ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 株式会社ローズクリエイト

株式会社ローズクリエイト

プレスリリース

  

ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

 

「美しくも哀しい歴史をもつウイグル民族、真の姿がここにある。」プリントアーティスト・フィリップ・サルーンの技術で生み出された芸術写真。写真展「Letter from Uyghur」が盛況のなか2022年5月22日(日、5月15日は休み)に開催終了。東京ジャーミイ・トルコ文化センター(多目的ホール)にて写真家ヤギケンジの作品公開。


ヒューマンフォトとは。「子供の鍛冶屋」


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyOTYxNzcjNTY0NTFfYk9pR0VWSHN1RS5qcGVn.jpeg ]
東京ジャーミイ・トルコ文化センター(多目的ホール)で開催されている、ヤギケンジの写真展「Letter from Uyghur」〜ウイグルからの手紙〜「美しくも哀しい歴史をもつウイグル民族、真の姿がここにある。」が、2022年5月22日(日)に終了する。

写真展「Letter from Uyghur」 HP
https://sproutsvision.jimdofree.com/

盛況のなか惜しまれつつ公開終了となるが、展示されている全紙(A2サイズ)の28枚の白黒写真が、フランスを中心に数々の著名作品をプリントした、プリントアーティストPhilippe Salan(フィリップ・サルーン)によるものだとして、プリントや白黒写真のマニアに注目されている。
ヒューマンフォトの説明の中でヤギは、被写体そのものが時代や歴史を語るような写真である。幸と不幸、光と影、過去と現在など、普遍的な世界を表現することで、人間にとって大切なメッセージが込められていると語る。ヒューマンフォトとは言葉で言い表すことの出来ない感性で感じとるものと自身の解釈を説明している。「1988年夏、カシュガルで撮影した「子供の鍛冶屋」一枚の鉄からウイグルナイフを作り、近くの店舗で売っていた。時折、店舗にも立ち、観光客に押売する子供たち。「生きること」を、子供ながらに理解している彼らに敬意を表し、撮影した一枚である。中国では、1986年に日本と同様6年・3年制の「義務教育法」が制定、施行された。しかし、この頃は、法と現実社会の均衡がとれておらず、子供の教育はそれぞれの家庭に委ねられていた。1992年以降、義務教育が推奨され、働いていた子供たちの過ごす環境は、徐々に学校へと移っていくのである。」写真説明とフィリップの手によってプリントされた作品を見ていると本来ヤギが表現の中に追い求めていた「人間とは何か」「人生とは何か」彼が感じた混沌と静寂の共存する時の流れ、ウイグル民族は素朴な優しい人間性の上に社会が成り立っていたことが伝わってくるのである。

ウイグルの人々や抱える問題を浮かび上がらせる、フィリップの繊細で力強い技術

今回のプリントを作成したフィリップは、生前ヤギと旧知の仲でヤギが1996年当時、New Yorkでスライドショーを開催、その後、写真展開催のためフィリップが素晴らしい作品達をプリントした。フィリップ自身は日本にもプリントのワークショップで来日するなど、フランスを代表するプリンターであったこともあり、生前フィリップと交流のあった関係者のほか、先の3月に開催された写真展には、フィリップのプリントを見ようとABGギャラリーに多くの方が訪れた。
「ウイグル民族の美しさ」を映し出す犒歃兌命伸瓩修譴鮴犬濬个靴織侫リップ・サルーンの貴重な現存犧酩吻瓩箸靴董展覧会を訪れた多くの人々に感動を与えている。


芸術写真であり、史実。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyOTYxNzcjNTY0NTFfUG9ZaXlZVWV6Vi5qcGVn.jpeg ]
白黒写真は昔から、欧米で「芸術写真」として高く評価されている。そんな芸術としても評価や価値の高い28枚が展示されているヤギケンジの写真展「Letter from Uyghur」〜ウイグルからの手紙〜「美しくも哀しい歴史をもつウイグル民族、真の姿がここにある。」は、2022年5月22日(日)に公開終了となる。場所は東京ジャーミイ・トルコ文化センター(多目的ホール)。
あなたの目に、プリントアーティスト・フィリップ・サルーンの技術と、ウイグルの史実を焼き付けて欲しい。

■Philippe Salan(フィリップ・サルーン)
1943年フランスに生まれ。1968年パリでスタジオの助手となり、写真家として歩み始める。 一方プリントアーティストとしての道は、1970年プロラボでの技術習得から始まる。この時期から撮影はモノクロに集中、1979年個人で始めてのプリント専門のアトリエをパリでスタートさせ、以降今日までロベール・ドアノー、エドワード・ブバ、クロード・バトー、ビル・ブラント等フランスを中心としたヨーロッパの著名写真家のポートフォリオを作製し、プリントアーティストとしての地位を築いた。写真家及びプリントアーティストとして幅広く活動し、若い人の指導にも当たる。日本にも数回来日や、個展・プリントワークショップを開催。分かり易い暗室作業は多くのファンを持っている。2015年にはマイアミのEATON FINE ARTで個展「The Funny Side of the Street」を開催。(2020年、永眠)

■ヤギケンジ
1967生まれ。雑誌・新聞のカメラマン・編集者として約20年間政治・文化・スポーツ・戦争などを取材。中東紛争の取材に数年間携わり、その後肉体と精神のバランスを崩し11年前に帰郷し以後、故郷の静岡で暮らす。著書に「正直な気持ちを話そう」イスラエル・パレスチナ45人のリアルライフたちばな出版、「Letter from Uyghur・ウイグルからの手紙」SPROUTS VISION社、ドキュメンタリー映像「The Wall」監督作品などがある。昨今は、写真家としてウイグル人権問題に取り組む。
今回の写真展では、ヤギが1980年代後半から1990年代、4度に渡り撮影したウイグル民族の自然な暮らしを捉えた写真作品28点と、詩人ムカイダイスとコラボした作品8点。さらにウイグル人権問題の経緯、歴史年表、地図・基礎情報のパネル数点を展示。ウイグル民族とはどの様な人々か、そしてこの地で深刻な人権侵害がこの同時代に継続していることを、写真と詩を通じて日本に伝える。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyOTYxNzcjNTY0NTFfZFd2ZUNzZUxiZy5qcGVn.jpeg ]
■写真展「Letter from Uyghur」〜ウイグルからの手紙〜開催
5月7日(土)〜22日(日)開催(15日は休み)

アクセス
東京ジャーミイ・トルコ文化センター(多目的ホール)
https://tokyocamii.org/ja/access/

いまトピ【その美しさに息を飲む】東京ジャーミイでイスラム文化を満喫!
https://ima.goo.ne.jp/column/article/6909.html?page=2

NAOさんブログ   
http://blackholm.livedoor.blog/archives/12506081.html

写真展「Letter from Uyghur」 HP
https://sproutsvision.jimdofree.com/

ABGギャラリー
https://americabashigallery.com/letter-from-uyghur/

【Amazon】Letter from Uyghur 〜ウイグルからの手紙〜(日本語版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4991206405

【Amazon】Letter from Uyghur 〜ウイグルからの手紙〜 Kindle版(英語版)
https://www.amazon.co.jp/dp/B09YRN4C5C


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



株式会社ローズクリエイトのプレスリリース一覧
  • 「燃えよギター!燃えよ鍵盤!」がパッケージ化、VRゴーグルとセットで発売!(2022月08年05日)
  • お腹に優しいA2ミルク。ニュージーランド産「牧草肥育シープ(ひつじ)ミルクパウダー」発売(2022月07年26日)
  • 動物理学リハビリ国際協会オリジナル、犬用バランスボール「ドーナッツボール」発売(2022月07年25日)
  • デザインと実用性を兼ね備えたこれぞ「本物」のブッシュクラフトナイフ。「凌駕」クラウドファンディングサイトMakuakeにて先行販売開始(2022月07年08日)
  • 現役プロボーカリストのボイストレーニング「DAISUKE Online Vocal Lesson」スタート。(2022月07年06日)
  • デジタル&テレワーク時代の進化型音楽創作デュオdigitalDuo-G3、ファーストアルバム『MARS-LUNA LIGHT:火月の光』配信開始。(2022月07年03日)
  • 中小企業向け定額制デザインサービス「すごいデザイン部」2022年7月1日(金)よりスタート(2022月07年01日)
  • レザーブランドLazy fellowによる障害者アートのコラボプロジェクト「uncommon」開始(2022月06年28日)
  • あなた様の未来を占うYoutubeチャンネル「未来視タロットチャンネル 〜KIYO〜」スタート。(2022月06年20日)
  • “恐ろしく美しい元自衛官”タレントかざり、三度目の表紙に抜擢(2022月06年20日)
  • 女性クリエイター達が企画運営する、女性の生き方をテーマにしたコミュニティ『SISTERHOOD』スタート(2022月06年10日)
  • 現代美術家・AshuPine、「訳もなく惹かれる」個展を開催。(2022月06年03日)
  • 缶ジュースのような唐揚げ?!自販機で新発売「天使と悪魔のからあげ」(2022月06年02日)
  • 占い館「叶~kanaeru~」北堀江店と新規電話鑑定【Growth】とコラボリリース決定(2022月05年31日)
  • 鎌倉発!自慢のバスクチーズケーキを鎌倉土産として認知されたい!「鎌倉バスク」クラウドファンディング開催(2022月05年30日)
  • わーっと感動を呼ぶお肉のギフト。お家パーティーのお祝いに、精肉店和達WADATSUの「お肉ケーキ」通販でも販売開始。(2022月05年24日)
  • 個人向け起業支援、セルフクリア・ブランディング講座。初の無料メルマガ・LINE公式登録プレゼントスタート(2022月05年19日)
  • ヒューマンフォトが語るウイグル人権問題。写真展「Letter from Uyghur」5月22日(日)までの開催(2022月05年17日)
  • フォーマルって何?冠婚葬祭でもう困らない!自宅で受けられる「フォーマルマナー・ルール研修」新登場(2022月05年11日)
  • 世界初!俳優・世界的超合金コレクターの小材直由が「超合金鑑定室」オープン(2022月05年10日)
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース