ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> カコムス株式会社

カコムス株式会社

プレスリリース

  

ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

 

カコムス株式会社(大阪市北区:代表取締役社長 清水 卓、以下カコムス)は、2022年9月に社内ポータルサービス「365 View」の提供を開始いたします。社内ポータル自体のメリットである、ペーパレスやコミュニケーションコスト低減、テレワークで複雑化した社内情報の周知フローの統一化等だけではなく「Microsoft 365」とシームレスな連携を実現することで更なるメリットを実現。TeamsやSharePoint等へのアクセスを容易にすることで「Microsoft 365」をより活用出来るようになります。


■背景
・部署や個人間の「Microsoft 365」活用状況に大きな乖離が発生している。
・他の社員や部署全体のスケジュールが確認し辛い。
・社内向け情報発信ツール(社内WEBサイト等)が複数存在しメンテナンス工数が増大。
「Microsoft 365」導入後に発生する上記のような課題を解決するため、
「365 View」を開発いたしました。

■特長
 Microsoft 365」の各種サービスとシームレスな連携を実現。
⇒Azure AD連携によるSSO(シングルサインオン)やMicrosoft Teamsのチャット、SharePointの記事、Outlookカレンダの情報を「365 View」にて一括参照、ご要望の多いグループスケジュールにも対応可能。また1クリックで「Microsoft 365」の連携元データに遷移するため、どこに情報を登録すればよいのか迷うことがありません。

◆Microsoft 365」側データ管理で高可用性、高機密性、低コストでの導入を実現。
⇒「365 View」ではデータを保持しないため高可用性、高機密性、低コストという「Microsoft 365」のメリットを享受出来ます。またほとんどのデータを「Microsoft 365」から取得するためデータの一貫性が保持され、権限も「Microsoft 365」側を継承します。

最短3ステップでの簡単導入。
⇒導入企業側で必要なのは、下記の僅か3ステップ!
・「365 View」で使用するサブドメイン名の決定
・Azure Active Directoryにてアプリケーション登録と権限設定
・Microsoft Graphへのアクセス許可権限の付与
※Microsoft Graphは、Microsft365のクラウドサービスとの親和性の高いデータアクセスサービスです。
※「Microsoft 365」を導入いただいていることが前提です

■機能エンハンス予定
 ⇒下記やアーリーアダプタからのフィードバックを基にした機能エンハンスを予定しております。
・Power BIレポート表示機能(役職に応じた業績ダッシュボード等を表示)
・ポータル画面の個人カスタマイズ機能
・文書管理/ワークフロー/ToDo等

■今後の販売展望
 ⇒3年後に60社、3万ユーザへの導入を目指します。
  販売代理店に関しても募集予定です。

■お問合せ先
〒530-0004 大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル26F
カコムス株式会社  365 View問い合わせ窓口
TEL:06-6342-7811 FAX:06-6342-7822
E-mail:eigyo@kacoms.co.jp

※記載されている会社名、商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※各図・各機能は開発中のものを含み、変更となる可能性もございます。


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



上場宣言

  

上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

 

TOPが語る

  

新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

 

ベンチャーコラム

  

ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

 

企業クローズアップ

  

要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

 

プレスリリース

  

ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース