ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)

東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)

プレスリリース

  

ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

 

 東芝テック株式会社と、株式会社デジタルガレージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林郁、以下「DG」)は、群馬県を中心にスーパーマーケットを展開する株式会社とりせん店舗にて、スマホを活用した次世代型決済と販促をハイブリッド化する実証実験を3月下旬より実施します。本実証実験では、両サービスの連携により、来店中および来店前後の消費者接点にて商品訴求力を高めるとともに、横断的に運用管理・データ分析することで販促業務のDX化を推進します。スマホ型POSレジアプリの利用促進を図り、スマホ型POSレジアプリを中心にした販促コンテンツ配信の効果およびメディア価値を検証します。また、各種検証データを横断的に分析することで、消費者の満足度向上や店舗業務の効率化への寄与についても検証します。


 東芝テック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:錦織弘信、以下「東芝テック」)と、株式会社デジタルガレージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林郁、以下「DG」)は、群馬県を中心にスーパーマーケットを展開する株式会社とりせん(本社:群馬県館林市、代表取締役社長:前原宏之、以下「とりせん」)店舗にて、スマホを活用した次世代型決済と販促をハイブリッド化する実証実験を3月下旬より実施します。

 近年のデジタル化に加えて新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、人々のライフスタイルは大きく変化しています。小売店舗ではその変化に合わせた多様な購買体験や決済手段の提供が求められ、消費者とのコミュニケーションや販促コンテンツも複雑化・煩雑化しています。小売店舗のDX化を進めつつ、消費者の満足度を高めるためには、消費者接点や販促活動を統合管理し、最適化するスキームが求められています。
 東芝テックとDGは、東芝テックが提供するスマホ型POSレジアプリと、DGが提供するリテール販促プラットフォームを連携させることで、小売店舗における消費者接点や販促活動の一元管理を実現します。スマホ型POSレジアプリは、消費者のスマートフォンにインストールした専用アプリで、店内で買い物をしながら消費者自身で商品の登録ができ、レジ前の待機時間の解消や、レジ業務の省力・省人化を実現するソリューションです。リテール販促プラットフォームは、販促企画の管理機能・販促物のデジタル化機能・販促データの分析および予測機能を通じて、販促業務の効率化と販促効果の最大化を図るソリューションです。

 本実証実験では、両サービスの連携により、来店中および来店前後の消費者接点にて商品訴求力を高めるとともに、横断的に運用管理・データ分析することで販促業務のDX化を推進します。スマホ型POSレジアプリの利用促進を図り、スマホ型POSレジアプリを中心にした販促コンテンツ配信の効果およびメディア価値を検証します。また、各種検証データを横断的に分析することで、消費者の満足度向上や店舗業務の効率化への寄与についても検証します。

■実証実験について
■実施店舗
とりせん 富士見町店
住所:群馬県館林市富士見町12-60

■実施開始予定
2022年3月下旬より

■内容
LINE公式アカウントを通じてスマホ型POSレジアプリのインストールを促進
「とりせん 富士見町店」のLINE公式アカウントを友だち登録している消費者に、スマホ型POSレジアプリの情報やメリットを発信し、店舗への来店とスマホ型POSレジアプリのインストールを促進します。

⊂暖饉圓旅堝阿帽腓錣擦織ーポン配信
店内施策においてTangerine(株)が持つBeacon及びオフライン行動データプラットフォーム(Store360)を活用し、消費者の来店検知やアプリへのログイン、特定の商品に近づいたタイミングなど、店内の位置情報にあわせたクーポンをスマホ型POSレジアプリで配信し、販促効果と顧客体験の向上を検証します。

E絞淨盥堝哀如璽燭塙愬礇如璽燭鯤析
LINE公式アカウントからの誘導、スマホ型POSレジアプリの操作、配信したクーポンへの反応、Beacon検知による店内行動、POSデータ、消費者へのヒアリングなどをもとに、購買結果に及ぼす定量情報と、消費者の行動や思考の定性情報を分析し、本実証実験の成果を測ります。

■実証実験の概要図


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjM5NiMyOTEzNzUjNTYzOTZfbkpNbW9oR0hZdC5wbmc.png ]
■今後の展開
 東芝テックとDGは、今回の実証試験結果に基づき、来店や店内回遊、クーポン利用データを分析・活用することで、消費者の購買行動に合わせた効果的なコンテンツの配信を実現し、消費者一人ひとりに合った顧客体験の提供を目指します。両社は、今後も業務提携を通じてリテール市場のキャッシュレス化とDX化を共同推進するとともに、決済データを含む膨大なビッグデータの活用やスマホ型POSレジアプリや「スマートレシート」と連携したリテール販促プラットフォームの開発、CRM等、リテールの包括的なメディア化事業を展開します*。

* 関連リリース:東芝テック、デジタルガレージとの資本業務提携について(2021/12/23発表) https://www.toshibatec.co.jp/release/20211223_01.html


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)のプレスリリース一覧
  • 株式会社カンリーへの出資のお知らせ(2022月09年27日)
  • 東芝テックとRetail AIの共同プロジェクト開始                   〜「ELERA」にRetail AIスマートショッピングカートが連携〜(2022月09年16日)
  • デジタル庁「Trusted Webの実現に向けたユースケース実証事業」に採択(2022月09年13日)
  • e-STUDIOシリーズ、TBM製LIMEX素材への対応強化について(2022月09年07日)
  • メーカー・卸売業・小売業のDX推進を目的とした、商品情報の一貫性確保と最適化についての業務提携に合意(2022月09年02日)
  • 東芝テックとSGST、飲食店のDX推進に向けた業務提携について 〜第1弾として配膳ロボットの全国展開、導入サポート開始〜(2022月09年01日)
  • 株式会社チヨダが展開する「SHOE・PLAZA」「東京靴流通センター」「Chiyoda」など全店にて、電子レシートサービス「スマートレシート」を導入(2022月08年09日)
  • 東芝テック、デジタルガレージ、カカクコムの3社で、飲食・小売業界のDX推進に向けた基本合意書を締結〜第一弾として「食べログオーダー」を戦略支援〜(2022月07年26日)
  • 国際モダンホスピタルショウ2022 遠隔診療BOX出展について―デジタルで拓く患者体験のニューノーマル―(2022月07年12日)
  • ショッピングセンター向けクラウド型テナント売上管理サービス「SX-8000」の発売について(2022月07年01日)
  • 「『ゆるキャン△』夏祭り in 有楽町マルイ」において、東芝テック製複合機による特殊用紙へのオンデマンド印刷サービスに関する実証実験を実施(2022月06年30日)
  • フードコート向けモバイルオーダーシステム「SkipOrder(スキップオーダー)」の発売について(2022月06年20日)
  • 福島県会津若松市内のセブン-イレブン店舗にて「スマートレシート」を利用した植樹活動応援キャンペーンを実施(2022月06年15日)
  • 電子レシートサービス「スマートレシート」が相鉄グループの「相鉄Styleアプリ」と連携開始(2022月06年09日)
  • 全国のポプラグループにて電子レシートサービス「スマートレシート」を導入(2022月06年01日)
  • 電子レシートサービス「スマートレシート」とタニタヘルスリンクの健康管理アプリ「HealthPlanet」がID連携を開始(2022月05年26日)
  • 東芝テック製複合機「e-STUDIO」新シリーズ発売〜Workstyle Renovation 今までのWorkstyleこれからのWorkstyleに対応~(2022月05年18日)
  • 「スマートレシート」を活用した道北エリアでの販売促進連携〜キャンペーン第2弾実施決定!〜(2022月05年13日)
  • 無人決済店舗システム「TTG-SENSE MICRO」「TTG-SENSE MICRO W」が、東芝テックの電子レシートサービス「スマートレシート」と連携(2022月05年06日)
  • b8ta Japanへの出資のお知らせ(2022月04年22日)
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース