ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーション

プレスリリース

  

ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

 

2021/07/07

株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ユーティリティ通信の世界市場 (〜2026年):技術 (有線・無線)・ユーティリティタイプ・コンポーネント (ハードウェア・ソフトウェア)・用途 (石油&ガス網・送配電)・エンドユーザー (住宅・商業・産業)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月6日より開始いたしました。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1003243-utility-communication-market-by-technology-type.html
ユーティリティ通信の市場規模は、2021年の187億米ドルからCAGR4.4%で成長し、2026年には232億米ドルに達すると予測されています。市場を牽引する主な要因としては、電力ネットワークの近代化を目的としたスマートグリッドへの投資の拡大、グリッドの信頼性向上、運用効率の向上、停電時間短縮への注力、油田通信のデジタル化の流れの定着、スマートグリッド技術の導入を支援する政府の取り組みなどが挙げられます。

COVID-19のユーティリティ通信市場への影響

ユーティリティ通信の市場は、COVID-19の発生により、2020年には落ち込むことが予想されます。COVID-19の蔓延は、世界的な操業停止とそれに伴うサプライチェーン上での問題発生により、ユーティリティ通信に使用されるフィールドデバイスのメーカーに悪影響を及ぼす可能性が高いと思われます。また、供給不足により原材料の価格が上昇し、最終的には受注閉鎖の遅延につながることが予想されます。一方、ソフトウェア市場は、ハードウェア市場に比べて影響が中程度以下であると推定されます。

牽引要因:スマートグリッドへの投資拡大と電力ネットワークの近代化

スマートグリッドは、電力会社や消費者に電力使用量を効率的に管理するための情報を提供することで、電力ネットワークの近代化に焦点を当てたキーテクノロジーです。電力会社は、電力消費の自動監視と制御、新しいビジネスモデルの開発、停電の減少、自然災害時の対応時間の短縮、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー資源の統合を可能にするスマートグリッド技術への投資を増やしています。エンドユーザーレベルでは、スマートグリッドによって需要の柔軟性を実現し、分散型発電や蓄電によってエネルギーシステムの運用に消費者が参加できるようになります。米国エネルギー省(US DoE)によると、米国では、近代化されたスマートグリッドにより、2025年までに消費者の光熱費を200億米ドル節約できると予想されています。スマートメーターは、スマートグリッド技術の基本的な構成要素です。スマートメーターが設置されていれば、電力会社は信頼性の高いエネルギーを供給し、顧客の需要に応じた製品を提供することができます。そのため、スマートグリッドへの投資の増加と電力ネットワークの近代化が、今後の市場を牽引すると考えられます。

抑制要因:グリッド技術ソリューションの導入・維持にかかる高い初期費用

高額な初期投資は、ユーティリティ通信システムの導入を阻む大きな要因の一つとなっています。この投資には、様々なフィールド機器(自動電圧調整器、遠隔故障表示器、スマートリレー、自動フィーダースイッチ・リクローザー、自動コンデンサ、変圧器モニター、自動フィーダーモニター、RTU)の設置、調達、導入、テスト、保守、試運転に加え、これらの個々のコンポーネントの動作を管理するためのインテリジェントな制御装置の設置に関連する費用が含まれます。ユーティリティ通信システムの導入に伴うその他の投資には、ソフトウェアやライセンス料、ITテスト、プロジェクト管理、ソフトウェア統合、スタッフのトレーニングなどがあります。このように、ユーティリティコミュニケーションを本格的に導入するためには、通信ネットワークインフラやネットワーク管理ソフトウェアを含むすべてのハードウェアおよびソフトウェアコンポーネントに高い設備投資が必要となります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1003243-utility-communication-market-by-technology-type.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社280社が発行する調査資料約9万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml




提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース一覧
  • 幹細胞治療の市場規模、2026年に4億100万米ドル到達予測(2021月07年07日)
  • IO-Linkの市場規模、2026年に242億米ドル到達予測(2021月07年07日)
  • 飲料缶の市場規模、2026年に312億米ドル到達予測(2021月07年07日)
  • ユーティリティ通信の市場規模、2026年に232億米ドル到達予測(2021月07年07日)
  • イムノアッセイ市場、2026年に390億米ドル到達予測(2021月07年07日)
  • アスファルト添加剤の市場規模、2026年に47億米ドル到達予測(2021月07年06日)
  • NaaSの市場規模、2026年に375億米ドル到達予想(2021月07年06日)
  • スマート製造プラットフォームの市場規模、2026年に132億米ドル到達予想(2021月07年06日)
  • 試験・計測機器の市場規模、2026年に333億米ドル到達予想(2021月07年06日)
  • MFAの市場規模、2026年に235億米ドル到達予測(2021月07年06日)
  • 医療用複合材市場、2030年末までに5億米ドル超過見込み(2021月07年06日)
  • 呼吸器系ウイルス感染症治療薬市場、2030年末までに824億米ドル到達見込み(2021月07年06日)
  • 創傷ケアの市場規模、2026年に278億米ドル到達予測(2021月07年06日)
  • データ中心型セキュリティの市場規模は、2026年に98億米ドル到達予測(2021月07年06日)
  • 血液バッグ市場、2021年から2026年まで緩やかに成長見込み(2021月07年06日)
  • ターボトレーナー市場規模、2030年末までに6億2,000万米ドル到達見込み(2021月07年06日)
  • LTEおよび5Gブロードキャストの市場規模、2026年に10億7200万米ドル到達予測(2021月07年05日)
  • 待ち行列管理システム(QMS)の市場規模、2026年には6億米ドルに達すると予測(2021月07年05日)
  • 産業用イーサネットの市場規模、2026年に137億米ドル到達予測(2021月07年05日)
  • 癌免疫アッセイの市場規模、2026年に79億米ドル到達予測(2021月07年05日)
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース