ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 株式会社セルバンク

株式会社セルバンク

プレスリリース

  

ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

 

株式会社セルバンクは、再生医療支援事業で業務提携した医療機関、医療法人社団 白慈会 白金坂の上診療所が、2021年12月15日に開催された一般社団法人 再生医療普及協会の特定認定再生医療等委員会にて、医療機関が行う自家培養真皮線維芽細胞の提供計画書が適切と判断され、導入が決定しましたことをお知らせいたします。なお、自家培養真皮線維芽細胞を利用した肌の再生医療はまもなく開始されます。


株式会社セルバンク(特定細胞加工物製造事業等、所在地:東京都中央区勝どき、代表取締役:北條元治)は、再生医療支援事業で業務提携した医療機関、医療法人社団 白慈会 白金坂の上診療所(所在地:東京都港区白金台、院長:井上 幸彦)が2021年12月15日に開催された一般社団法人 再生医療普及協会の特定認定再生医療等委員会にて、医療機関が行う自家培養真皮線維芽細胞の提供計画書が適切と判断され、導入が決定しましたことをお知らせいたします。なお、自家培養真皮線維芽細胞を利用した肌の再生医療はまもなく開始されます。
白金坂の上診療所は内科、皮膚科、形成外科、アレルギー科、小児科、整形外科を診療するクリニックです。美容皮膚科ではレーザー治療からリフトアップ、痩身、脱毛まで幅広い美容治療を行っています。患者さまのニーズにできる限りお応えできる、地域に根差したクリニックです。

【提供サービス・商品】
https://www.cellbank.co.jp/alliance/index.php

【導入の背景】
自分自身の細胞を用いることで、副作用等のリスクが極めて低い再生医療を普及させるため、株式会社セルバンクは医療機関に向けて再生医療の導入にかかわるすべての作業をトータルでサポートしております。細胞を使った治療に当たる医療機関との提携を株式会社セルバンクは拡大しています。

■肌の再生医療とは
再生医療とは、細胞を使って、からだの失われた機能を取り戻す医療です。肌の再生医療による治療は、真皮線維芽細胞(肌細胞)を培養し移植する治療で、シワやたるみなどの症状を改善します。真皮線維芽細胞は、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを生成する働きがあり、加齢とともに死滅し減少していきます。少なくなってしまった真皮線維芽細胞を移植して補充することで、老化する前の状態に戻す美容療法です。自分自身の細胞しか使用しないので副作用等のリスクが極めて低い点と、効果が自然であることがメリットです。

【株式会社セルバンク】
本社:〒104-0054 東京都中央区勝どき1丁目13-1 イヌイビル・カチドキ 3F
代表者:代表取締役 北條 元治
設立:2004年6月10日
資本金:81,000,000円
Tel:03-5547-0207
URL:https://www.cellbank.co.jp/
事業内容:特定細胞加工物製造事業、細胞保管事業、再生医療支援事業

【白金坂の上診療所】
所在地:〒108-0071東京都港区白金台4-7-8 2F 
院長:井上 幸彦
Tel:03-3447-3232
URL:https://www.shirokane.ne.jp/

【一般社団法人再生医療普及協会】
所在地:〒104-0054東京都中央区勝どき1丁目13-1イヌイビル・カチドキ 3F
代表理事:足立 智孝
設立:2016年5月19日
Tel:03-5547-0203
URL:https://rmda.or.jp/
一般社団法人再生医療普及協会は、再生医療の安全性や質の維持向上に関する活動を行い、 その成果を発信して再生医療の普及及び振興を図るとともに、会員相互間の支援及び交流を行うことによって国民の健康増進に寄与します。

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社セルバンク
担当部署:広報部
TEL:03-5547-0207
Email:info@cellbank.co.jp



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



株式会社セルバンクのプレスリリース一覧
  • 特定認定再生医療等委員会にて、セルバンクの再生医療支援事業で提携した医療機関、松本クリニックが行う自家培養脂肪由来幹細胞を用いた脂肪組織再生術の審議・導入決定(2022月04年01日)
  • ラジオ出演「北條元治のメディカルCafe」 4月からの新番組 河西美紀ReSETにて放送開始 〜全国のコミュニティFM局にて2022年4月2日(土)より放送〜(2022月03年31日)
  • シニアの56.19%がウォーキングやランニングなどでひざ(膝)を痛めた経験。 〜老後もひざ(膝)の痛みの可能性は回避したい82.86%〜(2022月03年30日)
  • 40歳以上の女性約4割(38.1%)は実年齢より老けて見えると感じている 若返りや老化防止への興味は94.29%(2022月03年23日)
  • 50歳以上の女性のスポーツや運動は「健康維持」 美容は「身だしなみ」や「美しくなりたい」 安全性の高い「肌の治療」や「ひざ関節治療」を利用したいと思う73.3%(2022月02年24日)
  • 男性から見た女性の美容について 男性の85.71%は女性の美容医療へ理解 肌の再生医療は女性だけでなく男性も興味(2022月02年16日)
  • 40歳以上の課題は「たるみ」「しみ」「シワ」の改善 2022年に試してみたい美容医療ランキング 1位「シミ取り治療」、「肌の再生医療」は6位(2022月02年08日)
  • 特定認定再生医療等委員会にて、セルバンクの再生医療支援事業で提携したヨーダー公子クリニック横浜六浦院が自家培養真皮線維芽細胞を用いた皮膚再生治療の審議・導入決定(2022月01年31日)
  • 肌の再生医療は正しい知識が浸透していない 将来シワやたるみの不安がある85.71% 「肌の再生医療」をもっと詳しく知りたい(2022月01年27日)
  • グルコサミン18%、コンドロイチン11.2% 年齢が上がると共に「膝」への不安は増え、 膝の再生医療への期待や関心(2022月01年24日)
  • 特定認定再生医療等委員会にて、セルバンクの再生医療支援事業で提携した医療機関、白金坂の上診療所が行う自家培養真皮線維芽細胞を用いた皮膚再生治療の審議・導入決定(2022月01年20日)
  • 女性から見た男性の美容に関して 96.19%がスキンケアやメイク、美容医療は良いと思う 「肌の再生医療」を自分の美容方法として取り入れてみたい80%(2022月01年18日)
  • ラジオ出演「Dr.北條のメディカルカフェ」小山ジャネット愛子 Botanicaにて生放送開始 全国のコミュニティFM局2022年1月2日(日)よりOn Air(2021月12年29日)
  • 初対面の印象はどこで判断する? 「目」42.86%や「顔全体」36.19%に注目。 肌の再生医療でシワやたるみの老化を解消。(2021月12年28日)
  • 肌の再生医療は必ず専門医師が施術を担当 近年、医師以外が行う美容施術がある中で、やっぱり医師じゃないと不安の声多数。90%の女性が医師による治療を望む。(2021月12年21日)
  • 【40歳以上女性の美容に関する情報収集は?】 再生医療はTVやWebで知った。 2021年に購入した美容グッズはこれだった!(2021月12年14日)
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース