ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)

東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)

プレスリリース

  

ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

 

2022/07/01

東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)

 東芝テック株式会社は、ショッピングセンターを運営管理しているデベロッパ向けに、クラウド型テナント売上管理サービス「SX-8000」を2022年7月1日に発売します。また同時にリリースする「契約管理サービス」を用いることで、デベロッパ担当者が属人的に管理していたテナント企業との契約締結の進捗状況を社内で共有することが可能となり、締結が完了した契約条件はテナント管理サービスとシームレスに連携を行うことができます。さらに今後、「SX-8000」はグローバルリテールプラットフォーム「ELERA(エレラ)」と連携し、精算業務のさらなる効率化やパートナー企業と連携した幅広いサービスの提供を計画しています。


 東芝テック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:錦織弘信、以下「東芝テック」)は、ショッピングセンターを運営管理しているデベロッパ向けに、クラウド型テナント売上管理サービス「SX-8000」を2022年7月1日に発売します。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjM5NiMyOTk0NjkjNTYzOTZfdHhWSWJBbGVDRS5wbmc.png ]
 ショッピングセンターを取り巻く事業環境は、コロナ禍での売上への影響、消費者行動の変容やリモートワーク対応といった働き方改革などによって大きく変化しており、課題も深刻化・多様化しています。
 「SX-8000」は、刻々と変化するデベロッパの課題にスピーディーかつ柔軟に対応すべく、オンプレミスを廃止し、クラウドサービスとして提供することでお客様の利便性向上を図りました。また同時にリリースする「契約管理サービス」を用いることで、デベロッパ担当者が属人的に管理していたテナント企業との契約締結の進捗状況を社内で共有することが可能となり、締結が完了した契約条件はテナント管理サービスとシームレスに連携を行うことができます。さらに今後、「SX-8000」はグローバルリテールプラットフォーム「ELERA(エレラ)」と連携し、精算業務のさらなる効率化やパートナー企業と連携した幅広いサービスの提供を計画しています。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjM5NiMyOTk0NjkjNTYzOTZfaHBoR2lQV1VHUi5wbmc.png ]
 東芝テックはBPOサービスを提供し、施設運営をサポートするとともに、これからもショッピングセンターのオペレーションの効率化に向けたDXを支援するサービスを創出し、デベロッパ、テナント企業双方に新たな価値を提案してまいります。

<「SX-8000」の主な特長>
1. リモートワークへの対応
従来はPOSネットワーク上にある専用PCを利用する必要がありましたが、コロナ禍でのリモートワークでの対応ニーズの増加に合わせ、インターネット接続環境下において本システムでの業務が可能となります。

2. 売上精査業務の効率化
「スマートレシート」を活用した精算データの連携、決済取引レシートの連携により、ペーパーレス化が行えます。ペーパーレス化により、デベロッパで実施している精査業務をセンター化できます。また、東芝テックのBPOサービスの活用で業務代行することも可能です。

3. 多彩な新サービスとの連携
フードコートでの複数テナントの注文を一括で取りまとめできる「SkipOrder(スキップオーダー)」との連携、リアルタイムでの意思決定を支援する「BIツール連携」、テナント企業との契約締結状況を管理する「契約管理サービス」との連携など、さまざまなサービスをラインナップしています。
クラウドサービスの継続的な機能アップにより、市場の変化に合わせた新規サービスをいち早く導入できます。デベロッパやパートナー企業とともに新規サービスの実証実験・サービス化の取り組みを加速します。

<SX-8000の発売概要>
◇商品名: ショッピングセンター向けクラウド型テナント売上管理サービス  
      「SX-8000」
◇発売日 : 2022年7月1日
◇価格 : オープン価格
◇販売予定数 : 400施設 / 5年
◇発売地域 : 全国
◇販売ターゲット : ショッピングセンター・商業施設の運営管理を行われている
          デベロッパ

<「スマートレシート」概要>
 東芝テックが開発した「スマートレシート」は、会計時に通常は紙で提供される購入商品の明細レシートを電子化し、電子レシートセンターでデータとして管理、提供するサービスです。お客様は手元に紙のレシートを残さなくてもスマートフォンで購入履歴をいつでも確認することができ、お客様の買い物における利便性の向上につながるとともに、紙レシートの発行コストや環境負荷を減らすことができます。
サイトURL:https://www.smartreceipt.jp/


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)のプレスリリース一覧
  • 株式会社カンリーへの出資のお知らせ(2022月09年27日)
  • 東芝テックとRetail AIの共同プロジェクト開始                   〜「ELERA」にRetail AIスマートショッピングカートが連携〜(2022月09年16日)
  • デジタル庁「Trusted Webの実現に向けたユースケース実証事業」に採択(2022月09年13日)
  • e-STUDIOシリーズ、TBM製LIMEX素材への対応強化について(2022月09年07日)
  • メーカー・卸売業・小売業のDX推進を目的とした、商品情報の一貫性確保と最適化についての業務提携に合意(2022月09年02日)
  • 東芝テックとSGST、飲食店のDX推進に向けた業務提携について 〜第1弾として配膳ロボットの全国展開、導入サポート開始〜(2022月09年01日)
  • 株式会社チヨダが展開する「SHOE・PLAZA」「東京靴流通センター」「Chiyoda」など全店にて、電子レシートサービス「スマートレシート」を導入(2022月08年09日)
  • 東芝テック、デジタルガレージ、カカクコムの3社で、飲食・小売業界のDX推進に向けた基本合意書を締結〜第一弾として「食べログオーダー」を戦略支援〜(2022月07年26日)
  • 国際モダンホスピタルショウ2022 遠隔診療BOX出展について―デジタルで拓く患者体験のニューノーマル―(2022月07年12日)
  • ショッピングセンター向けクラウド型テナント売上管理サービス「SX-8000」の発売について(2022月07年01日)
  • 「『ゆるキャン△』夏祭り in 有楽町マルイ」において、東芝テック製複合機による特殊用紙へのオンデマンド印刷サービスに関する実証実験を実施(2022月06年30日)
  • フードコート向けモバイルオーダーシステム「SkipOrder(スキップオーダー)」の発売について(2022月06年20日)
  • 福島県会津若松市内のセブン-イレブン店舗にて「スマートレシート」を利用した植樹活動応援キャンペーンを実施(2022月06年15日)
  • 電子レシートサービス「スマートレシート」が相鉄グループの「相鉄Styleアプリ」と連携開始(2022月06年09日)
  • 全国のポプラグループにて電子レシートサービス「スマートレシート」を導入(2022月06年01日)
  • 電子レシートサービス「スマートレシート」とタニタヘルスリンクの健康管理アプリ「HealthPlanet」がID連携を開始(2022月05年26日)
  • 東芝テック製複合機「e-STUDIO」新シリーズ発売〜Workstyle Renovation 今までのWorkstyleこれからのWorkstyleに対応~(2022月05年18日)
  • 「スマートレシート」を活用した道北エリアでの販売促進連携〜キャンペーン第2弾実施決定!〜(2022月05年13日)
  • 無人決済店舗システム「TTG-SENSE MICRO」「TTG-SENSE MICRO W」が、東芝テックの電子レシートサービス「スマートレシート」と連携(2022月05年06日)
  • b8ta Japanへの出資のお知らせ(2022月04年22日)
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース