓発ポスターに『戦国BASARA4』のキャラクターが初起用 −戦国ブームの火付け役が、地域活性化、治安維持に続き社会福祉へ貢献−(2013月08年20日)
  • カプコン、オンライン対応ゲームの新作14タイトルを一挙に発表!(2013月08年02日)
  • 2014年3月期第1四半期の連結業績は、前年同期に比べ売上高6.2%減、営業利益72.9%減と減収減益 -大型商材に欠くものの、概ね計画通りの堅調な滑り出し-(2013月07年31日)
  • アーケード版『ウルトラストリートファイターIV』に「NESiCA」導入を決定!- 新システムの導入により、機会損失の防止および継続的な収益確保を実現 -(2013月07年18日)
  • カプコン、LINE向けアプリ第1弾『LINE DROP スピリットキャッチャーレイレイ』の配信を開始!(2013月07年12日)
  • カプコン、Microsoftの次世代ゲーム機「Xbox One(R)」向けに第1弾タイトル『デッドライジング3』を投入!(2013月06年12日)
  • カプコンは明日、創業30周年を迎えます-30周年記念サイトを開設するとともに、グループ各社で記念事業を実施-(2013月06年10日)
  • 30周年企画、「会社案内用スマイル写真」の募集期間延長!-応募者の中から抽選で100名に最新ゲームソフトをプレゼント-(2013月06年04日)
  • カプコン、『モンスターハンター4』の発売日を決定!- 国民的人気タイトルの最新作発売に向け、多彩なコラボレーションを展開 -(2013月06年03日)
  • 2013年3月期の連結業績は、前期に比べ売上高14.6%増、営業利益17.6%減と増収減益(2013月05年08日)
  • 会社案内向けフォトモザイクアートのスマイル写真を募集!-創業30周年を記念して、「ゲームでつながる笑顔の世界」をデザイン-(2013月04年25日)
  • カプコン、「IRサイトランキング2013」において総合ランキング第1位を獲得!- 「ウェブサイトの使いやすさ」や「財務・決算情報の充実度」などで高評価 -(2013月04年22日)
  • カプコン、キッズ向け大型プロジェクトを始動!- キッズコンテンツのリーディングカンパニーによる連携が実現! -(2013月04年02日)
  • 大阪府警察の車上ねらい防止イメージキャラクターにゲーム『戦国BASARA』のキャラクターが初採用 -戦国ブームの火付け役として、地域活性化に続き治安向上へ貢献-(2013月04年01日)
  • カプコンの『バイオハザード6』が「GOLDEN REEL AWARDS」にて最優秀音響編集賞を獲得!(2013月02年27日)
  • カプコン、SCEの次世代機「PlayStation(R)4」向け第1弾タイトル『deep down(仮)』の開発決定!(2013月02年21日)
  • カプコンは2013年6月11日に創業30周年を迎えます - 30周年記念ロゴマークを決定し、『CAPCOM ARCADE CABINET』の配信を開始 -(2013月02年19日)
  • 2013年3月期第3四半期連結業績は、前年同期に比べ売上高44.6%増、営業利益45.9%増と増収増益(2013月02年04日)
  • カプコンの『アニュアルレポート2012』が「日経アニュアルリポートアウォード2012」で初の最優秀賞を獲得!(2012月12年25日)
  • カプコンの『モンスターハンター4』の発売日変更に関するお知らせ(2012月12年19日)
  • カプコン、名作映画を題材としたソーシャルゲーム最新作『ゴーストバスターズ』をビーラインより配信決定!(2012月12年05日)
  • カプコン、大和IRの2012 年「インターネットIR表彰」にて「最優秀賞」および「特別賞」を受賞- スマートフォン端末への対応や英語版サイトの充実度に高評価 -(2012月11年29日)
  • カプコン、宝塚歌劇団による「戦国BASARA」シリーズ初のミュージカル化を決定!- 花組による初のゲーム原作公演で、コンテンツ価値の更なる向上を見込む-(2012月11年02日)
  • カプコン、人気ソーシャルゲーム最新作『Smurf Life』および『ちびまる子ちゃんとおかしの国』を配信決定!(2012月11年01日)
  • 2013年3月期第2四半期連結業績は、前年同期に比べ売上高55.7%増、営業利益134.2%増と大幅な増収増益(2012月10年31日)
  • カプコン、gloopsとの共同開発『みんなと モンハン カードマスター』の会員数が200万人を突破!(2012月10年25日)
  • カプコンの『バイオハザード6』が初回出荷で450万本を達成!- 世界最高水準の圧倒的なクオリティがグローバルで評価され、当社最高記録を更新! -(2012月10年04日)
  • 日本ゲーム大賞で『モンスターハンター3(トライ)G 』が「優秀賞」を受賞! フューチャー部門では、『バイオハザード6』『モンスターハンター4』など3作品が受賞(2012月09年24日)
  • カプコン、インドネシアでモバイルゲーム事業に本格参入 〜 ラブインドネシア社と提携し、携帯ゲームおよびスマートフォン向けゲームを配信 〜(2012月09年18日)
  • カプコン、Wii U向け第1弾タイトル「モンスターハンター3(トライ)G HD Ver.」の発売を決定!(2012月09年14日)
  • カプコンとグリー、ソーシャルゲーム6タイトルを年内に配信決定- 第1弾『みんなと 放課後ソウルハンターズ』の事前登録が9月6日より開始 -(2012月09年06日)
  • カプコン、宝塚歌劇「逆転裁判」第3弾の公演が決定!- 宝塚初のゲームとの異色コラボレーションの最新作を宙組が公演 -(2012月07年31日)
  • 株式会社カプコンの2013年3月期第1四半期連結業績は、前年同期に比べ売上高55.8%増、営業利益244.4%増と大幅な増収増益(2012月07年30日)
  • カプコンの『ドラゴンズドグマ』が全世界で100万本を突破!- 完全新作ブランドから、カプコンの主力フランチャイズへ成長を目指す -(2012月06年25日)
  • カプコン、「戦国BASARA」にて自社タイトル初のテレビドラマ化を決定!〜 豪華俳優陣を起用し、ブランド価値の更なる躍進を図る 〜(2012月06年16日)
  • カプコンの「GREE」向け『バイオハザード アウトブレイク サバイヴ』の会員数が200万人を突破!(2012月05年23日)
  • カプコンの『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』が全世界で200万本を突破!(2012月05年10日)
  • 2012年3月期の連結業績は減収減益も、2013年3月期の連結業績は全項目で過去最高を見込む(2012月05年07日)
  • カプコン、「戦国BASARA」の新作ゲームを配信決定!- ソーシャルおよびブラウザゲーム、2大成長市場へ怒涛の展開 -(2012月04年25日)
  • カプコン、gumiとの共同開発『モンハン探検記 まぼろしの島』の会員数が100万人を突破!-国民的人気コンテンツがソーシャルゲームでも確固たる地位を確立-(2012月03年23日)
  • カプコン、gloopsとの共同開発『みんなと モンハン カードマスター』の会員数が100万人を突破!- コンテンツとソーシャルの相乗効果により、わずか1ヵ月での記録達成 -(2012月03年21日)
  • カプコン、拡大するブラウザゲーム市場に参入 第1弾として『鬼武者Soul』をPCおよびスマートフォンで配信!- 人気コンテンツのマルチユースによりオンライン事業の更なる飛躍を図る -(2012月03年09日)
  • 2012年3月期第3四半期連結業績は、前年同期に比べ売上高29.0%減、営業利益47.2%減と減収減益 - ソーシャルゲームの伸長によるモバイル事業の拡大で、通期の計画達成へ向け邁進 -(2012月02年02日)
  • カプコン、世界的人気シリーズ最新作『バイオハザード6』の発売を2012年11月22日に決定!- 全世界を震撼させたホラーゲームの代名詞が、3年半の沈黙を破りついに登場 -(2012月01年20日)
  • カプコンの『アニュアルレポート2011』が「日経アニュアルリポートアウォード2011」で優秀賞を獲得!(2011月12年26日)
  • カプコンの人気シリーズ最新作『モンスターハンター3(トライ)G』が100万本を突破!- ニンテンドー3DS(TM)初の「モンハン」が早くも国内ミリオンを記録 -(2011月12年21日)
  • カプコン、大人気映画「シュレック」の新作ソーシャルゲーム『Shrek(R)’s Fairytale Kingdom』を配信決定!- 著名コンテンツの継続的な投入により、グローバル展開を加速 -(2011月12年15日)
  • カプコン、GREEで新作ソーシャルゲーム『モンハン探検記 まぼろしの島』の配信決定 - 国民的人気タイトルを、スマートフォン・フィーチャーフォンでオリジナルゲーム化 -(2011月11年11日)
  • カプコン、「2011年度IR優良企業賞」を初受賞!- 「経営・事業・管理」三位一体の取り組みによる「経営の見える化」が奏功 -(2011月11年08日)
  • 2012年3月期第2四半期連結業績は、前年同期に比べ売上高28.1%減、営業利益29.4%減と減収減益 - 下期の主力大型タイトルおよびSNSゲームの配信に注力し、通期計画の達成を目指す -(2011月10年26日)
  • カプコン、アンドロイドへのソーシャルゲーム供給を開始!- 第一弾は、全世界で1,500万ダウンロードを突破した『スマーフ・ビレッジ』を投入 -(2011月09年27日)
  • 日本ゲーム大賞で『モンスターハンターポータブル 3rd』が「大賞」!- 最新作『モンスターハンター3(トライ)G』、完全新作『ドラゴンズ ドグマ』、『アスラズ ラース』が「フューチャー部門」で受賞 -(2011月09年20日)
  • カプコンの『ストリートファイター X(クロス) 鉄拳』に人気キャラクター、トロとクロの登場が決定!- 新たに株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントとのコラボレーションも加え、グローバル展開を強化 -(2011月09年14日)
  • カプコン、PlayStation(R)Vita向け第一弾『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』の発売を決定!- マルチプラットフォーム戦略のもと、新型ハード向けに人気タイトルの続編をいち早く展開 -(2011月09年14日)
  • カプコン、『モンスターハンター3(トライ)G』および『モンスターハンター4(仮題)』をニンテンドー3DS(TM)向けに発売決定!(2011月09年13日)
  • カプコン、ソーシャルゲーム『Snoopy’s Street Fair』を2011年11月に、全世界に向けて配信開始!- 『スマーフ・ビレッジ』に続く大型タイトルの投入により、全世界でユーザーの拡大を目指す -(2011月09年13日)
  • 人気キャラクター「スヌーピーと仲間たち」のソーシャルゲームにおける全世界での配信権を獲得!- 「スマーフ・ビレッジ」に次ぐ大型タイトルの投入で、海外市場での地位を確立 -(2011月08年03日)
  • 2012年3月期第1四半期連結業績は、前年同期に比べ売上高37.2%減、営業利益22.9%減少と減収減益- 大型タイトルに欠くも、堅調なモバイルおよびオンライン事業が収益貢献 -(2011月07年28日)
  • 全世界で1,000万ダウンロードを突破したソーシャルゲーム『Smurfs’Village』の日本語版を配信開始 - ビーライン・インタラクティブ・ジャパンが本格稼働 -(2011月07年15日)
  • カプコンのゲーム「デビル メイ クライ」シリーズ最新作が、スクリーン・ジェムズ社により長編映画化決定!(2011月06年08日)
  • カプコン、人気ゲームソフト「逆転裁判」を初めて実写映画化決定!- 2012年初春に全国の東宝系劇場で一斉公開 -(2011月05年27日)
  • 2011年3月期第の連結業績は、前期に比べ売上高46.2%増、営業利益155.8%増と好調に推移(2011月05年06日)
  • カプコン、「戦国BASARA」の新作ゲームを「Mobage(モバゲー)」向けに配信決定!- 急拡大するソーシャルゲーム市場に人気タイトルを続々投入 -(2011月04年27日)
  • カプコン、「IRサイトランキング2011」において全上場企業初の3年連続1位を獲得!(2011月04年21日)
  • ソーシャルゲーム事業における戦略子会社の設立ならびにグローバル展開に関するお知らせ(2011月04年19日)
  • カプコン、GREE向け初参入タイトルとして「バイオハザード」の新作ゲームを配信決定!- 大型ブランドの新規投入により国内ソーシャルゲーム市場のシェアを拡大 -(2011月04年18日)
  • カプコンの『スーパーストリートファイターIV 3D EDITION』が100万本を突破!- 「ニンテンドー3DS(TM)第1弾タイトルが早くもミリオンを達成 -(2011月04年12日)
  • カプコンの『MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』が200万本を突破!- 11年ぶりの新作で、シリーズブランドの再構築に成功 -(2011月03年30日)
  • カプコンの「ロックマン」が、アジア最大のメディア芸術イベント「アジアグラフ」のデザイン公募テーマに決定!- 多数の有望クリエーターによって「ロックマン」の魅力を最大化 -(2011月02年25日)
  • カプコンのソーシャルゲーム『Smurfs’ Village』等がわずか4ヵ月間で1,000万ダウンロードを突破!(2011月02年24日)
  • 2011年3月期第3四半期連結業績は、前年同期比に比べ売上高41.6%増、営業利益165.1%増と好調に推移 -モンスターハンターポータブル 3rd』の好調なセールスが貢献-(2011月02年02日)
  • カプコンの『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売1ヶ月間で国内400万本を突破! - 2010年度国内市場の販売No.1タイトルを目指す -(2011月01年05日)
  • カプコンの『モンスターハンターポータブル 3rd』が早くも300万本を達成!- 国内PSP向けタイトルとして史上最速 -(2010月12年20日)
  • カプコン、スマートフォン向けに3Dゲームを投入決定! - アンドロイドを駆使し、モバイル市場でも「マルチプラットフォーム」を推進 -(2010月11年04日)
  • カプコンの『デッドライジング2』が200万本を突破! - 海外開発会社との共同開発によりシリーズ初のダブルミリオンを達成! -(2010月10年28日)
  • 2011年3月期第2四半期連結業績は、前年同期比に比べ売上高4.7%増、営業利益29.3%減と増収減益 -大型タイトルが善戦するものの、円高の影響が利益を押し下げ-(2010月10年28日)
  • カプコンとレベルファイブの最強タッグが人気タイトルで共同開発 -2大アドベンチャーゲーム「逆転裁判」と「レイトン教授」が初のコラボレーション!-(2010月10年20日)
  • カプコンの「モバゲータウン」向け『モンハン日記 モバイルアイルー村』の会員数が100万人を突破!- ソーシャルゲーム第1弾タイトルは、高いブランド力で新たな顧客層を開拓 -(2010月10年18日)
  • カプコンは、PSP「プレイステーション・ポータブル」向けタイトル『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』を国内で50万本出荷(2010月09年24日)
  • 日本ゲーム大賞で『モンスターハンター3(トライ)』が『優秀賞』、『モンスターハンターポータブル 3rd』は『フューチャー部門』を受賞(2010月09年21日)
  • カプコン X ソニー・ピクチャーズ 共同製作 「バイオハザード」シリーズのフルCG長編映画 続編 『バイオハザード ダムネーション』を3Dで製作開始!(2010月09年14日)
  • カプコンの人気シリーズ最新作『戦国BASARA3』が国内で50万本を突破 - 誕生5周年を迎え、シリーズ最高記録を達成! -(2010月09年08日)
  • (訂正)「カプコンの「モバゲータウン」向けソーシャルゲーム『モンハン日記モバイルアイルー村』の会員数が50 万人を突破!」の一部訂正について(2010月08年27日)
  • カプコンの「モバゲータウン」向けソーシャルゲーム 『モンハン日記 モバイルアイルー村』の会員数が50万人を突破! - 配信開始17日目で脅威の50万人を記録 -(2010月08年27日)
  • 2011年3月期第1四半期連結業績は、前年同期比に比べ売上高2.4%減、営業利益72.6%減と軟調に推移-円高による為替差損の影響で、経常利益以下も減益の決算-(2010月07年29日)
  • 格闘ゲームの最高峰が激突!「ストリートファイター」と「鉄拳」競演タイトルの開発に両社が着手(2010月07年26日)
  • カプコン、Wii(R)「バーチャルコンソール アーケード」向けに『ソンソン』など歴代タイトルを投入決定!- ゲームセンターで活況を呈した名作ゲームが満を持して登場! -(2010月07年16日)
  • カプコン、DeNAの「モバゲータウン」向けに「モンスターハンター」シリーズの新作ソーシャルゲームを配信決定!- 両社の強みを活かし、ソーシャルゲームのトップブランドを目指す -(2010月06年16日)
  • 2010年3月期連結業績は、前期に比べ売上高27.3%減、営業利益61.8%減と減収減益 - 2011年3月期の大型タイトル投入により、業績のV字回復を図る -(2010月05年07日)
  • カプコンの『スーパーストリートファイターIV』が初回100万本出荷!(2010月04年30日)
  • カプコン、「IRサイトランキング2010」において初の2年連続1位を獲得!- 「ウェブサイトの使いやすさ」や「企業財務・決算情報の充実度」で高評価 -(2010月04年15日)
  • カプコン、「IRサイトランキング2010」において初の2年連続1位を獲得!- 「ウェブサイトの使いやすさ」や「企業財務・決算情報の充実度」で高評価 -(2010月04年15日)
  • カプコン、『バイオハザード 4』をiPad発売と同時に配信開始!- 米国では4月3日から、日本では4月末から配信決定 -(2010月04年05日)
  • カプコン、『モンスターハンターポータブル 2nd G』が続伸し、国内400万本の出荷を記録 -『モンスターハンターポータブル 3rd』は2010年末に発売!-(2010月03年31日)
  • カプコン、最新作『モンスターハンターポータブル 3rd』を2010年末に発売決定。『モンハン現象』を巻き起こした最新作が、満を持して登場(2010月03年16日)
  • 2010年3月期第3四半期連結業績は、前年同期に比べ売上高5.9%増、営業利益84.3%増で推移 人気シリーズの安定的なリピートが収益を底上げ(2010月02年01日)
  • カプコン、2011年3月期の大型タイトルラインナップを発表  有力ブランドの投入により2011年3月期連結業績は増収増益の見込み(2010月01年26日)
  • カプコンの『アニュアルレポート2009』が「日経アニュアルリポートアウォード2009」で優秀賞を獲得!(2009月12年28日)
  • 株式会社 カプコンの求人情報一覧
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース