ホーム > 最新ベンチャー情報 > プレスリリース> 株式会社フルタイムシステム

株式会社フルタイムシステム

プレスリリース

  

ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース

 

宅配ボックス・宅配ロッカーシェアNo.1*の株式会社フルタイムシステムは、このたび2023年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を3製品で受賞しました。2012年の初受賞以来、今回で21製品のグッドデザイン賞の受賞となります。当社はこれからもお客様の困りごとを解決し、快適で豊かな住まいの実現と安全安心で喜ばれる製品・サービスを提供してまいります。


フルタイムシステム製品
「2023年度グッドデザイン賞」3部門受賞

宅配ボックス・宅配ロッカーシェアNo.1*の株式会社フルタイムシステム (本社:東京都千代田区 代表取締役社長:原 幸一郎 以下 フルタイムシステム)は、このたび2023年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を3製品で受賞しました。2012年の初受賞以来、今回で21製品のグッドデザイン賞の受賞となります。当社はこれからもお客様の困りごとを解決し、快適で豊かな住まいの実現と安全安心で喜ばれる製品・サービスを提供してまいります。

<受賞製品>
■ロボット宅配システム[MAPS (Mansion Automation Package-Drop System)]
【審査員評価コメント】
超高齢社会と言われているが、都市部の集合住宅において独居の高齢者が増えている。また様々な商品を購入して宅配で届くことが当たり前になっている。宅配をしてくださる不特定多数の方々が自由に集合住宅に出入りできるとセキュリティを売りにしているところでは具合が悪い。合わせて生活に必要なものや備蓄品など重いものが多く、体を悪くしている方や高齢者にとってはその商品を運ぶことが困難である。そういったセキュリティ面と荷物を運ぶ負担を減らすという意味でロボットを導入している点が評価できる。
【製品・システム概要】
マンションには宅配ロッカーがあり、不在時は宅配ロッカーが宅配物を受け取ります。この宅配ロッカーから重いものや多くのものを自宅まで運ぶのは、大規模やタワーマンションの場合、特に大変です。宅配ロッカーから自動で取り出し、ご自宅までロボットがお届けします。すべての方の搬送をお手伝いします。
【.▲廛蝓曚函抬宅配ロッカー】と【D掌鬟蹈椒奪函曚函抬と汰ロボット】と【ゥ┘譽戞璽拭次曚鬚弔覆阿海箸如宅配ロッカーに収納されている宅配物を、簡単に持ってきてもらえるサービスを実行します。それぞれのシステムをIOTで接続し、『仝討屐戞忰⊆納する』『取り出す』『け燭屐戞忰ジ討啀燭屐戮実現します。また、搬送ロボットは、各住戸前に設定する【置き配スポット】に置き配も可能。不在時でもご自宅前に宅配物をお届けします。ロボットから手渡しで受け取るか、自宅前に置いといてもらうかも選べます。
【開発背景】
年々増加する宅配物。不在時に宅配物をお預かりする宅配ロッカーも日中は満杯になり、運送事業者は再配達を余儀なくされています。届く宅配物の中には、重量物もあり、力が必要なシーンも含まれます。集合住宅においては、自宅前まで持ってきてほしいというニーズに対して、入館セキュリティの問題や置き配を希望しない方に対しても対応できるサービスが求められています。お年寄りや若年者、重量物の運搬にサポートが必要な方も含むすべての方をお手伝いするシステムです。どんどん届く宅配物を自動でどんどん運搬します。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NTc0OSMzMjU5MTIjNjU3NDlfWm9NZXRQaE9Vdy5qcGc.jpg ]

■EV充電器 [F-charge(エフチャージ)3.0]
【審査員評価コメント】
集合住宅におけるEV普及率を上げるシステムとして期待したい。 シェア充電器、個別駐車場充電器、機械式駐車場を全て網羅することで、場所や車種にとらわれず、サービスを受けられる利便性を評価した。新築マンションのみならず、既存マンションへの実装が加速することが鍵ではないかと感じる。 居住者はもとより、居住者以外も利用できる公平な課金システムも有望だ。
【製品・システム概要】
集合住宅におけるすべてのシーンにおいて簡単にEV車を充電したい思いからEV充電器を開発。「シェア充電器」+「個別駐車場充電器」+「機械式駐車場・タワーパーキングのパレット充電器」のすべてに対応する「シェア充電とプライベート充電」のミックス機器。「マンションキーで簡単操作」であり、「個別課金・収納代行」いたします。
「シェア充電器」はマンションのオートロックなどを操作するキーで利用可能。来客者用駐車場やEV充電スペースに設置されたF-charge(エフチャージ)にて充電利用。利用料金は個別課金の上、管理組合へまとめて振込いたします。「個別駐車場充電器」は、平面駐車場に設置されたF-charge(エフチャージ)子機にQRコードをかざすことにより充電。決済も予め登録されたクレジットカードから個別課金いたします。「機械式駐車場・タワーパーキングのパレット充電器」においては、パレットに収納される充電ケーブル巻き取り式の充電器を設置。パレット動作に邪魔にならない構造で充電。それぞれのシーンに合わせた最適な機器を一つのシステムで連携。集合住宅におけるEV充電をサポートします。
【開発背景】
世界的なEV車への移行が告知される中、集合住宅におけるEV充電器の普及は1%未満とのデータもあります。集合住宅におけるEV充電器の普及を図るためには、「シェア充電器」と「Private充電器」の混在システム、「充電状況の見える化」、「個別課金」が必須です。また、機械式駐車場やタワーパーキングにおいてパレット充電を行ったEV充電を提供することにより集合住宅におけるすべてのシーン、「シェア」+「プライベート」いずれの場所でも一つのシステムで充電が可能です。使った人が使った分を従量課金するシステムとの連携ユニットとして集合住宅への普及を図ります。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NTc0OSMzMjU5MTIjNjU3NDlfbmxaRGpMRFlpVi5wbmc.png ]
■マンションセキュリティシステム[QR/FeliCaリーダー]  
【審査員評価コメント】
マンションセキュリティーの認証システムにQRコードリーダーを追加することによって、友人などの一時利用者や、ベビーシッターやハウスキーパーなどの外来事業者に対して日時を限定して入館可能にする仕組みはとても有用だと感じた。 これによって、マンションの階下のエントランスまでではなく、各住戸ユニットの玄関先まで重量物の配達も可能になった。 今後直面する高齢化社会などの問題解決の一助ともなり得ると思う。
【製品・システム概要】
マンションセキュリティシステムに一時発行されたQRコードがあれば、「マンション施設利用の周辺住民」「ベビーシッターなどの外来事業者」の入館を許可できます。従来はマンションセキュリティキーを予め発行し、渡しておく必要がありました。入館を許可された「日時」「入館口」「入館ルート」も設定できます。
FeliCaリーダー本体にバーコードリーダー機構を追加することにより、このリーダーで、何を、どのように認証するのかわかりやすくすることに工夫しています。「IC」キーのイメージアイコン。バーコードリーダー部のコントラストデザイン。認証時に点灯するブルーLEDライト。宅配ロッカーにて宅配物をお預かりしていることのメッセージLED。利用者が取扱説明書を読まなくても、イメージ的に操作できるようこころがけました。
【開発背景】
テレワークが進み、非対面・非接触の社会へ移行しつつある現代において、従来の生活に無かったサービスが増加しています。宅配物受け取りにおいても、大型や重量物宅配を住戸前まで配達希望される需要や住宅内をリフレッシュするハウスクリーニングの増加、テレワーク中のベビーシッターや介護サービス。これらのサービスを受けるために、セキュリティを確保しながら時限情報入りの一時利用キーの発行が望まれていました。ただし、一時利用者のために認証システムを追加することは、イニシャルやランニング費用の増加はもとより、維持管理のための労力も必要となり、受け入れられるものではありませんでした。従来のFeliCaリーダーの外観はそのままで、バーコードリーダー一体型のFeliCaリーダーとすることにより、配線等の変更なし・リーダー取り付け個所の加工なしで当システムが実現しました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NTc0OSMzMjU5MTIjNjU3NDlfZnhBQU5vVEpDVS5wbmc.png ]
【株式会社フルタイムシステムについて】
フルタイムシステムは、世界に先駆け宅配ボックス・宅配ロッカーを開発し、「最も長期に亘って営業している電気式宅配ロッカーサービスプロバイダー*」として、ギネス記録を樹立した企業です。また国連の定めるSDGs(持続可能な開発目標)実現のための活動に取り組んでおり、宅配ボックスの整備により荷物の再配達を減らしCO削減による地球温暖化防止への功績が認められ環境大臣賞「環境保全功労者表彰」を受賞しております。創業時から35年以上にわたりお客様の声に耳を傾け、宅配ボックス・宅配ロッカーと24時間有人対応のコントロールセンターを核とし、レンタサイクル、カーシェアリング、EV充電など、住生活を豊かにする設備やサービスを提供し、現在では集合住宅を中心に戸建て、オフィス、店舗、公共施設などへのフルタイムロッカー設置件数47,000カ所を超え、年間で519万人を超える方々にご利用いただいています。(2022年12月時点)
今後も、宅配ボックスの整備を通じて、人々の暮らしを豊かにするだけでなく、再配達やそれに伴うCOの削減などを通じて地域や国際社会へ貢献しサステナブルな社会の実現に寄与できるよう精進してまいります。
*1 弊社調べ:「全国マンション市場動向2022実績・展望」(株式会社不動産経済研究所)をもとに推計
*2 英語タイトル: Longest-selling electronic parcel locker service provider

【会社概要】
商号:株式会社フルタイムシステム
代表者:原 幸一郎
所 在 地:101-0032 東京都千代田区岩本町2-10-1
設 立:1986年5月1日(宅配ボックスの日)
事業内容:物の受け渡しに関わるソリューションサービスの提供
オンライン管理のIoT 宅配ロッカー・ピックアップロッカーの企画・開 発・販売・運用・保守
URL:https://www.fts.co.jp

【製品に関するお問い合わせ】 
株式会社フルタイムシステム お客さま儲かる営業部  Tel: 03-3851-5831


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



株式会社フルタイムシステムのプレスリリース一覧
  • 早朝・夜間や閉館後でも予約した本の受け取りが可能世田谷区立図書館「図書館ブックボックス」を駅に設置非対面・非接触で通勤・通学途上での図書館サービスをサポート(2024月04年01日)
  • 株式会社フルタイムシステムはラクロスの世界最高峰マッチ「SEKAI CROSSE 2024」を応援しています。(2024月03年15日)
  • 「物流の2024年問題」に対応する再配達削減 フルタイムロッカーロボット宅配システム各住戸前配送実証実験 政府物流革新緊急パッケージ「置き配」普及に貢献(2023月11年22日)
  • フルタイムシステム製品「2023年度グッドデザイン賞」3部門受賞(2023月10年05日)
  • 【宅配ボックス意識調査】 98.5%が「各種履歴を残すことができるコンピュータ制御式の宅配ボックス」を選択〜ダイヤル式宅配ボックスのクレームは「空閉じ」が最多〜(2023月09年12日)
  • 宅配ボックス・宅配ロッカーシェアNo.1*の株式会社フルタイムシステム nat株式会社の第三者割当増資引受及び資本業務提携に関するお知らせ(2023月08年30日)
  • フルタイムシステムとDXYZ(ディクシーズ)が業務提携を開始フルタイムロッカーに顔認証プラットフォーム FreeiD(フリード) を内蔵(2023月08年15日)
  • インターホンとフルタイムロッカーが連動マンション各住戸前宅配ロッカー在宅時でも非対面で荷受けが可能に防犯性の高い入館スキームを実現(2023月07年31日)
  • パナソニック製インターホンとフルタイムロッカーが連動各住戸前宅配ロッカーで指定業者以外の荷受けが可能に防犯性の高い入館スキームを実現(2023月07年31日)
  • 5月1日「宅配ボックスの日」記念企画 東京ヤクルトスワローズ選手のサイン入りグッズSwallows CREW(ファン)会員10名様にプレゼント(2023月05年01日)
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    TOPが語る

      

    新興市場上場企業のTOPが、上場の経緯や成長戦略を語る。

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    プレスリリース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのプレスリリース