ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 新天地広報チーム

新天地広報チーム

プレスリリース

  

ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

 

新天地イエス教証し幕屋聖殿 (総会長イマンヒ、以下、新天地イエス教会)が「全世界新天地MOU牧会者招待懇談会」を2日午後5時頃、全世界の牧師約1500人とジャーナリストが参加する中、ZOOMで開催した。


2日、全世界新天地MOU牧会者招待懇談会を開催
牧師たち「新天地に神様がいらっしゃるから 啓示を知ることができる」


新天地イエス教証し幕屋聖殿 (総会長イマンヒ、以下、新天地イエス教会)が「全世界新天地MOU牧会者招待懇談会」を2日午後5時頃、全世界の牧師約1500人とジャーナリストが参加する中、ZOOMで開催した。

新天地イエス教会は、昨年から進めてきたオンラインセミナー、牧会者とのMOU締結現況や事例を共有するため本イベントを開催した。 キムシンチャン総会海外宣教部長は、「昨年8月のアフリカ牧師オンライン御言葉大聖会の後、参加者たちから御言葉交流のためのMOUを要請があり、9月に初めてウガンダの神様の臨在敬拝教会と新天地イエス教会がMOUを締結することになった」とMOU締結の背景を説明した。

同日の懇談会では、新天地イエス教会と基本合意書(MOU)を締結し、御言葉の交流している牧師たちの事例と所感を紹介する時間を持った。

平和教会のキムドンス担任牧師は「これまで私は”イエス様を信じなさい"と恵みを与えることが救いを得るものだと思い、実状がない状態であり、天国は死んで行く場所だと思っていた。そして死んでから復活するものだと思っていた」と自分の救いに対する考えが間違っていたと告白した。

現在、キム牧師は新天地イエス教会の啓示を聖徒に教えている。 彼は「もう時が来たのだからすべての牧師たちがここに来て学び、悟って、正しい真理を持って生き、そして信仰を守ってほしい」とし、「同僚牧師たちに新天地の啓示を伝えたい。 既存の救いに関する教理が間違っているということを悟り、この御言葉を必ず学んでほしいという切実な気持ちだけ」と心境を語った。

コートジボワールで教会を11年間運営しているウィルフリードエンドフ牧師は「神学校で勉強しながら牧師として養育され、小さな部屋で祈祷会と礼拝で教会の役割を始め、ありがたくも今は11年目になって500人規模になった。 現在神学校で教授としても活動中」と自らを紹介した。

現在、ウィルフリードエンドフ牧師は、シオン宣教センターに登録し、初等16課を受講している。 ウィルフリードエンドフ牧師は「新天地の講義を聞くことが私が持っていた聖書に対する考えと知識を変えるきっかけになった。 イエス様と御言葉の実体が私の心に響いた」とし、「今は御言葉をすべて学んでから正しく伝えたい。 8年間私についてきた聖徒たちに伝えてあげたい」と今後の新天地の御言葉教育に対する抱負も語った。

また「総会長のおかげで神様からの啓示を受けることができ、感謝の言葉を申し上げたい。 神様とイエス様に会っていない方ならこんなに深い御言葉を伝えることはできない」とし、「牧師の皆様に申し上げる。 私が見て確認したことは、すべての問題の答えが聖書の中にあるということであり、新天地ではその御言葉を聖書通りに示してくれている。 いらしてぜひ確認してほしい」と述べた。

イ総会長はこの席で牧師にこの御言葉を伝えるようになった理由と今日の牧師の役割について伝えた。

イ総会長は「黙示録は再創造の内容だ。 黙示録21章で見ると、以前の天と以前の地がなくなり、新しい天と新しい地が創造されるという。 人やすべての万物を再び創造すること」とし、黙示録の時は神様の種で生まれた人を収穫し、印を押して神様の新しい国、新しい民族を創造することだと説明した。

さらに「黙示録の御言葉を心に記録してあげることが神の種で生まれた人を収穫し養育することであり、神の国の民にすることだ」とし、「(このために)イエス様が黙示録全章の事件を成し遂げ、すべての教会に証拠として提示された」と述べ、今日の約束の牧者の役割について述べた。

イ総会長は最後に「私たちは神様が失ったものを再び捜す神の国の独立軍にならなければならない。 イエス様の血と証しする御言葉で戦い、悪魔と戦って勝利し、神の国の民を創造し、6千年ぶりに神様が訪れ統治する世界になる。 これを聖書を通じて私たちに知らせてくださった」と話し、「天の法である黙示録全章の御言葉を皆様が心に刻むことを願う。 神様も、聖書も、望みも一つだ。 神様を信じる私たちも一つだ。 We are one!」と激励した。

MOU締結後の交流事例も紹介した。 アメリカの「新時代の超教派教会」は新天地イエス教会に御言葉教育の講義者を要請し、100人余りの聖徒たちと共に御言葉を学んでおり、フィリピンのある牧師は新天地イエス教会の御言葉を学んだ後、聖徒たちにこれを教育している。 パキスタンでは、神学校の代表がMOUを締結した後、今年から新天地シオンキリスト教宣教センター課程が開講される。

新天地イエス教会によると、現在までMOUを締結し、新天地と御言葉を交流する国内外神学校及び教会、牧者は67カ国958ヶ所の教会、22ヶ所の神学校、牧者は2,155人だ。新天地イエス教会は、MOUを締結した教会や神学校などに新天地神学教材や神学講師を派遣し、聖書教育をはじめとする共通目的の達成に向けて活発に交流している。

本イベントの映像は、新天地イエス教会の公式YouTube(https://bit.ly/SCJyoutube)で視聴できる。

一方、新天地イエス教会は、21年10月からヨハネの黙示録の成就を知らせるセミナーと、比喩で記録された「天国の秘密」を伝えるセミナーを相次いで開催している。 新天地の李萬熙(イマンヒ)総会長を皮切りに、12支派長が繰り広げたヨハネ黙示録セミナーは、YouTubeを通じて24ヶ国語で世界中に公開されており、現在までYouTube累積視聴回数1500万回を突破した。

新天地イエス教会の中等課程セミナーは、3月31日から6月27日まで25回(毎週月、木午前10時)、新天地イエス教会公式YouTubeで放映される予定だ。


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



上場宣言

  

上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

 

TOPが語る

  

新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

 

ベンチャーコラム

  

ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

 

企業クローズアップ

  

要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

 

プレスリリース

  

ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース