無料会員登録 ブックマーク機能と履歴書アップロード機能が使えます。 その他の特典はこちら

ベンチャー求人特集

  • 設立二年以内の新鋭ベンチャー
  • 幹部候補募集
  • 第二新卒積極採用企業
  • 3年以内に上場予定のベンチャー・営業求む!
  • 営業職・未経験OKのベンチャー特集!
  • ベンチャーのバックオフィス特集
  • 注目ベンチャー



    ホーム > 最新ベンチャー情報 > アライアンスニュース> カタナ・パフォーマンス・コンサルティング株式会社

    カタナ・パフォーマンス・コンサルティング株式会社

    アライアンスニュース

      

    企業間の提携パートナー募集に特化したニュース

     

    ITを活用しているのは現場であり、導入後に現場での人材の行動の変化を定量的に把握することがIT運用企業業績効果に繋がります。これからの情報システム部は、正しい運用以上に現場の生産性指数向上の貢献が期待されます。


    当社では、ナレッジワーカー(以下、KW)の生産性向上を一つの主事業として、マネジメント・コンサルティング・サービスを提供しております。このKWの生産性向上測定技術として、MBM(モニタリング・ベースド・マネジメント;monitoring based management)を開発しました。BPR活動をMBMで測定しながら人材(human)が持っている資源(resource;時間)を有効に活用する仕組み(management)を構築し、有効活用性(=生産性指数)を確実に計画的に向上させ、企業業績(=財務指標)向上に貢献させてきました。

    一般的にKWの業務は、二つの側面から構成されていると当社では考えております。
    ★目的・貢献度生産性向上業務;total productivity monitoring(TPM;目的・貢献度生産性指標)
    ★処理量生産性向上業務;operational productivity monitoring(OPM;処理量生産性指標)

    TPMとは知識労働的な業務であり、OPMとは労働集約的な業務と定義できます。そして、これらの業務の周辺に、会議や出張、打ち合わせ等の業務が存在します。

    具体的には、TPM(=時間を充てるべき業務)は効果性を追求し、OPM(=時間を削減すべき業務)は効率性を追求する業務です。これら二つの業務を指数化した、生産性指数;total performance index(TPI)を向上させることが、最終的には企業業績である財務指標向上の可能性を向上させます。

    生産性とは、経営算出成果(=要定義)/経営投入資源(=時間)、と定義できます。生産性を向上させるには、TPMにおいては業務の質を向上させるか? 投入資源を低減するか? OPMにおいては業務量を増やすか? 投入資源を低減するか? が考えられます。これらのバランスを考慮して最終的には生産性指数(TPI)として向上することこそが、行動が変化している事実であり、結果、財務指標の向上(=コストの低減、もしくは、売上の向上)に繋がります。

    以上のように、MBMは人的資源の効率性と効果性を同時成長させ、労働生産性を向上させる生産性向上測定技術です。カタナ・パフォーマンス・コンサルティング株式会社
    http://www.kpci.jp
    担当;坂本(さかもと)
    メールアドレス;info@kpci.jp



    カタナ・パフォーマンス・コンサルティング株式会社の求人情報一覧
  • 上場宣言

      

    上場を目指す経営者が成長戦略と決意を語る

     

    アライアンスニュース

      

    企業間の提携パートナー募集に特化したニュース

     

    ベンチャーコラム

      

    ベンチャー企業の経営者が、今注目のビジネストピックを解説。

     

    企業クローズアップ

      

    要注目、今後の成長が期待されるベンチャー企業を紹介。

     

    ニュース

      

    ベンチャー企業の新製品・新サービスのニュース