ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーション

プレスリリース

  

ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

 

2021/07/07

株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「飲料缶の世界市場 (〜2026年):材料 (アルミニウム・鋼・PET)・飲料タイプ (アルコール飲料・ノンアルコール飲料・水)・構造 (2ピース・3ピース)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月6日より開始いたしました。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1003239-beverage-cans-market-by-material-type-aluminium.html

飲料缶の市場規模は、2021年の237億米ドルからCAGR5.6%で成長し、2026年には312億米ドルに達すると予測されています。持続可能な製品への需要や環境に対する意識の高まりと、便利なパッケージへの需要の高まりが、飲料缶市場の需要と成長を牽引します。

COVID-19の飲料缶市場に与えた影響

COVID-19は、北米、欧州、アジア太平洋、南米、その他の地域を含むすべての地域のフードサプライチェーンに大きな影響を与えました。COVID-19の蔓延により、死亡例や長期的な健康への影響が増加しています。このため、政府は厳しいロックダウン規制を課し、経済のあらゆる側面に影響を与えています。世界中の政府は、サプライチェーンの混乱、原材料価格の上昇、従業員への深刻な経済的影響を避けるため、COVID-19による様々な影響に対応するための政策を策定しています。各国の飲料関連企業は、環境にやさしく、細菌によるあらゆる汚染から飲料を保護する革新的な技術を開発しています。

牽引要因:エナジードリンクとスポーツドリンクの人気上昇

エナジードリンクは、エネルギーを増加させ、精神的な注意力や身体的なパフォーマンスを高める製品として広く普及しています。また、マルチビタミンに次いで、米国の10代および若年層が消費する最も人気のある栄養補助食品でもあります。多くの人がスポーツドリンクとエナジードリンクを混同していますが、スポーツドリンクは活動時のパフォーマンスを高める飲料であり、エナジードリンクはエネルギーを供給する飲料という点で大きく異なります。さらに、エナジードリンクは若い世代のライフスタイルにマッチしており、今後10年間でコーヒー缶を上回ると言われています。

エナジードリンクは、カフェインや糖分の含有量の多さに関して批判を受けています。しかし、最近では、各ブランドがオーガニック製品をラインアップに加えており、エナジードリンクが健康分野にシフトする可能性があります。エナジードリンクのラベルに記載されているオーガニックという言葉は、ラボで製造されたカフェインではなく、本物のコーヒー豆を使用してカフェインを注入していることを意味しています。体に良いエネルギー源は、ダイエットや自然派エナジードリンクの選択肢とともに、個人が自分の健康をよりよく管理するという、文化的な健康意識の高まりに対応するための、もう一つのイノベーションです。

抑制要因:先進地域における缶の飽和市場

消費者の健康に対する意識の変化により、アルコールや清涼飲料水などの炭酸飲料に使用される飲料缶の売上は低迷しています。米国缶協会のデータによると、炭酸飲料に使用される飲料缶のシェアは60%減少しており、それに伴い需要が低迷しています。一方、食品業界では、消費者の健康的な食品への要求が高まっており、フルーツ缶が大きく成長しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1003239-beverage-cans-market-by-material-type-aluminium.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社280社が発行する調査資料約9万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml




提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース一覧
  • 幹細胞治療の市場規模、2026年に4億100万米ドル到達予測(2021月07年07日)
  • IO-Linkの市場規模、2026年に242億米ドル到達予測(2021月07年07日)
  • 飲料缶の市場規模、2026年に312億米ドル到達予測(2021月07年07日)
  • ユーティリティ通信の市場規模、2026年に232億米ドル到達予測(2021月07年07日)
  • イムノアッセイ市場、2026年に390億米ドル到達予測(2021月07年07日)
  • アスファルト添加剤の市場規模、2026年に47億米ドル到達予測(2021月07年06日)
  • NaaSの市場規模、2026年に375億米ドル到達予想(2021月07年06日)
  • スマート製造プラットフォームの市場規模、2026年に132億米ドル到達予想(2021月07年06日)
  • 試験・計測機器の市場規模、2026年に333億米ドル到達予想(2021月07年06日)
  • MFAの市場規模、2026年に235億米ドル到達予測(2021月07年06日)
  • 医療用複合材市場、2030年末までに5億米ドル超過見込み(2021月07年06日)
  • 呼吸器系ウイルス感染症治療薬市場、2030年末までに824億米ドル到達見込み(2021月07年06日)
  • 創傷ケアの市場規模、2026年に278億米ドル到達予測(2021月07年06日)
  • データ中心型セキュリティの市場規模は、2026年に98億米ドル到達予測(2021月07年06日)
  • 血液バッグ市場、2021年から2026年まで緩やかに成長見込み(2021月07年06日)
  • ターボトレーナー市場規模、2030年末までに6億2,000万米ドル到達見込み(2021月07年06日)
  • LTEおよび5Gブロードキャストの市場規模、2026年に10億7200万米ドル到達予測(2021月07年05日)
  • 待ち行列管理システム(QMS)の市場規模、2026年には6億米ドルに達すると予測(2021月07年05日)
  • 産業用イーサネットの市場規模、2026年に137億米ドル到達予測(2021月07年05日)
  • 癌免疫アッセイの市場規模、2026年に79億米ドル到達予測(2021月07年05日)
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース