ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 日本僑報社

日本僑報社

プレスリリース

  

ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

 

2月7日付の観光経済新聞は、第17回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集『コロナに負けない交流術』を紹介した。


【観光経済新聞】第17回中国人の日本語作文コンクール受賞作文集『コロナに負けない交流術』を紹介

【日本僑報社発】2月7日付の観光経済新聞は、第17回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集『コロナに負けない交流術』を紹介した。

第17回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集『コロナに負けない交流術中国若者たちからの実践報告と提言』の内容紹介は、下記の通りである。

日本僑報社・日中交流研究所が主催する「中国人の日本語作文コンクール」は、日本と中国の相互理解と文化交流を促進するため、中国の学校で日本語を学ぶ中国人学生を対象として、2005年にスタート。中国全土の300校以上の大学や大学院、専門学校などからの応募者は累計で5万人を突破。中国国内でも規模の大きい、知名度の高いコンクールへと成長を遂げています。
第1回から刊行し続けてきた受賞作品集シリーズは、中国の若者たちのリアルな生の声であり、貴重な世論として両国の関心が高まっています。本書は第17回コンクールの受賞作品集であり、最優秀賞(日本大使賞)から三等賞までの受賞作品を全文掲載。
最優秀賞(日本大使賞)受賞者潘暁さんの「対面でしか得られないものを求め続けたい」には、次のように書かれている。「コロナ禍以来、講義も会議も何でもオンラインで行われるようになった。パソコン一台で世界のどこにでもつながるのだ。だが、私はどうも満足できなかった。……会って話を聞いてみないと分からないことがある。対面でしか得られないものがある。目の前の相手を五感すべてで感じ取り、その場の空気を共有して初めて生まれる理解がある。私はそれを求め続けたい。日中交流もずっとこうあってほしい。だから、祈る。一日も早いコロナ禍の終息を。海を越えて桜の下で語り合う日が待ち遠しい。」


編者段躍中(だんやくちゅう)の略歴は、下記の通りである。
日本僑報社代表、日中交流研究所所長。
中国湖南省生まれ。有力紙「中国青年報」記者・編集者などを経て、1991年に来日。2000年新潟大学大学院で博士号を取得。
1996年日本僑報社を創立。以来、書籍出版をはじめ、日中交流に尽力している。
2005年1月、日中交流研究所を発足、中国人の日本語作文コンクールと日本人の中国語作文コンクール(現・「忘れられない中国滞在エピソード」)とを同時主催。
2007年8月に「星期日漢語角」(日曜中国語サロン、2019年7月に600回達成)、2008年に出版翻訳のプロを養成する「日中翻訳学院」を創設。
2009年日本外務大臣表彰受賞。
2021年武蔵大学・2020年度学生が選ぶベストティーチャー賞受賞。
北京大学客員研究員、湖南大学客員教授、立教大学特任研究員、日本経済大学特任教授、湖南省国際友好交流特別代表などを兼任。
著書に『現代中国人の日本留学』『日本の中国語メディア研究』など多数。


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



日本僑報社のプレスリリース一覧
  • 【明日開催】読む読む倶楽部発足式及び『読書の社会学』発刊式、主催者が最終案内を配信(2022月04年22日)
  • 【チラシ配布開始】日本僑報社の最新刊『読書の社会学―国民読書推進のために―』(2022月04年22日)
  • 【刊行決定】日本僑報社の最新刊『新中国の新聞・出版産業70年史』、5月下旬から発売(2022月04年21日)
  • 【増刷版】日本僑報社のロングセラー『日中中日 翻訳必携 実戦編』、日中両国で発売開始(2022月04年21日)
  • 【23日開催イベントへのご招待】世界読書デー記念イベント−−『読書の社会学』発刊式及び「読む読む倶楽部発足式の最終案内(2022月04年21日)
  • 【最終案内】日本僑報電子週刊第1506号配信、23日に開催する「読む読む倶楽部発足式の最終案内」などを掲載(2022月04年20日)
  • 【特集配信】若者が考える「日中の未来」シリーズを紹介する特集、日本僑報社から配信開始(2022月04年20日)
  • 【書店紹介】内山書店ホームページ、日本僑報社の最新刊『読書の社会学』を紹介(2022月04年19日)
  • 【受付開始まで一ヶ月】第18回中国人の日本語作文コンクール、「コロナ禍で暮らす−共に闘う3年目の記録」を四番目のテーマに追加(2022月04年19日)
  • 【書店紹介】東方書店ホームページ、日本僑報社の最新刊『読書の社会学』を紹介(2022月04年19日)
  • 【メディア注目】観光経済新聞、「日本と中国」新聞、「国際貿易」新聞、『ポストコロナ時代における中国オンラインツアー産業の現状と展望』を取り上げる(2022月04年19日)
  • 【メディア報道】国際貿易新聞、若者が考える「日中の未来」シリーズ第8弾「宮本賞」受賞論文集を取り上げる(2022月04年18日)
  • 【広告掲載】日本僑報社の最新刊『読書の社会学』と人気書籍を紹介する大型広告、4月16日付の毎日新聞に掲載(2022月04年18日)
  • 「素晴らしい企画!」薛剣・中国駐大阪総領事 「忘れられない中国滞在エピソード」公募を賞賛・リツイート(2022月04年15日)
  • 【広告掲載決定】日本僑報社の最新刊『読書の社会学』と中友会・読む読む倶楽部を紹介する広告、明日の毎日新聞に掲載確定(2022月04年15日)
  • 【私たちも参加してます】日本僑報社主催の「忘れられない中国滞在エピソード」コンクール、過去の最優秀賞と特別賞受賞者の顔写真を揃って新聞に掲載(2022月04年15日)
  • 【増刷版発売】日本僑報社のロングセラー『日中中日 翻訳必携 実戦編』、増刷版発売開始(2022月04年14日)
  • 【参加者募集】4月23日午後開催の日中国交正常化50周年記念イベント「中友会・読む読む倶楽部」発足式・第一回読書会(2022月04年14日)
  • 【広告出稿】日本僑報社の最新刊『読書の社会学』を紹介する広告、4月16日付の毎日新聞に掲載予定(2022月04年14日)
  • 【メルマガ】日本僑報電子週刊第1505号配信、日中国交正常化50周年記念イベントに関する最新情報を掲載(2022月04年13日)
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース